BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ASP.NET MVC に関するすべてのコンテンツ

  • ASP.NET MVCの依存性注入とMEF 2

    ほとんどのアプリケーションは、依存性注入(dependency injection)フレームワークが完全に意味があるとはいえない。通常は、最初から最後まで手動ですべての依存性をつなげてても全く問題はない。しかしASP.NET MVCの場合は、実際にはひとつの起点ではない。それぞれの依存性は、サーバー、ユーザーセッション、コントローラーや個々のリクエストにスコープしている。多くの競合ライフサイクルにおいてDIフレームワークは、不要な問題から目をそらして、本質的な組織ツールに移行している。

  • 部分キャッシュとASP.NET

    パフォーマンスに直面した時、開発者はページの部分キャッシュが必要な時がある。このレポートは、ASP.NETの現在のキャッシュに関する状況と、MvcDonutCachingと呼ばれるMVC3の新しいプロジェクトを紹介する。

  • あなたのアプリケーションのパフォーマンスをどうやってチューニングしますか?

    StackExchangeは、ASP.NETとSQL Serverで構築されている。 先日、Sam Saffron氏とMarc Gravell氏はブログで、彼らが経験した.NET GC GEN-2オブジェクトの最終的なトレースに関する問題の識別とパフォーマンスの解決に関する投稿を行った。彼らの経験には、アプリケーション開発において、パフォーマンスチューニングを行うすべての人が参考になる多くのことが存在している。

  • ASP.NET MVCパイプラインと拡張性

    ASP.NET MVCは拡張性を考慮して設計されており、プロセシングパイプラインのほとんどあらゆる部分は拡張可能で、自分自身のプロバイダーを使って標準実装を入れ替えることができる。Simone Chiaretta氏はブログ投稿「 ASP.NET MVCの拡張性入門」で、 ASP.NET MVCパイプラインにおける様々な局面に対して、導入といかにして拡張性が重要になってくるのかについて短い説明を与えている。

  • ASP.NET MVC 4のロードマップ

    MicrosoftがASP.NET MVCの次期バージョンの開発に取り掛かったようだ。次期バージョンでは、アプリケーションの開発や配置のワークフローの円滑化、Webフォームとのさらなる機能共有、Ajaxサポートの改善、モバイルやタブレット+HTML 5に、特に力を入れている。

  • Stack Exchangeから提供されたMVCミニプロファイラ

    Stack Exchangeは、Stack Overflowとその姉妹サイトで使用されているASP.NET MVCプロファイラをリリースした。MVCミニプロファイラは、特にデータベースを使用したWebサイト向けに設計された内部プロファイラーである。

  • MIX Keynote 1 - ハイライト

    MIXの最初のキーノートは、多数の素晴らしいWebプラットフォームの発表で締めくくられた。これには、HTML5開発をサポートしたASP.NET MVC3やARMプロセッサ上で動作するIE10のプレビュー版も含まれる。

  • MVC Scaffolding - 設定の可能な ASP.NET MVC 用コード生成ツール

    Steve Sanderson 氏が先日,ASP.NET MVC 3 用のコード生成ツール MVC Scaffolding を発表した。シンプルなコマンドラインインターフェースを備えた,カスタマイズ可能なテンプレートベースのコード自動生成ツールだ。添付の標準テンプレートで View や Action,あるいは Unit Test スタブなどといった,数多くの汎用的要素の自動生成を実現している。

  • ASP.NET MVCは、ユーザーインターフェイスデザイナにはふさわしくない?

    ASP.NET MVCは、開発を容易にしたが、Michael Taylor氏は、「ASP.NET MVCは、新しいASP」というタイトルの投稿において、ユーザーインターフェイスデザイナにとって、それは大変であると主張する。

  • 続報:F#と他言語でRazor

    先月、Vladimir Kelman氏が新しいRazorビュー エンジンをF#で使うことができるか質問した。 Scott Guthrie と Marcin Doboszの両氏と話して、必要なプラグインを全て自分でビルドして、インストールすればできることがわかった

  • ASP.NET MVC 3が動的型けをサポート

    10年ぐらい前に、Microsoftは、WebFormと静的な型づけに大きく賭けた。ダイヤルは目一杯回されて、完全な暗号化まで行ってしまい、各ページがまるでプログラムのように扱われていた。その間、業界は、概ね別方向に行き、暗号化への関心は無くなり、初期結合より遅延結合が好まれている。今ではMicrosoftも同じことをやっている。

  • ASP.NET MVC 3のGo-Liveライセンス

    マイクロソフトのASP.NETチームは、アジャイルの原理により早く、頻繁なデプロイを採用した。ASP.NET MVC 2に引き続き、バージョン3ベータの製品利用が承認された。Razor記法を含めた多くの約束された機能が提供され、見逃すことができないリリースとなっている。

  • ASP.NETは新しい段階に到達した: ASP.NET MVC 3 Preview 1

    ASP.NET MVC 3 Preview 1は、まだアナウンスされていないが、フレームワークはマイクロソフトのサイトからダウンロードできるようになっている。機能の一覧には、次のものが含まれている。Dependency Injection、Razorビューエンジン、ダイナミックビューとViewModelプロパティ、そしてグローバルフィルタ。

  • WebMatrix: Microsoftの新しいスタックで、簡単にwebサイトを作れる

    WebMatrixは、Microsoftの無料ツールで、簡単なwebサイトを作るために、webサーバー、 ASP.NET + Razor、SQL Server CE そして IDEをいっしょにまとめている。

  • 進歩を見せる .NET のオプションパラメータ

    オプションパラメータは最初から .NET に含まれていたが,C# でサポートされないこともあり,COM ライブラリ関連以外での使用はタブーである,という解釈が一般的だった。C# 4 でオプションパラメータがサポートされるようになるので,今後はレガシーなコード以外でも多く見られるようになりそうだ。また C# 以外にも,動的言語との相互運用性や変更不能(immutable)なデータ構造体,さらに ASP.NET MVC のさまざまな部分でも使われるようになるだろう。

BT