BT

InfoQ ホームページ ビジネス に関するすべてのコンテンツ

  • Hyperledger Ursaを使ってブロックチェーンのセキュリティを簡単にする

    先日のブログ記事で,Hyperledgerプロジェクトは、最新プロジェクトのHyperledger UrsaがTechnical Steering Committee (TSC)の承認を得たことを発表した。Ursaのおもな目的は、暗号化ライブラリを簡素化して集約することにより、分散台帳テクノロジプロジェクトで使用するための信頼性と利便性を実現することにある。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • 未来の仕事は女性である

    Agnieszka Walorska氏によると、今日の一般的な女性の仕事は、適応性、即効性、感情的な知性、暗示的な知識が中心であり将来的に優位になるという。人工知能とロボティクスは、主に男性が行っている高度な技術のある仕事を自動化する。

  • クラウドベンダーの使用を制限するConfluent Platformのライセンス変更

    Confluentは、データを転送する機能とシステムとデータソースを接続するツールを提供するストリーミングプラットフォーム、Confluent Platformの一部コンポーネントに関するライセンス変更を発表した。今回のライセンス変更は、特に、SaaSプロバイダによるこれらコンポーネントの使用制限にフォーカスしている。

  • ビジネス課題と新技術を結びつける

    Caragh O’Carroll氏はWomen in Tech Dublin 2018において、ブロックチェーン、ロボットによるプロセス自動化、人工知能と機械学習という3つの新技術について語った。そして、ビジネスが直面している課題に対して、これらの技術がどのように解決策を提供するか説明した。

  • テクニカルリーディングに関する一考察

    役割のバランスを見つけるために、雇用者は流動的な人事構造を採用する必要がある。技術職と管理職の道は隣り合わせでなくてはならない。心理的安全なしに、本当の効果的な成長を遂げることはできない。問題とシナリオについて話せる良きメンターは非常に貴重だ。これらは、Redgate Softwareでテクニカルリードを務めるJulia Hayward氏が示した、テクニカルリーディングに関する一考察の一部だ。

  • マネージャのいない組織管理 - セルフマネジメントの実践例

    Doug Kirkpatrick氏がAgile Peopleカンファレンスで基調講演を行い、組織内におけるセルフマネジメント(Self-Management)の採用に必要なものを深く掘り下げるワークショップを開催した。セルフマネジメントとは、機械的な階層や、他者に対する独裁的かつ一方的な命令権限を持たず、従来の管理機能を個人が自由かつ自律的に行うという組織哲学である。

  • カスタマーサポートに人間性を取り戻す

    サポートチームを大事にすれば、彼らは顧客を大事にしてくれる。サポートチームはトレーニングを受け、信頼される必要があり、仕事に対して自律性と所有権が与えられて然るべきである。ボットは、人々が問題を解決するのを助けるカスタマーサポートで使われるべきではない;人が人を助ける必要があるのだ。たとえそれがロボットを雇うより高くつくとしても。

  • 英国政府のディジタルトランスフォーメーションから学んだこと

    英国政府のディジタルトランスフォーメーション(digital transformation)は2つのメリットを実現した — 行政サービスのデザインにユーザニーズが考慮されたことで、市民は必要な情報やサービスをより早く入手できるようになり、サプライヤは、現代的なアジャイル手法で政府に協力することが可能になった。ユーザと直に接することで、プロダクトをより良くするためのチームのモチベーションも向上した。

  • インテリジェントオートメーションの爆発的成長と蔓延する組織的課題

    プロフェッショナルサービス企業のKPMGは先頃、インテリジェントオートメーションの急速な成長を実感させる調査報告書を公開した。報告書によると、この分野での総支出額は、現在の124億ドルに対して、2025年には232億ドルに達する見込みである。一方で、この成長予想には、ツールの成熟度や熟練した労働力、組織の変革管理など、数多くの課題もある。

  • Perpetual Guardianが週4日勤務を試行

    今年初め、信託や遺言や財産を管理するニュージーランド企業のPerpetual Guardianでは、週に4日だけ働いて、新たな余暇を満喫しながら現在と同じ賃金を得られる8週間のトライアルを、同社の従業員240名の参加によって実施した。

  • 分散チームの同調を保つには

    分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

  • 13回目のState of Agile年次調査が公開

    State of Agileの13回目の年次調査がCollabNet VersionOneから発表された。これは世界中のアジャイルの採用を年次で調査している。

  • スイス最大の銀行でイノベーションを推進する

    UBSでアセットマネージメントSWAT(SoftWare Action Team)の責任者を務めるJelena Laketic氏がDevOps Enterprise Summit Londonで講演し、スイス最大の銀行でイノベーションを推進した経験から学んだ教訓について語った。 InfoQはLakeric氏にコンタクトを取り、氏がSWATの活動の中で経験した課題と成功、およびUBSにとってのイノベーションについて話を聞いた。

  • ビジネス成果に注目するBarclays

    Barclays作業部長のJonathan Smart氏とPMOのMorag McCall氏が、先月ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、アイデアのトリアージから製品としてのリリースに至るまでの作業フロー全体の再考について講演した。具体的な内容は、アプリケーションおよびサービスポートフォリオの管理方法へのアジリティの導入と、PMOおよび財務部門の役割の変更である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。