BT

InfoQ ホームページ Clojure に関するすべてのコンテンツ

  • Microservicesクエリ言語であるrestQLがGitHubでリリース

    マイクロサービス用のクエリ言語restQLが、オープンソースプロジェクトとしてGitHubから入手可能となった。restQL言語の目的は、複数の並列呼び出しと連鎖呼び出しを含む、RESTfulマイクロサービスへのクライアントサイドアクセスの一般的なシナリオを単純化することである。restQLは、より一般的なデータクエリと管理のフレームワークであるFalcorとGraphQLの制限を回避するために作成された。

  • Enterprise Conference 2017に見る新たなテクノロジ - 第1日目まとめ

    第12回Emerging Technologies for the Enterprise Conferenceカンファレンスの第1日が4月18日(火)、ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催された。2日間にわたるこのイベントを企画したのは、同州フォートワシントンにあるITコンサルティング会社のChariot Solutionsだ。カンファレンスではBlair MacIntyre氏(拡張現実の先駆者)の他、Monica Beckwith氏(Oracle JVMパフォーマンスコンサルタント)、Andrea Goulet氏(Corgibytes CEO)、Yehuda Katz氏(Ember.js開発者のひとり), Jessica Kerr氏(Atomist リードエンジニア)ら招待講演者による基調講演が行われた。

  • Strange Loop 2016 要約: 政府によるハッキングに対する保護条項、そしてClojureとJava 9

    本記事はStrange Loop 2016の要約である。Amie Stepanoich氏の基調講演「政府によるハッキングに対する保護条項」、 Stuart Halloway氏による「Clojure Spec」そしてSimon Ritter氏による「JigsawとJDK 9」を取り上げる。

  • Clojure.specは、Clojureの新たなコントラクトシステムである

    Clojureに新しいコアライブラリ、clojure.specが加わった。このライブラリは、データおよび関数の仕様記述とテスティングに関する、標準的で統合されたシステムの提供を目的としている。このライブラリは、Clojureコードの自動的な検証だけでなく、生成的テスティング、エラー報告、デストラクチャリング、その他様々なタスクに利用することができる。

  • パフォーマンスと開発エクスペリエンスを改善したClojure 1.8

    今月の初め,Clojureコミュニティの主要な開発者のひとりであるAlex Miller氏が,Clojureの最新バージョンを発表した。小規模な拡張や16件のバグフィックスも含まれているClojure 1.8の中で,注目すべき新機能はダイレクトリンク,文字列関数,そしてソケットサーバだ。

  • Clojureを使ったネイティブAndroidアプリ構築

    この数年で、AndroidプラットフォームでのClojureによる開発がかなり進展している。開発者はSwiftKeyのClarity Keyboardのような一人前のアプリでClojureが使えるようになった。ここでは、AndroidプラットフォームでClojureをサポートするツールの現状についてレビューする。

  • Clojure 1.7がTransducersを導入,クロスプラットフォームサポートを改善

    TransducersとReader Conditionalsの2つは,Clojure 1.7で最も重要な機能だ – CognitectのAlex Miller氏は言う。Transducersが目指すのは,さまざまなコレクションを対象とした,構成変更の可能なアルゴリズム変換機構の実現である。またReader Conditionalの方は,JVMとJavaScriptプラットフォーム間で,Clojureの可搬性を向上するものだ。

  • TeXのアルゴリズムの再実装 - プログラミングの30年間を振り返る

    LivingSocialでエンジニアリングディレクタを務めるGlenn Vanderburg氏は,先のClojureConjカンファレンスで,自身がTeXのアルゴリズムをClojureで実装した際の興味深い記録を公開した。そのプロセスの中で氏は,過去30年の間に,プログラミングがどれほど変化したのかを実感した,というのだ。

  • 新鋭の言語: この5年を振り返る

    最近の記事でEmerging Languages CampのオーガナイザであるAlex Payne氏がこの5年でプログラミング言語の世界がどのように変わったか、これからどのように変わっていくのかについて考えを披瀝している。InfoQは氏に話を聞いた。

  • ThoughtWorks Technology RadarについてRebecca Parsons氏が語る

    1月、ThoughtWorksは最新のTechnology Radarで、同社が追跡しているソフトウエア開発のエコシステムの動向を発表した。1)プロダクション環境での警告システムとリカバリ、2)プライバシとビッグデータの緊張関係、3)JavaScriptのエコシステム、4)物理と仮想の環境の境界の曖昧化、の4つが今年の大きなテーマだ。

  • PrismaticがSchema 0.2にデータ型強制変換を追加

    Prismaticでは,同社のClojureデータ記述ライブラリであるSchemaの0.2リリースに,データの強制型変換(coercion)を追加した。これにより,不正な型のデータを単にリジェクトするのではなく,スキーマに適合させてインスタンスを変換するような設定が可能になる。InfoQではSchemaについて,PrismaticのJason Wolfe氏に話を聞いた。

  • LightTable IDEがオープンソース化

    Chris Granger氏がLightTable IDEのバージョン0.6リリースに伴い、オープンソースにした。このリリースではサードパーティのプラグインがサポートされた。InfoQはChris Granger氏にインタビューをした。

  • Facebook製UIライブラリ『React』の不変性をパワーアップさせる『Om』について

    Omは、Facebook製HTML UIライブラリ『React』向けの新しいClojureScriptインタフェースである。OmはClojure(Script)の永続データ構造と、Reactの描画機能を改善するためにrequestAnimationFrameを使用している。InfoQはアプリケーション開発において、Omおよび関数型プログラミングがもたらす恩恵について、Omの開発者であるDavid Nolen氏と対談した。

  • QConSF2013ハイライト - パート1

    Hyattの提供する魅惑的な施設で行われた3日間のカンファレンスには,どの日も講演や展示,アクティビティなどのスケジュールがぎっしり詰まっていて,どのトラックやイベントに参加するべきかの決断に迷うほどだった。

  • core.typed: Clojureにオプションの型システムを追加する

    core.typedは動的型付けのClojureにオプションとしての型システムを追加する。目指しているのは、Clojureの簡潔さと柔軟性に、型チェッカーが提供する安全性の保証を加えることで、両方の世界のいいとこ取りをすることだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。