BT

InfoQ ホームページ CLR に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • 進行中の相互運用

    あまり知られてはいませんが、非常によく使用されている2つのマネージド環境(JVMとCLR)は実際には、共有ライブラリセットにすぎません。それぞれが実行コードにメモリ管理やスレッド管理、コードコンパイル(JIT)などのサービスを提供しています。このため、同じオペレーティングシステムプロセス内でJVMとCLRの両方を用いることは大きな問題にはなりません。どのプロセスでも、ほぼすべての共有ライブラリをロードできるためです。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。