BT

InfoQ ホームページ コード分析 に関するすべてのコンテンツ

  • CircleCIがAPIバージョン2をリリースし、Insightsエンドポイントを改善

    CircleCIは、そのAPIのバージョン2リリースでインサイトエンドポイントの安定性が向上した。インサイトエンドポイントを使用すると、ジョブとワークフローのステータスを追跡し、ジョブの期間を監視し、リソース消費を最適化する可能性を調査できる。

  • AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表

    最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。

  • Live Recorder: 非決定的データのキャプチャとリプレイを使用したC++、Rust、Goのデバッグ

    今年初めにUndoチームは、C、C++、Goアプリケーションを対象として、デバッグ目的で実行されたアプリケーション内のすべての非決定的データのキャプチャを可能にする、同社の”ソフトウェア・フライトレコーダ・テクノロジ”であるLive Recorder 5をリリースした。バグの調査および修正作業では、生成された記録によってその時間内のイベントの再生、後退、前進をサポートする。

  • DevOps考古学でプロダクションを理解する

    Continuous Lifecycle Londonで、Lee Fox氏は、今日の複雑なシステムとインフラを理解するのに役立つツールと手法について語った。彼はこれをDevOps考古学と呼んでいる。

  • 2.0リリースでクラウドへと向かうEclipse Code Recommender

    Eclipse Code Recommenders 2.0がリリースされた。リコメンデーションを拡張し,他ユーザのスニペットを取得する新しいクラウドソーシング機構に加えて,開発途中ながらJavaDocの"関連項目"コールの記述を動的ドキュメントによってアノテートするテクノロジも備えている。詳細は本文で確認してほしい。

  • NDepend5がコードのトレンド表示を可能に

    Patrick Smacchia氏は先日,NDepend 5.0を発表した。VS2013サポート,トレンド監視,新しいダッシュボード,UIの大規模な改修など,数多くの機能拡張が加えられた.NETコードアナライザの最新バージョンである。

  • エラーリストが静的コード解析の必要性を裏付け

    CとC++向けの静的コード解析ツールであるPVS-Studioを開発している、Program Verification Systemsが Chromium, TortoiseSVN, Apache HTTP Server, MySQLなどの人気のあるオープンソースプロジェクトで見つかった、プログラミングエラーの一部のリストを公開した。

  • JustCode Q3 - キーストロークを削減して生産性を向上

    JustCode Q3は、頻繁に使用するタスクを自動化することにより開発者のコーディング量を最小化し、生産性を向上させる。

  • NDependとLINQを使ってコードを分析する

    NDependは、彼らの主要な製品である静的コード分析の新しいバージョンをリリースした。NDepend 4は、Code Query LINQ、NDepend.API、そしてVS 2012サポートを提供する

  • Sonar Quality Dashboard 3.0: 新しい商用版とDeveloper Cockpit

    Sonar Quality Dashboard バージョン3.0がリリースされた。これには商用版と、自分のコミットがプロジェクト品質にどんな影響を与えているかわかる新しいプラグインが含まれている。

  • Coverity: オープンソースコードの不具合件数は商用コードを下回る

    Coverityの調査結果によれば、静的解析を用いたオープンソースコードの不具合件数は商用コードの件数をおおむね下回るが、同一規模のコードで比較した場合は同様の件数になるという。

  • デザイン、プランニング、アーキテクチャツールに対するJolt Award 2011

    1990年からDr. DobbのJolt Product Excellence Awardsは、5部門でのソフトウエア産業の代表に毎年授与される。10月26日Jolt審議会は、“デザイン、プランニング、アーキテクチャツール”でカテゴリの2011年のアワードをアナウンスした具体的には、Paradigm for UML、Restructure 101、Requirements Center 2010がJoltの殿堂に追加された。

  • MITがオブジェクト指向プログラマーに神託をもたらす

    最近のMIT newsの記事で、オブジェクト間の接続を自動的に記憶する技術が紹介されている。紹介されているシステムが決定するのは、大きなソフトウェアプロジェクトで、いかにオブジェクトがやりとりするかを決定して、後から来たオブジェクトに、特定タイプの機能を設計するのに、どのオブジェクトが必要となるのかを知らせることができる。

  • いつもコードが悪いのか?

    ソフトウェアプロジェクトの失敗には、様々な理由が挙げられる。プロジェクトが失敗するのは間違った要求のためであったり、コストとスケジュールが超過したためであったりする。単にマネジメントが悪かったと言って失敗するプロジェクトはほんの少しだ。根本原因の分析をした場合に、すべての失敗したプロジェクトは、不完全なコードが主な元凶になるだろうか? いつもそうだろうか?

  • Sonar 2.4: アーキテクチャ制約ルールとMaven 3のサポート

    オープンソースのコード品質管理ツールである Sonar の最新バージョンは、アーキテクチャ制約ルールとカスタムなダッシュボードをサポートする。SonarSourceチームが最近、この製品のバージョン 2.4をリリースした。Maven 3のサポートとSonarプラグインをインストールし、アップグレードするアップデート センターも含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。