BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Automation に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • 2021年のDevopsとDevsecopsの普及を左右する9つのトレンド

    DevOpsとDevSecOpsの価値を理解することは重要ですが、しかしこれらは、あらゆる規模に適合するような、堅牢かつ不変のパラダイムという訳ではありません。この記事では、DevOpsとDevSecOpsにおける現在進行中の発展について見ていきます - その採用を推進し、影響を与える9つの重要なトレンドを探し出し、そのそれぞれについて、開発や管理に関わる数多くのアプローチとともに説明します。

  • JavaScriptとWeb開発 InfoQ トレンドレポート 2020

    Web開発は私たちにとって常に興味深いものであり、新しいJavaScriptプロジェクトがほぼ毎日開始されています。どれに焦点を当て、どれを無視するかを決定することは、特に困難です。開発者は、日々の開発作業で現在使用していない場合でも、興味深いアプローチから学び、インスピレーションを得ることができます。

  • テストの自動化は予防か、治療か?

    開発チームの多くは、テストの自動化を、ソフトウェアデリバリをスピードアップする手段と考えています。チーム内のボトルネックがそこにある、と思われることが多いためですが、開発プラクティス全体をより深く検討すれば、もっとよい結果を得ることができます。

  • The EconomistにおけるGoを用いたマイクロサービス構築のふりかえり

    Goで書かれたマイクロサービスは、The Economistの新システムの重要コンポーネントだ。これにより、スケーラブルでハイパフォーマンスなサービスを提供し、新プロダクトをすばやくイテレーションできるようになった。Goに組み込まれた並行処理とAPIサポート、および静的コンパイル型言語としての設計のおかげで、大規模にスケール可能な分散イベントシステムを実現できる。全体として、Goを用いたチームの体験はポジティブなものだった。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(4) ~CloudBeesでJenkinsをサービスとして使う~

    前回まで、Jenkinsの幾つかの側面に注目して解説をしてきました。シリーズ最後の今回は、Jenkinsをサービスとして使う方法を紹介します。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(3) ~Jenkinsで分散ビルド~

    前回は、Jenkinsを使い始める部分を紹介しました。今回は、日本語での情報が少ない分散ビルドの機能について紹介し��す。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(2) ~Jenkinsを使い始める~

    前回はJenkinsの概要について紹介したので、今回はJenkinsの導入から始めましょう。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(1)

    Jenkinsはオープンソースの継続的インテグレーション(CI)サーバです。CIサーバは最近普及しつつあるソフトウェア開発習慣・方法論の一つで、狭義にはビルド・テストの実行や品質検査を常時継続的に実行していくというものです。これによって、幾つかの具体的なメリットが得られます。

  • スクラムアジャイルチームに必要なスキル

    高度に生産的なアジャイルプロジェクトで求められるスキルは伝統的なプロジェクトで必要なスキルとは違う。この記事では優れたチームにするための技術的なスキルや振る舞いを特定する。これらの‘デルタ’特質を獲得した人はだれでも、正しい技術的なスキルや振る舞いを身につけて、アジャイルプロジェクトで効率的に働くことができるだろう。

  • 5つのコンフィグレーション管理ベストプラクティス

    この記事では、コンフィグレーション管理を楽にするため、そして、アプリケーションを運営、管理する必要のある人たちを楽にするために、コード内からできることについて調べたものだ。これらのパターンはThoughtWorksのプロジェクトで何度も使ってきて、その価値が証明されているものだ。

  • 拡張性に関する悪習慣

    システムの保守容易性や拡張性を確保するためのベスト・プラクティスに関する記事は数多くありますが、この記事では避けた方がいい、いくつかの悪習慣(ワースト・プラクティス)を強調します。

  • 複数のアジャイルチームでのバージョン管理

    このレポートでは複数のチームが動いているアジャイル環境において、どのようにバージョン管理を行えばいいかを説明します。このスキームは"Scrum and XP from the Trenches(source)(InfoQのミニブック)に出てきた企業で私たちが新しく採用した方法です。

BT