BT

InfoQ ホームページ CLR に関するすべてのコンテンツ

  • CLR Memory Diagnosticsで検査タスクの自動化が可能に

    先日リリースされたMicrosoft.Diagnostics.Runtime (ClrMD: CLR Memory Diagnostics) コンポーネントの拡張API群を使用すると、調査タスクの自動化や、より多くのデバッグ情報へのアクセスが可能になる。

  • .NET Framework 4.5のアップデート

    Microsoftはa.NET Framework 4.5のアップデートを公開した。このアップデートはWindows Presentation Foundation、Common Language Runtime、Windows Forms、XML、Network Class Library、ASP.NET、Entity Framework、Windows Workflow Foundation、Windows Communication Foundationの安定性や互換性、信頼性を改善する。

  • アプリケーションの.NET Framework 4.5への移行: 廃止された型と新しい型

    今週、Microsoftは、.NET Framework 4.5 Betaで変更または廃止されるメンバーと型のリストを公開した。彼らはまた、古いバージョンの.NET Frameworkで開発されたアプリケーションを開発者が移行する際に助けになるガイドを作成した。

  • New Relic が RPM for .NET と PHPをリリース

    New Relicがパフォーマンス ツールの2つの新しい派生製品をリリースした。RPM for .NET と RPM for PHPである。RPMは、オンプレミス、あるいはクラウド上で走るwebアプリケーションのパフォーマンス モニターと分析機能を提供する。

  • LLVM 2.8 がリリース

    LLVM チームは昨日,次世代 C/C++ コンパイラ,オプティマイザ,ランタイムを含む仮想マシンインフラストラクチャである LLVM 2.8 をリリースした。LLVM は JVM と CLR ランタイムを提供する VMKit をサポートし,MacRuby や Python の Unladen Swallow など多数のツールで使用されている。さらに先日リリースされた Mono 2.8 にも mono-llvm ランタイムがある。では LLVM 2.8 の何が新しいのだろうか?

  • 新しいBase Class LibraryのフィーチャをCodePlexでデモ

    あなたが、.NETあるいは Mono、リッチクライアントあるいは、webを使っているかは問題ではない、もしあなたが、CLRを使っているなら、あなたは、Base Class Libraryを使っているわけである;なので、変更をもっと透過的するために、MicrosoftのBCLチームは、CodePlexで新しいクラスをプレビューしている。ここで、開発者は、BCLへの変更を試すことができる。それは、オープンソースなので、クラスを変更して、更に実験してみることができる。

  • Ruby VM 総まとめ:IronRuby 1.0、RubySpec、JRuby 1.3.1リリース間近

    Rubyの互換実装は活発に開発されている。 IronRubyの開発スピードは目を見張るものがあり、7月にはバージョン1.0がリリースされるだろう。さらには、JRuby1.3.1は重要なバグ修正が施され、MacRubyは継続的開発が続き、MagLevはパーサを独自実装してきている。

  • 実装の総まとめ:Ruby 1.8.xアップデート、JRuby on .NET、MacRubyおよびMagLevの進展

    Ruby 1.8.6 (p368)およびRuby 1.8.7 (p160)の新たなパッチレベルがリリースされている。

  • Clojureの総まとめ:CLRおよびJavascriptのClojure、Terracotta、新リリース

    Clojureは1.0リリースに向けて動いているが、言語に対する関心は他のプラットフォームにも達した。

  • 失敗した場合に備えて:NET 3.5 SP1でのJIT拡張機能

    近ごろリリースされた.NET 3.5のサービスパックには、新たなパフォーマンスの拡張機能がある。ここでは、インライン化のメソッドやJITコンパイラーを取り上げて検討する。

  • 将来のシステムにおけるプログラミング言語

    トレンドが明確になって来ているようだ。来る数年間で新たなプログラミング言語の採用が増えるだろう。しかしながらそのミックスの外観はどのようなもので、どの言語が何に適しているのだろうか?最近のブログでJRubyデベロッパであるOla Bini氏は将来のシステムの外観について語っている。

  • Parrot VMは時代遅れか?

    Parrot Virtual Machineがその誕生から6年目を迎えた。ParrotはPerl6と密接に関わりながら開発されているオープンソースVMだが、他の言語も狙いとした複数言語VMなのである。その一番の目的はダイナミック言語において良質なVMであることだがC99のような稀な言語がParrot上で作動し、また. NETバイトコードトランスレータもあるのだ。

  • IronRubyプロジェクトが、RubyForgeに掲載

    マイクロソフトが初めて.NET向けのRuby実装をリリースしたのは2007年の7月で、リリースされたRuby実装のソースコードは全て入手可能だった。そして今IronRubyプロジェクトが、RubyForgeに掲載されている。RubyForgeは、バグデータベースやSubversionのソースリポジトリのような様々なサービスを提供している。

  • .NETからRubyへのコネクタが入手可能に

    Rubyコネクタが.NETとRuby間のコミュニケーションを促進している。.NETの威力をRubyにもたらしたRubyの威力はGUIによって生まれたVisual Studioにもたらされるのだ。

  • Java言語ランタイムプロジェクト発足

    古くはBeanshellやJythonのように、JVMの上で実行されるさまざまな言語には、JVM自身と同じくらい長い歴史がある。 Javaのジェネリックス機能は、PizzaやGJのようなJavaを拡張した言語から生まれた。.NETでMicrosoftはSunと異なり.NET VMを複数の言語をサポートするように設計された共通言語ランタイムとして市場に出した。初めはC#、VB.NET、CobolやEiffelSharp、続いてF#、IronPython、さらにDelphiなどの多くの言語をサポートする。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。