BT

InfoQ ホームページ DevOps に関するすべてのコンテンツ

  • レッドハットでのOpenJDKの未来

    レッドハットは、OpenJDK開発の開始時から第一線に居続けている。Rich Sharples氏が、プロジェクトへの関与と、次に来ることを説明する。

  • Google、機械学習のデプロイを簡単にするAI HubとKubeflow Pipelinesを発表

    Googleがプロプライエタリとオープンソースの2つの新しいツール、AI HubとKubeflow Pipelinesを立ち上げている。どちらも、データサイエンティストが機械学習アルゴリズムを設計、立ち上げ、追跡するのを支援するものだ。

  • エンジニアのためのDevOpsにおけるテストについて、Katrina Clokie氏とのQ&A

    ウェリントンで開催されたDevOpsDays NZは、エンジニアがDevOpsで活用できるテストスキルと強大な力に関するKatrina Clokie氏のキーノートで幕を閉じた。 『A Practical Guide to Testing in DevOps』の著者が、テスト現場で見てきた変化と、これがDevOps原則を受け入れる動きにどう影響するのかをInfoQに語った。

  • Uberのビッグデータプラットフォームが100ペタバイト超の規模に至るまで

    Uberのエンジニアリングチームは、同社のビッグデータプラットフォームが、リレーショナルデータベースを使用した旧来のETLジョブから、HadoopとSparkをベースとするものへと発展した状況に関する記事を書いた。スケーラブルな取り込みモデル、標準転��フォーマット、インクリメンタルアップデートのためのカスタムライブラリが、同社プラットフォームの主要なコンポーネントである。

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • Amazon、AWS GovCloud US-Eastリージョンを発表

    AmazonがAWS GovCloud (US-East) リージョンを発表した。これは隔離されたAWSリージョンで、FedRAMPのHighおよびModerateベースラインセキュリティコントロールを提供する。このリージョンは、連邦、州、地方政府機関、それらに従事するIT請負業者、規制のある業務に関わる顧客をターゲットとしている。

  • Micronaut 1.0への道 - JVMベースのフルスタックフレームワーク

    1年の開発期間を経たMicronaut 1.0への道程は、この3週間、Object Computing(OCI)がリリース候補RC1、RC2、RC3を公開することで勢いを増している。Micronautは、マイクロサービスベースのクラウドネイティブなアプリケーションをJavaやGroovy、Kotlinで記述可能な、JVMベースのフルスタックフレームワークである。OCIのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるGraeme Rocher氏が、Micronaut 1.0について説明してくれた。

  • Oracleが軽量JavaマイクロサービスフレームワークHelidonを公開

    Oracleは先頃、マイクロサービスベースのアプリケーション開発用にデザインされたJavaライブラリのコレクションであるProject Helidonを新たに公開した。HelidonはMicroProfileファミリに属し、MicroProfile 1.1仕様を実装している。Oracleの上級ソフトウェア開発マネージャであるDmitry Kornilov氏が、この新しいプロジェクトについて話してくれた。

  • トラック発表! Qcon London 2019(2019年3月4〜8日)

    QConがシティに戻ってきた。第13回の年次ソフトウェアカンファレンスが2019年3月4~6日、ロンドンで開催される。今年にカンファレンスのトピックが発表された。アーキテクチャ、カオス、JavaScript、パフォーマンスなど、盛り沢山だ。

  • GoogleがタスクキューサービスのCloud Tasksを発表

    Googleは、Google Cloud PlatformのApp Engineサービス用のタスクキューサービスであるCloud Tasksを発表した。アプリケーションからのタスクの非同期実行、サービスのデカップリング、長期実行型のバックグラウンドアクティビティ実装のサポートを実現する。

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

  • Google、マネージドCronサービスCloud Schedulerを発表

    GoogleはGoogle Cloud Platform (GCP) の新サービスとして、フルマネージドcronジョブサービスCloud Schedulerを発表した。これによりアプリケーションは、バッチ、ビッグデータ、クラウドインフラ操作を起動できるようになる。現在、このサービスはベータ版として利用可能だ。

  • Russ Miles氏の講演より - 無視されるアーキテクトとカオスエンジニアリング

    先日アムステルダムで開催されたEvent-Driven Microservices Conferenceで、Russ Miles氏は、アーキテクトにとって最大の課題は無視されることだ、と主張した。イベント駆動マイクロサービスのような優れたアイデアを持っていても、確かに素晴らしい、だが現状のニーズには複雑過ぎる、という反応をされることが多過ぎるのだ。

  • Facebookがログストレージ用分散データストアのLogDeviceをオープンソースとして公開

    Facebookは、社内使用していた分散ログストレージプロジェクトのLogDeviceを、オープンソースとして公開した。レプリケーションを使用した書き込み機能、堅牢なログストレージ、障害回復機能を提供する。

  • Payara FoundationがPayara ServerとPayara Micro 5.183をリリース、MircoProfile 2.0をサポート

    Payara Foundationは先頃、MicroProfile 2.0とJava EE 8のフルサポートを含み、多数の新機能やアップグレード、バグフィックスを備えた、Payara ServerとPayara Microのバージョン5.183をリリースした。新たな機能としては、MicroProfile APIとAdmin Consoleのアップデート、OpenID仕様のサポート、新しくなったアプリケーションデプロイメントディスクリプタスキーマなどがある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。