BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Batch Processing に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Java Newsラウンドアップ - JDK 18 GA、JMC 8.2、Springのアップデート、MicroStream 7.0-Beta1、WildFly 26.1-Beta1

    2022年3月21日、今週のJavaラウンドアップは、JDK 18、JDK 19、JDK Mission Control 8.2、Amazon Corretto 18、BellSoft LibericaJDK 18、Springの一連のマイルストンリリースとポイントリリース、Miconaut 3.4.0、GraalVM Native Build Tools 0.9.11、WildFly 26 Beta 1、Hibernate Reactive 1.1.4.Final、MicroStream 7.0-M1、JReleaser 1.0-RC1、TotnadoVM 0.13、といったニュースをお届けする。

  • Java Newsラウンドアップ - Spring Projectのアップデート、Value Object(プレビュー)、JEP、Quarkus 2.7.2

    2022年2月21日週のJavaラウンドアップでは、Open JDK 18、JDK 19、Quarkus 2.7.2.Final、JReleaser早期アクセス版の他、Springプロジェクトのアップデートとして、Spring Boot 2.7.0-M1 2.6.4および2.5.10、Spring Data 3.0-M2用の新たなインターフェースListCrudRepository、Spring Security 5.7.0-M2 5.6.2および5.5.5、Spring Session 2021.1.2および2021.0.5、Spring Shell 2.1.0-M3、Spring Batch 4.3.5などの情報をお届けする。

  • AWSがAWS Fargateのバッチサポートを導入

    毎年開催されるre:inventの最初の週に、AWSはAWS FargateをAWS Batchジョブ向けのコンピューティングリソースとして指定する機能を紹介した。AWS FargateのAWS Batchサポートにより、顧客はサーバーレスコンピューティングリソースでジョブを実行する方法を持つこととなり、ジョブは送信から完了まで完全に管理される。

  • Dynein - Airbnbの開発した非同期バックグラウンドジョブサービス

    Airbnbでは、大量のリソースと処理時間を要するタスクを非同期バックグラウンドジョブを移行することで、スケーラビリティの改善を測っている。ジョブスケジュールシステムは非常に重要なコンポーネントであるため、同チームでは、高度にスケーラブルなスケジューラを備えた分散型遅延ジョブキューサービスとしてDyneinを開発した。今回の記事では同社のAndy Fang氏が、このサービスの設計および開発に関する背景と課題について説明している。

  • Google Cloud Schedulerが一般向けに利用可能に

    最近のブログで、GoogleはCloud Schedulerを使用してスケジュール通りに安全にHTTPターゲットを起動できるようにしたと発表した。Cloud Schedulerは、あらゆるアプリケーションがバッチ、ビッグデータ、クラウドインフラストラクチャのオペレーションを起動できるフルマネージドのcronジョブサービスである。

  • Google、マネージドCronサービスCloud Schedulerを発表

    GoogleはGoogle Cloud Platform (GCP) の新サービスとして、フルマネージドcronジョブサービスCloud Schedulerを発表した。これによりアプリケーションは、バッチ、ビッグデータ、クラウドインフラ操作を起動できるようになる。現在、このサービスはベータ版として利用可能だ。

  • AmazonがAWS Batchを公開

    AWS Re:InventカンファレンスでAmazonは、AWS Batchというプレビューのサービスを発表した。AWS Batchを使うと企業はスケジューリングとワークロードの実行をクラウド上で最適化できる。Amazonはこのサービスを、自分たちでEC2やコンテナ、CloudWatchを使ってバッチのプラットフォームを作っている多くの顧客の声に応えるかたちで実現した。

  • Java EE 7,Spring Batchを標準化

    今月リリースされたJava EE 7プラットフォームには,VMwareのSpring Batchプロジェクトから多くを受け継いだバッチ処理プログラミングのモデル仕様が含まれている。

  • Java EE 7の専門家ブループがコミュニティからのフィードバックを求めている

    JSR 342として、Java EE 7の仕様は、初期ドラフトレビューを終え、専門家グループは、多くの未解決問題に関してコミュニティからのフィードバックを強く望んでいる。これらの中には、Java EE Full/Web Profileに追加すべき新しいAPIやいかにもっと上手く、CDIを Java EEと折り合いをつけるかも含まれている。

  • AlfrescoがApache 2ライセンスのBPMエンジンであるActivitiプロジェクトを発表

    Alfrescoは、前のjBPMのリードであるTom Baeyens氏が率いる、Apache 2ライセンスを採用したオープンソースのビジネスプロセス管理エンジンであるActivitiを発表した。

  • SpringOneにて新生Tomcat Server、VMware社とのパートナー契約、ActionScriptの提供が発表される

    毎年恒例の北米版SpringOneカンファレンスが、際立つ内容の発表と新機能の公表によって成功に終わった。全体的にカンファレンスは SpringSource社によるエンタープライズ製品の提供とSpring Framework及びそれを取り巻くエコシステムの2009年の方向性に焦点を当てていた。

  • Spring Batch: バッチとオフライン処理の簡単な開発

    先ごろSpring Batchプロジェクトは、Springベースの軽量で包括的なバッチフレームワークの、バージョン1.0をリリースした。InfoQでは、このリリースの詳細と、それがSpringコミュニティにもたらすものについて、プロジェクトリードのDavid Syerに話を聞いた。

BT