BT

InfoQ ホームページ ニュース

  • JFrogはJCenterとBintrayを閉鎖へ

    JFrogは、GradleやAndroidビルドでよく使用されるJavaリポジトリ JCenterを含むBintrayアセットホスティングサービスを閉鎖すると発表した。 Bintrayへのアップロードは月末にブロックされ、アセットは4月末以降ダウンロードできなくなり、その後すぐに削除される。 これがJavaビルドパイプラインにとって何を意味するかを知るために読んでください。

  • IntelliJ IDEA 2021.1 EAPがJava 16をサポート

    JetBrainsは、Java 16のフルサポートを備えたIntelliJ IDEA 2021.1 EAP 1をリリースした。注目すべき特徴としては他に、Windows Subsystems for Linux(WSL) 2のサポート、HTMLファイルをプレビューするための組み込みブラウザ、プロファイリングサポートの改善などがある。Docker、SSL、WSL経由でのアプリケーションの実行も可能になる。

  • CanonicalがIoTデバイスと組み込みシステム向けのUbuntu Core 20をリリース

    Canonicalは、IoTデバイスと組み込みシステム向けのUbuntu 20.04 LTSの最小コンテナバージョンをリリースした。Ubuntu Coreは、業界および消費者向けデバイスのためのオペレーティングシステムである。x86コンピューターとARMコンピューターの両方で使用できる。以前のCoreオペレーティングシステムに対して追加された機能は、セキュアブート、フルドライブ暗号化、セキュアデバイスリカバリである。

  • PreactチームがWMRをリリース、最新のWebアプリ開発を簡単に

    3KBのReact互換ソフトPreactの作者であるJason Miller氏は先頃、*最新Webアプリのためのコンパクトなオールインワン開発ツール* WMRをリリースした。2MBのファイルひとつに収められ、依存関係をまったく持たないWMRは、事前インストールの不要なnpmパッケージのインポートに加えて、開発や運用に関して開発者が慣例とする多くの機能(ホットモジュールローディング、JSX、CSSモジュール、TypeScriptなど)をサポートする。

  • OpenAIが画像生成用のGPT-3モデルを発表

    OpenAIは、GPT-3に基づいて12BパラメーターAIモデルをトレーニングした。GPT-3では、テキストの説明から画像を生成することができる。説明では、オブジェクトの位置や画像の遠近法など、多くの独立した属性を指定できる。そして、現実の世界には存在しないオブジェクトの組み合わせを合成することもできる。

  • Npm 7がワークスペースと決定論的ビルドをサポートで一般提供

    先頃リリースされたnpm 7には、開発者から要求されたいくつかの機能が追加されている。たとえば、ワークスペースのサポート、ピア依存関係管理のより良いサポート、決定論的に再現可能なビルドだ。npm 7は、開発者エクスペリエンス全体の改善を目的としたいくつかの重大な変更を含む大きなリリースだ。

  • 最新のTeamTNT IRCボットがAWSとDockerの認証情報を盗み取る

    サイバー犯罪グループTeamTNTのインターネットリレーチャット(IRC)ボットは、暗号マイニング向けのリソース盗難以外にも、機能を拡張してきた。Docker API、Amazon Web Service、セキュアシェル(SSH)資格情報の盗難も対象とするためである。研究者は、侵入後の振る舞いについて、最近の多くの変更を特定した。犯罪グループはそれを「Dockerガトリングガン」に例えている。

  • AWSがAmazon Lex用の拡張コンソールエクスペリエンスと新しいv2 APIを発表

    AWSは最近、Amazon Lexのアップデートを発表した。音声とテキストを使用して会話型インターフェースを任意のアプリケーションに組み込むためのサービスである。このサービスには、新たに拡張された管理コンソールと、継続的なストリーミング機能を含む新しいV2 APIが追加された。

  • Denoは、自己完結型のスタンドアロンバイナリにコンパイルできるようになった

    Deno 1.6は、Denoプロジェクトのコンパイルをスタンドアロンの実行可能ファイルに導入した。そのサイズはDeno 1.7でさらに小さくなった(最大60%)。Denoには専用の言語サーバがある。コードエディタでのDeno開発者のエクスペリエンスを向上させることを目的としたものである。Denoは、データURLのサポートを追加し、コンピューターで生成されたコードを実行できるようになった。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベ���スのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • Airbnb:ガードレールを使ってチーム全体に悪影響を与える変更を特定

    Airbnbは、内部のExperiment Guardrailsシステムを展開して、さまざまなチーム間での変更による潜在的な悪影響を特定した。提案された変更がガードレールを通過しない場合は常に、影響を受けるチームと利害関係者によるさらなる分析のためにエスカレーションされる。このように、AirbnbのデータサイエンティストのTatiana Xifara氏は説明する。

  • GoogleがEventarcを一般向け提供としてリリース

    Eventarcは、Google Cloud Platform(GCP)で利用できるイベント機能である。この機能によって、顧客は60を超えるGoogle CloudソースからCloud Runにイベントを送信できる。最近のブログ投稿で、同社はEventarcの一般向け提供(GA)を発表した。

  • Docker Engine 20.10リリース:cgroups v2とデュアルロギングをサポート

    Dockerは、Docker Engine 20.10の次のリリースを発表した。コマンドラインインターフェイス(CLI)の改善とデュアルロギングのサポートと共にcgroups v2のサポートを追加した。これは、2019年7月22日にリリースされたDocker Engine 19.03に続く最初のメジャーリリースである。

  • GraalVM 21.0、Javaで記述されたJVMを導入

    GraalVMは、Javaで記述されたJVMを提供する新コンポーネント"Java on Truffle"を含む、メジャーバージョン21.0をリリースした。GraalVMはそれ自体、複数言語のアプリケーション実行のための共有ランタイムを提供する多言語仮想マシンである。Truffleフレームワークを使ってJavaで記述されたJVMであるJava on Truffleは、Javaアプリケーション実行の新たな選択肢を提供する。コードネームはEspressoである。

  • Docker HubとJFrogのパートナシップにより、Artifactoryユーザのイメージ pull 制限を解除

    Docker HubとJFrogは、JFrog ArtifactoryユーザがDocker Hubイメージの pull レートと保持制限を回避できるようにするパートナシップを発表した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。