BT

InfoQ ホームページ ニュース

  • JavaFX 14リリース

    JavaFX 14がリリースされた。単一コードベースによるクロスプラットフォームGUIアプリケーションの開発を支援する。ネイティブJavaコードでコントロール可能な組込みブラウザでのHTTP/2サポートなどの改善も含まれている。

  • エッジからクラウドへ - Tesla Virtual Power Plantの構築

    TeslaのエンジニアがTesla Virtual Power Plantについて講演し、彼らが構築したソフトウェアが分散コンピューティングと再生可能エネルギの最も困難な問題にいかに対処したかを解説した。Tesla Virtual Power Plant(VPP)は、エッジコンピューティングを活用したクラウドネイティブアーキテクチャの最新事例だ。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • AmazonがCLI v2をリリース、SSOとインタラクティブなユーザビリティ機能が使用可能に

    Amazonは先頃、ブログ記事でAWS CLI (Command Line Interface) v2の一般提供(GA)を開始すると発表した。今回のバージョンのCLIには、AWS Single Sign-On(SSO)、インタラクティブなウイザード、サーバ側情報の自動補完と自動プロンプトなどが含まれている。また、Pythonの事前インストールが前提条件でなくなり、Windows、Linux、macOSがサポート対象になった。

  • DockerがCNABバンドルをコンテナレジストリに保管する変換ライブラリをcnab.ioに寄贈

    Dockerは自社のcnab-to-ociライブラリを、Cloud Native Application Bundle(CNAB)プロジェクトに寄贈すると発表した。このライブラリでは、CNABアプリケーションバンドルを変換した上で、既存のOCI抽象化を使用してOCI準拠のレジストリにプッシュすることが可能である。

  • サーバントリーダの孤立を避けるには

    チームの成功を祝う時、サーバントリーダ(servant leader、奉仕型リーダ)の果たした役割に対する認識あるいは理解のないことが少なくない。彼らの活動が資料に残っていなかったり、他のメンバから見えなかったりする場合があるからだ。このような孤独な状況を避けるには、サーバントリーダをサポートするネットワークを構築して、自分たちの行動を共有し、成功を称え合い、その方法についてブログを書き、自分たちの成果をマネジメントに対してアピールする、という方法がある。

  • Jakarta EE 9のデリバリ計画

    2020年中頃のGAリリースに向けて、Jakarta EEプラットフォームプロジェクトチームは、Jakarta EE運営委員会(steering committee)に公式なJakarta EE 9のデリバリ計画を提出した。ベンダが新しいjakartaパッケージネームスペースをサポート可能になることから、Jakarta EE 9は安定したツーリングリリースになるものと期待されている。Jakarta 10およびそれ以降の新機能を進める上でのイノベーションの基盤として位置付けられる可能性もある。

  • GitHubがMLベースの“Good First Issues”レコメンデーションをリリース

    GitHubは、"good first issues feature"の最新バージョンの提供を開始した。これは、マシンラーニング(ML)モデルが"easy"と特定したイシューと、プロジェクトメンテナが選択して"easy"とラベル付けしたイシューのリストとを組み合わせたものだ。オープンソースのコントリビュータならば、経験の深浅を問わずに、この機能を使ってプロジェクト内の簡単なイシューを見つけ、対処することができる。

  • プライベートフィールドとトップレベルawaitを追加したTypeScript 3.8

    TypeScriptはTypeScript 3.8のリリースを発表した。型のみのインポートとエクスポート、プライベートフィールド、トップレベルawaitなどが導入されている。

  • Android 11の開発者プレビューが公開

    GoogleがAndroid 11を開発者向けプレビューとしてリリースした。開発者は自身のアプリケーションを次期Androidに対応できると同時に、早期フィードバックを提供することにより、リリースを堅牢化する上でGoogleに協力することが可能になる。Android 11には、既存アプリに影響を与える可能性のある多数の動作変更の他、新しい機能とAPI、新たなプライバシオプションも含まれている。

  • NGINX Unitがリバースプロキシとアドレスベースのルーティングを導入

    NGINXは、同社のオープンソースのWebアプリケーションサーバNGINX Unitのバージョン1.13と1.14をリリースしたことを発表した。これらのリリースにはリバースプロキシと、接続したクライアントのIPアドレスと要求のターゲットアドレスに基いた、アドレスベースのルーティングのサポートが含まれている。

  • PyTorch 1.4リリースがJavaバインディングと分散トレーニングをサポート

    Facebookがオープンソースとして公開するディープラーニングフレームワークのPyTorchが、バージョン1.4のリリースを発表した。Python 2をサポートする最終バージョンになる予定の今回のバージョンでは、分散トレーニングとモバイル推論が改善され、Javaサポートが導入されている。

  • MicrosoftがAzure Filewall Managerに仮想ネットワークのサポートを追加、管理の集中化を可能に

    先日のブログ記事でMicrosoftは、Azure Firewall Managerが仮想ネットワークをサポートしたことを発表した。この新機能によって、セキュリティ付き仮想ハブとハブ仮想ネットワークという2つのネットワークアーキテクチャに基づいた、クラウドベースのセキュリティ境界におけるセキュリティポリシ管理とルート管理の集中化が実現する。

  • ZetZ、形式的検証機能を備えたCのダイアレクト

    ZetZ、略してZZは、RustにインスパイアされたCのダイアレクト(diarect, 方言)だ。コンパイル時に仮想マシン内でシンボリック実行することによって、コードの形式的検証を行う。作者でメンテナのAvid Picciani氏に話を聞いた。

  • Google独自のC/C++用メモリアロケータTCMallocがオープンソースとして公開へ

    GoogleのTCMallocをCおよびC++の既定のメモリアロケータの置き換えとして使用することで、大規模プログラムでの効率の向上や並列性サポートの改善が実現する、とGoogleは述べている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。