BT

InfoQ ホームページ Best Practices に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • ソフトウェア開発ツールのまとめ(IEEE Softwareより)

    本記事は、この10年間、IEEE Softwareのコラム連載「Tools of the Trade」に掲載された情報をまとめたものだ。ツールとベストプラクティスがDesign、Writing code、Tooling、Building、Operationsといったカテゴリにまとめられている。

  • アジャイルのまずい考え方

    Christopher Goldsbury氏は、アジャイルに見られるいくつかの「まずい考え方」を取り上げている。マネジメントやドキュメンテーション、テスト、チーム、スケジュールに関してよく遭遇するが、現実に反した主張である。このようなまずい考え方は、誤っているにもかかわらず、アジャイルの中に隠れ場所や正当化の根拠をみつけるのだ。これらの考えがアジャイル方法論を牛耳って、よい動きに陰を落とすようになるまでに、これらの見方に対応することは必須である。

  • 5つのコンフィグレーション管理ベストプラクティス

    この記事では、コンフィグレーション管理を楽にするため、そして、アプリケーションを運営、管理する必要のある人たちを楽にするために、コード内からできることについて調べたものだ。これらのパターンはThoughtWorksのプロジェクトで何度も使ってきて、その価値が証明されているものだ。

  • 私たちに必要なものは情報システムの評価である

    Pierre Bonnet氏は、情報システムがあまりに曖昧で、俊敏でないと主張します。彼は、「健全な」企業が、過剰なリスクを負って数か月のうちに崩壊する原因について説明しています。

  • SOAのためのメッセージタイプアーキテクチャ

    この記事では、SOAにてメッセージフォーマットの管理を手助けする、新しいMessage Type Architectureを提案します。このアプローチは再利用を促進し、データとSOAのガバナンスのプロセスの協調を手助けします。

  • コントラクトのバージョニング、互換性、およびコンポーザビリティ

    Kjell-SverreとJean-Jacquesは、 サービスの再利用を促進し、Governanceを補足する、XML、XML Schema、WSDL拡張をベースにしたコントラクトの互換性を、再考する。

  • SOAガバナンスの実装

    多くの人が、SOAの導入成功について最も難しいことは技術ではなく、むしろ文化変化であると書いています。Todd Biske氏は、ガバナンスを使用して文化変化を推進することについて、見解を述べています。

  • 拡張性に関する悪習慣

    システムの保守容易性や拡張性を確保するためのベスト・プラクティスに関する記事は数多くありますが、この記事では避けた方がいい、いくつかの悪習慣(ワースト・プラクティス)を強調します。

  • ポーカーに学ぶ、ソフトウェア開発のレッスン

    ポーカーは他のトピックにも広く適用できるような数少ない教えを私にもたらしてくれたと信じています。実際私はソフトウェアを開発すればするほど、これら二つの仕事は非常に似ていると言う確信の度合いを深めています。

  • 複数のアジャイルチームでのバージョン管理

    このレポートでは複数のチームが動いているアジャイル環境において、どのようにバージョン管理を行えばいいかを説明します。このスキームは"Scrum and XP from the Trenches(source)(InfoQのミニブック)に出てきた企業で私たちが新しく採用した方法です。

  • より良いベストプラクティス

    この記事ではベストプラクティスを単純に適用するやり方に疑問を投げかけるためドレフュス学習モデルを紹介します。そして単純なベストプラクティス適用が役立たないだけでなく、一番力のある人たちにとって重い悪影響を与えることをお見せします。

  • SOA の 10 原則

    多くのお客様と関わる中で、SOAの基本的な原則をまとめる必要性を感じています。このArticleでは、サービス指向アーキテクチャ(SOA)が持つとされる基本原則を紹介します。これらの原則は、絶対的な真理というよりは、SOAに関連した検討を行う際の基準の1つと考えてください。最初の4つは、 Don Boxの4つの原則に、個人的な解釈を少し加えて紹介します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。