BT

InfoQ ホームページ アプリケーションサーバ に関するすべてのコンテンツ

  • MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発

    HiveMQは,IoTアプリケーションのために設計された,MQTTベースのメッセージングプラットフォームである。先日リリースされたHiveMQ 4では,MQTT 5サポートが追加され,拡張システムが改善されるとともに,DockerやKubernetes,AWS EC2との統合性が向上している。HiveMQの開発者で、dc-square GmbHのCTOであるDominik Obermaier氏に話を聞いた。

  • ApacheがJava 8とMicroProfile 1.2をサポートしたTomEE 7.1をリリース

    Apache TomEEコミュニティがTomEE 7.1をリリースした。Java SE 8とMicroProfile 1.2のサポートをフィーチャーした重要なアップグレードだ。TomEE 7.1は、Java EE 8/Jakarta EEおよびMicroProfile 1.3準拠を予定している、TomEE 8へのゲートウェイリリースの役割を果たす。Tomitribeの創設者でCEOのDavid Blevins氏が、最新リリースについて説明してくれた。

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

  • Payara FoundationがPayara ServerとPayara Micro 5.183をリリース、MircoProfile 2.0をサポート

    Payara Foundationは先頃、MicroProfile 2.0とJava EE 8のフルサポートを含み、多数の新機能やアップグレード、バグフィックスを備えた、Payara ServerとPayara Microのバージョン5.183をリリースした。新たな機能としては、MicroProfile APIとAdmin Consoleのアップデート、OpenID仕様のサポート、新しくなったアプリケーションデプロイメントディスクリプタスキーマなどがある。

  • WildFly Swarmからの自動マイグレーションを備えたThorntail 2.2.0

    6月下旬にWildFly Swarm 2018.5.0からThorntail 2.0.0にブランド変更したRed Hatが、Thorntailのバージョン2.1.0と2.2.0を、8月中旬の3週間のタイムフレームでリリースした。多くのバグ修正の他、特にMicroProfileに関連して、新たなコミュニティ指向の組織であるespeciallyによるMicroProfile 1.3準拠、自動マイグレーションプロセスなどの新機能が含まれている。

  • Tomcat 9のJBoss Web Server 5を提供開始

    Red Hat JBoss Web Server (JWS) はwebアプリケーションや大規模webサイトの構築、デプロイ、保守できるようApacheのwebサーバとTomcatサーブレットエンジンを組み合わせたものである。JBoss Web Serverのバージョン5がリリースされTomcat 9をサポートし新機能と拡張をいくつか導入した。

  • Payara FoundationがPayara Server 5とPayara Micro 5をリリース

    Payara Foundationは先頃、新機能のホストとアップグレードを含んだPayara Serverのバージョン5とPayara Microをリリースした。刷新された管理コンソール、クラスタリングの改善、新しいデータベース、Java EE 8とMicroProfile 1.2のサポートなどが目新しい。同社JavaミドルウェアコンサルタントのMichael Croft氏が、今回の最新リリースについて説明してくれた。

  • EE4Jへ提案された最初の9つのプロジェクト

    オラクルのJava EE 8とGlassFishの技術をEclipseファウンデーションへ移管するプロセスの一部として、9つのプロジェクトが最初のプロジェクトとして提案された。これらは最終的にEclipse Enterprise for Java(EE4J)に含まれる。オラクルのシニアソフトウェア開発マネージャであるDmitry Kornilov氏と、EclipseファウンデーションのエグゼクティブディレクタであるMike Milinkovich氏がこの新プロジェクトのことをInfoQに話してくれた。

  • IBMがKubernetsとCloud Foundryを使用したハイブリッドクラウドコンピューティングプラットフォームのIBM Cloud Privateをリリース

    IBMはIBM Cloud Privateをリリースした。パブリッククラウドと同等のクラウド機能を、企業がオンプレミスで構築可能なように設計されたプラットフォームである。“クラウドネイティブ”なアプリケーション開発を促進し、WebSphere Liberty、Db2、MQといったIBMテクノロジ上で動作する既存アプリケーションの最新化サポートを目標とする。

  • IBMがJavaマイクロサービス用のオープンソースランタイムOpen Libertyを公開

    IBMは先頃、同社のWebSphere Libertyのオープンソース実装であるOpen Libertyを公開した。最新のEclipse MicroProfileとJava EE APIをサポートする。同社でWebSphereとLibertyのランタイムアーキテクトを務めるAlasdair Nottingham氏と、Bluemix Garage LondonのテクニカルリーダであるHolly Cummins氏が、Open Libertyについて説明してくれた。

  • JavaOneキーノート:IBMのOpenJ9とOpen Liberty; Javaコミュニティによるマトリックス

    JavaOneコミュニティキーノートは、IBMのトークとデモで始まった。彼らがしたオープンソースへの最新のコントリビュートについてのものだ。OpenJ9とOpen Liberty、MicroProfileである。John Duimovich氏、IBMの優れたエンジニアであるが、氏は"IBMとJava: 次世代のイノベーションを推進する"というタイトルのプレゼンテーションで幕を開けた。 IBMのあと、Stephen Chin氏はJavaコミュニティキーノートを終了させるためステージに上がった。

  • NGINXがマイクロサービスプラットフォーム, OpenShift Ingressコントローラ、Service Meshプレビュー版をリリース

    NGINX IncがNGINX Application Platformをリリースした。マイクロサービス開発者のための“ワンストップショップ”を目標に、Red Hat OpenShift Container Platformでロードバランシングを実現するためのKubernetes Ingress Controllerソリューションと、Istioメッシュコントロールプレーン用サービスプロキシを含む。

  • オラクルがJava EEのオープンソースファウンデーションへの移行を計画している

    オラクルはJava EEプラットフォームの進行中の開発とその主導権をオープンソースファウンデーションへ移行する計画をしている。移行は次のリリースであるJava EE 8のあと、この夏となる。

  • Tomcat 9におけるJava EE 8中断の影響がSpringOneで強調された

    Mark Thomas氏(markt@apache.org)は、 今週ラスベガスで開催されたSpringOneプラットフォームカンファレンスの初日にApache Tomcatのロードマップを更新した。そこで彼は進行中のJava EE 8の遅れの事実を指摘した。以前InfoQでも強調したことである。またApache Tomcatチームで起こっている問題でもある。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。