BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Agile2008 に関するすべてのコンテンツ

  • 変化への抵抗に打ち勝つ

    Agile 2008で、Dave Nicolette氏とLasse Koskela氏は「変化への抵抗に打ち勝つこと」に関するワークショップを行った。Koskela氏はTest Driven: Practical TDD and Acceptance TDD for Java Developersの著者である。

  • 初心 ― 聴くことへの入り口

    「初心」というのは、先入観、予想、予断といったものを除いて物事に臨む考え方である。この方法はアジャイル実践者とアジャイルへと導く指導者にとって有意義な方法で、行動する前に本当は何が起こっているのかをよく観察するように導いてくれる。

  • 職人的技能 - 5番目のアジャイルManifestoの価値?

    Robert "Uncle Bob" Martin氏は、「プログラミングでの専門的技術」についての議論を再活性化させた。Agile Manifestoが5番目の価値、「実行より技能を重要視」でアップデートされるべきだと提案したことによる。

  • 見積もりは無駄なプラクティスか?

    ソフトウェアの「見積もり」に関する昔からある問題について、アジャイルコミュニティでは最近興味深い議論が起こっている。J.B.Rainsberger 氏、Arlo Belshee氏、Josh Kerievsky氏、David Anderson氏などは、「そもそも見積もりは本当に必要なのだろうか?」と疑問を抱いている。

  • カードゲームで分散プロジェクトのコミュニケーションを学ぶ

    Charles Suscheck氏がAgile2008でプロジェクトのコミュニケーション、計画、そして、コラボレーションの重要性について教えるため、どのように何種類もカードゲームのラミーを使うのかを示した。このゲームで、チームが様々なレベルで分散することによる影響と、プロジェクト期間中にチームに専門家を追加したり、外したりする影響を調査する。

  • アジャイルの採用に関する感覚的な障害

    Amr Elssamadisy氏 (『Agile Adoption Patterns: A Roadmap to Organizational Success』の著者) はAgile2008でアジャイルの採用における非技術的な障壁をテーマにセッションを行った。彼は「年を重ねるにつれて、もっともややこしい問題は技術ではなく人の問題であることに気づいたんだ」と言った。

  • 自己組織化チームのコーチング

    Joseph Pelrine氏は、チームのコーチングに関して「ソフトスキルのためのハードサイエンス」を私達に教えてくれると約束した。Joseph氏は、コーチングは必要とされる科学的な背景と厳密さを欠いた訓練である、と感じている。

  • アジャイル2008:The Wisdom of Crowdsとアジャイルチーム

    8月5日火曜日に開催されたアジャイル2008で、Wisdom of Crowdsの著者であるJames Surowiecki氏が基調講演をおこなった。Wisdom of Crowdsの背景にあるテーマは単純である。正しい状況においては、人びとはグループのほとんどのメンバーの最も良い回答よりも優れた決定をすることができる。

  • 第二回Functional Test Workshopの成果

    Agile Alliance Functional Test Workshopの2回目がアジャイル2008のプレコンファレンスとして開催された。それは一連のオープンスペースセッションとしてJeff Paton氏が中心となって実施された。このワークショップの第一の目的は、最先端の進歩について討論し、自動化機能テストツールの今後の可能性を思い描くことであった。

  • アジャイル2008:指導者の役割はそれ自身にシステムを公開すること

    アジャイルコミュニティにおける「指導者」という用語は、信頼のおける相談相手/助言者、チームリード、プロジェクトマネージャ、さらにはコンサルタントなど、人それぞれ違った意味を持つ。より広い指導の世界においては、違いがある。それは指導者がすべきことはシステムを「修正する」ことではなく、それ自身にシステムを公開することである。

  • Agile Allianceの機能テストワークショップ

    第二回目のAgile Alliance 機能テストツールワークショップが、Agile 2008 (8月4日(月)) の前日に開催された。これは、今年開催される第二回目のワークショップで、「アジャイルチームが使う自動機能テストツールの水準を、自動的に顧客に対応するテストに高める」ことが目的である。

  • Agile2008の情報を電話またはGcal付きのPDAに入れよう

    効率的に学べるセッションにするため、こじんまりとし、もっと親近感を持たせることを強調して、毎年恒例のAgile Allianceコンファレンスは計り知れないものになるだろう。今年は、およそ550のセッション、ワークショップ、チュートリアル、研究報告および論文が予定されている。1人のアジャイリストが自分で物事を運び、1つの時間帯で一度に、公のgcalインターフェイスをコンファレンスサイトに提供する。

  • 世界を目指せ、ふつーのエンジニアたちよ! -Agile2008にて日本人エンジニアが講演-

    日本のエンジニアが日本から情報発信することを目標として、今年のはじめから活動しているグループがある。「チームゴヤットム」は有志の集まりで、日本独自の状況について、あるいは世界に知られていない日本の知識や経験を発表すべくAgile2008に挑戦する。

  • Agile 2008プログラム発表

    Agile 2008 のプログラム、「Agileの展望を広げる」が先日発表された。この記事を書いている時点で、早期申込み割引(100ドル引き)にまだたくさん空きがある。今年のプログラムの特徴は、出席者が試すことができる数多くのステージ(トラック等)があることだ。

BT