BT

InfoQ ホームページ COM に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • ビルドマシンと Windows 7,そしてクラシックな ADO

    90年代後半から運用されている,旧式の ADO ライブラリを使用したアプリケーションのメンテナンス作業を行うと考えてみよう。再コンパイルされたコードは,Windows 7 SP1 マシン上では問題なく動作する。ところが不思議なことに,そのプログラムを10年近く使用している Windows XP マシンではクラッシュしてしまうのだ。 これが現在,多数のメンテナンス開発者が直面している問題である。

  • Internet Explorer 用のマネージドエクステンション

    .NET 4.0 では,信頼性の高い Internet Explorer 用マネージドエクステンションが記述可能になった。エクステンションはそれぞれ,コンパイル時に使用された CLR 上で動作する。以前のように,間違って最新バージョンの CLR をつかんでしまうことはなくなった。残念ながら,COM インターフェースは相変わらず必要だ。

  • Marshal.ReleaseComObjectは危険な場合がある

    Visual StudioプラットフォームチームのプリンシパルデベロッパのPaul Harrington氏は、マネージドコードからCOMオブジェクトを破棄するためにMarshal.ReleaseComObject()を呼び出すことが、なぜ危険であり、推奨されていないかについて解説した。

  • Silverlight 4のCOM+ オートメーションはセキュリティと移植性に懸念がある

    Silvelright 4は権限を昇格させたブラウザ外実行 (OOB) アプリケーションとして実行したときにCOM+ オートメーションをサポートする。マイクロソフトはこの機能を企業顧客の要求によるものだとして、SilverlightからOfficeオートメーションを利用する例を挙げた。

  • 非.NETライブラリを日々の業務で使用するのは適切か?

    まず初めに、.NETスタックには管理されていないライブラリに対する一流サポートがあった。P/Invokeを使用することで、ほとんどのWin32 APIにアクセスすることができ、COMのサポートにより、デベロッパを豊富なアプリケーションや第三者ライブラリへ開放する。

  • .NET 4の機能を考える:型の埋め込みと同値

    .NETアプリケーションのCOM Interoptで最も一般的な問題は、恐らくデプロイメントとバージョニングであろう。開発者は現在、「Primary Interopt Assemblies」を入れなければならず、Officeのようなアプリケーションの場合は1メガバイト以上になる。.NET 4では、この問題はなくなる。

  • C#の機能:オプションおよび名前付きパラメータ、COM相互運用性

    信じようと信じまいと、C#はオプションおよび名前付きパラメータを完全サポートすることになる。COMサポート向けの他の機能がC# 4に含まれる。パラメータ���プロパティに関する噂もあった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。