BT

InfoQ ホームページ BPEL に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • BPMN 2.0 バーチャル座談会

    BPMN 2.0標準化の成果の代表者が、BPMNの評価と、XPDL、WS-BPEL、そして、BPEL4Peopleというような他の成果物との関係をどうするかについて議論する。

  • Why BPEL is not the holy grail for BPM

    In the Business Process Modeling world there is still an ongoing standards debate. In this article, Pierre Vigneras of the Bull BPM team, discusses problems with one of those standards - BPEL. Pierre walks us through a simple parallel process and discusses the numerous issues practitioners face in trying to express an unstructured flow based on a structured model.

  • InfoQがBPEL4PEOPLEの代表と対談

    恒例の「バーチャルパネルセッション」で、InfoQは新しいOASIS BPEL4People技術委員会の代表と対談をし、この作業が何故必要であるかについて彼らのフィードバックを得る機会を得ました。

  • プ���セスコンポーネントモデルは次世代のワークフローか?

    JBoss jBPMの創設者であるTom Baeyens氏が、BPM / ワークフローの世界の状況における彼の見解について説明し、プロセスコンポーネントモデルという新しいタイプのワークフロー技術を紹介しています。

  • Apache ODEの紹介

    この記事では、Paul BrownがApache ODEを紹介します。Apache ODEは、WS-BPEL 2.0標準のオープンソース実装で、BPELのコンセプトをいくつか備えています。単一プロセスでのデプロイや実行の方法についても説明します。

  • サービスコンポジション

    このArticleでは、Boris Lublinskyがサービスコンポジションへ対するデザインと実装の両方からの主なアプローチについてディスカッションしています。また、この技術を使う利点についても解説します。 トピックとしては、階層的なコンポジションと対話的なコンポジション、コンポジションの接続形態等について記載しています。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。