BT

InfoQ ホームページ developerWorks に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • ビジネスエンティティとビジネスエンティティ定義言語の導入

    新しいdeveloperWorksの記事 - Data4BPM - はビジネスエンティティを用いたプロセスの全体的なデザインと実行に対して2つの新しい標準、ビジネスエンティティ定義言語(Business Entity Definition Language、BEDL)とBPEL4Dataを提案している。

  • セマンティックなサービス構築にCommon Information Modelを使う

    サービスの相互運用性のために、セマンティックなメッセージングの重要性に関する記事が、いくつもあるにも関わらず、業界固有のCommon Information Modelを使うための実用的なガイドは、殆ど無い。Gandhi Sivakumar と Ram Viswanathanの両氏による、新しいDeveloperWorksの記事は、その隙間を埋めようとしている。

  • XML および Web サービス実装時の一般的な3つの過ちを回避する

    IBM の Kyle Brown 氏は、多くの人たちが「Web サービスおよび XML の不適切な使用によって自ら落とし穴にはまっている」という警告で彼の解説を始めている。Kyle 氏は彼の解説の中で一般的な3つの問題点について言及し、なぜそれらが発生するのか、そしていくつかの代替手段について説明している。

  • SOAの教訓をWeb 2.0に生かす

    IBMの有名エンジニアKyle Brown氏とRachel Reinitz氏が新しく書いた記事は、現在のWeb 2.0のアプローチについて触れるとこから始まっている。

  • Google App EngineとiPhoneの統合

    システム設計における最新の課題は、クラウドコンピューティングから携帯モバイルデバイスに至るプラットフォームのスペクトルをどう扱うかである。DeveloperWorksの新しい記事がGoogleのApp EngineとiPhoneを統合することで、それを実証している。

  • SOA設計における情報の考え方

    Brian Byrne、David McCarty、Guenter Sauter、Peter Worcester、John Klingは発表したばかりの論文の中で、SOAの設計における情報の考え方を説明するパターンと機能一式を紹介している。この5人のアプローチにより、SOAソリューションの技術上、ビジネス上の目的を最適に支援する以下のようなやり方で、情報が活用されることが確実になる。

  • SOAを目的にCOEを設立する

    センター・オブ・エクセレンス(COE)は、新しいアーキテクチャや技術、アプローチなどを上手に導入する方法として実績をあげている。多数の企業のEAI/B2B実装では、その成功にCOEが役立ってきたことが証明されている。Ravi Subramaniam氏は最近、SOAを目的にCOEを設立するプロセスを探究した。

  • WebサービスのMock

    Webサービスのテストアプローチについては、以前InfoQで取り扱った。それらはWeb ServicesのMockを使用することで、最近拡張された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。