BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Containers に関するすべてのコンテンツ

  • Java InfoQ トレンドレポート — 2021年12月

    この記事では、InfoQ Java 編集チームとさまざまな Java チャンピオンにより、2021年の Java および JVM 分野のテクノロジーの採用と新たなトレンドを現在どのように見ているかについてまとめます。

  • シリーズ記事: Javaによるマイクロサービスの構築

    このシリーズの記事では、Java言語を使用してマイクロサービスベースアーキテクチャを構築する最先端の技術について説明します。Spring BootやDropwizardなどの人気のある大物と並んで、Quarkus、Micronaut、Helidonなどの新しいフレームワークが勢いを増しています。これらのフレームワークは、2016年にMicroProfileがJavaコミュニティに導入された後に登場しました。

  • Kubernetesでの分散システムの進化

    3月のQConで、RedHatのプロダクトマネージャであるBilgin Ibryam氏が、Kubernetesを使用した分散システムの進化について講演しました。あなたはそれに対する答えを持っているかもしれません、そしてIbryam氏もそれを持っています。記事の終わりに、あなたは彼の答えがどのようになるかを知るでしょう。

  • Kubernetesはプラットフォームではなく、基盤に過ぎない

    この記事でManuel Pais氏が論じるのは、多くの企業がKubernetesを社内プラットフォームの単なる技術的基盤ではなく、プラットフォームそのものだと見ていることです。Kubernetesの導入に成功するには、プラットフォームはプロダクトであるという考えの下で、プロダクト同様のチーム構造を確立し、開発チームなどの認知的負荷を低減する必要があります。メトリクスは、その道案内の役割を果たしてくれます。

  • 専門家が論ずるKubernetesのトップトレンドと運用上の問題

    Kubernetesの急進展は、文化面、技術面、運用面での課題をもたらしています。InfoQでは今回、何人かのKubernetesの専門家と実装者を招いて、このプラットフォームのトップトレンドや直面する課題について語ってもらいました。

  • Arm CPU対x86 CPU - クラウドでのパフォーマンス分析

    この記事では、筆者がAWSのArm(Graviton2)とx86_64(Intel)それぞれのEC2インスタンスを使用して、DockerやNode.js、WebAssemblyといった、さまざまなソフトウェアランタイムの演算パフォーマンスを評価します。結論として、Armはクラウドにおいて、特に基盤となるオペレーティングシステムに近い軽量なランタイムでは、より費用対効果の高いことが分かりました。

  • Kubernetes Operatorの深層

    Kubernetes Operatorは、アプリケーションを簡素化する開発者や、システムの複雑さを軽減するDevOpsエンジニアにとって魅力的な提案になる可能性があります。ここに、Operatorをスクラッチから作成する方法があります。

  • プログラミングの再考: クラウド時代のアプリケーション開発者のための言語とプラットフォーム

    Ballerinaはオープンソースのプログラミング言語だ。クラウドネイティブなアプリケーションを作成するために必要な抽象化、ツール、プラットフォームを提供することにより、生産性を改善することにフォーカスしている。

  • Crossplaneで構築する独自のPaaS - Kubernetes、OAM、コアワークフロー

    InfoQは先頃、Upboundの創業者兼CEOのBasam Tabbara氏と会って、複数のクラウドベンダやオンプレミスインフラストラクチャにまたがるアプリケーションプラットフォームの構築について話すことができました。Crossplaneはオープンソースのクラウドコントロールプレーンで、任意のインフラストラクチャあるいはクラウドサービスをKubernetesから直接管理することができます。

  • APIゲートウェイの過去、現在、そして未来

    エッジは単純なハードウェアロードバランサとして始まり、APIゲートウェイやコンテンツ配信ネットワーク、ロードバランサを構成する、ハードウェアとソフトウェアプロキシのフルスタックへと進化しました。今回の記事では、アプリケーションアーキテクチャとワークフローの進化をもとに、データセンタエッジの進化の軌跡を追ってみたいと思います。

  • マルチランタイム・マイクロサービスアーキテクチャ

    ”マイクロサービス”アーキテクチャと”12-factorアプリ”設計に関するベストプラクティスが現れました。クラウド、コンテナ、コンテナオーケストレータ(Kubernetesなど)の普及により、共通的な統合原則に対処する新たなソリューションが現れたのです。この記事では、”メカ”コンポーネントを使用してマイクロサービス用のエンタープライズ統合パターンを提供するアプローチについて論じます。

  • API Gatewayとサービスメッシュがアプリケーション最新化へのドアを開く

    アプリケーションの動作する下位インフラストラクチャからアプリケーションを切り離す”最新化”には、イノベーションの実現、コスト削減、セキュリティ向上などのメリットがあります。API Gatewayはアプリケーションの外部ユーザからの分離を、サービスメッシュは内部ユーザ相互の切り離しを、それぞれ可能にします。

BT