BT

InfoQ ホームページ DevOps に関するすべてのコンテンツ

  • InfoQ Live(2月16日開催の仮想イベント)で分散システムにおける可観測性を取り上げる

    InfoQ Liveが2021年2月16日に戻ってくる。これは、現代のソフトウェア実務家向けに設計された1日の仮想イベントである。今回の開催の焦点は、可観測性を分散システムアーキテクチャに統合する使用する、実用的な方法を発見することである。2月16日の午前9時EDT/午後3時CESTに参加してください。19.95ドルのみで登録できる。

  • プライバシーを保護するコンタクト追跡ソリューションを可能にする Secure Multiparty Computatio

    現在のCOVID-19パンデミックは、さまざまな暗号化アプローチに基づいて、コンタクト追跡アプリを実装するためのいくつかの取り組みを促進している。InfoQは、暗号とセキュリティのHashiCorpプリンシパルプロダクトマネージャであるAndy Manoske氏と話をし、Secure Multiparty Computationと、さまざまなソースからの個人データのプライバシー保護分析を可能にする方法について学んだ。

  • .NETのOverOps: Tal Weiss氏とのQ&A

    2020年1月、OverOpsは、.NETエコシステムへのサポートを拡大すると発表した。OverOpsは、開発者が実行時にコードを分析および最適化できるようにする継続的な信頼性プラットフォームだ。InfoQは、OverOpsの共同創設者、CEO、およびCTOであるTal Weiss氏に、エンジニアがOverOpsを使用することでどのように利点を得ることができるか、および.NETのプロダクションデバッグプロセスを自動化する将来についてインタビューした。

  • AWSが新しいサービスを発表:Amazon S3 Storage Lens

    AWSは、Amazon S3 Storage Lensと呼ばれる新しいサービスを発表した。このサービスにより顧客は、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティの傾向を組織全体で可視化できる。このサービスにより、S3 Object Storageのインストールを通して何が起こるかを把握できる。

  • Moogsoftが仮想ネットワークオペレーションセンタ機能を追加

    AIOpsプラットフォームベンダであるMoogsoftは、テクノロジーチームが仮想ネットワークオペレーションセンタ (NOC) を構築する機能を備えたMoogsoft Enterprise 8.0のリリースを発表した。Moogsoft Enterpriseは、テクノロジーチームがノイズを減らし、インシデントに優先順位を付け、エスカレーションを減らし、稼働時間を確保できるようにすることを目的として、監視ツールを統合する。

  • DevTestOpsプラットフォーム Mabl によるシフトレフトテスト

    開発ライフサイクルの「早期にテストし、頻繁にテストする」および「できるだけ早期にテストする」という考えに対して、シフトレフトテストはよく知られているアプローチだ。最近、シフトレフトテストとCI/CDの組み合わせにより、DevTestOpsと呼ばれるDevOpsへの新しいアプローチが活発になっている。InfoQは、DevTestOpsプラットフォームメーカ mablの共同創設者であるDan Belcher氏と話をした。

  • Googleが新しいサーバーレスデータベース移行サービスを開始

    最近、Googleはプレビューで新しいサーバーレスデータベース移行サービス(DMS)を発表した。このサービスは、オンプレミスまたはクラウド上のセルフホストのMySQLデータベース、および、他のクラウドのマネージドデータベースから、Cloud SQL for MySQLへの移行をサポートする。

  • Puppetが2020年のDevOpsレポートをリリース

    PuppetがリリースしたState of DevOps Report 2020では、セルフサービスと効果的な変更管理手法のための内部プラットフォームが、組織にとってDevOpsの進化の階段を上る鍵であったことが明らかにされている。ソフトウェアデリバリパイプラインのセキュリティインテグレーションも重要な役割を果たしている。

  • JakartaOne Livestream 2020の注目はJakarta EE 9とMicroProfile 4.0

    2年目を迎えたJakartaOmne Livestream仮想カンファレンスが、Jakarta EE 9およびMicroProfile 4.0の公式GAリリース後の2020年12月8日に予定されている。12の1時間セッションの最初は、東部標準時間の午前6:00に開始される。Jakarta EEとMicorProfileの話題を中心としたこれらのセッションには、基調講演、15分のテーマスロット、Javaにおける著名人がホストを務めるパネルディスカッションが含まれている。

  • GoBGPとOpen vSwitchを使用したスケーラブルなネットワーキングモデルへのDigitalOceanの道のり

    DigitalOceanのネットワークエンジニアリングチームは、Open vSwitch(OVS)やその他のツールを使用して、クラウド内の仮想マシンへのトラフィックをレイヤー2からレイヤー3ベースのルーティングモデルに切り替える取り組みについて書いた。

  • MicrosoftがAzure Cosmos DBおよびその他の機能の新しい価格設定モデルオプションを発表

    2020年のBuildオンラインイベントで、Microsoftは、スパイクの多いワークロードに最適で、既存のプロビジョニングされたスループット価格設定モデルを補完する、「サーバレス」と呼ばれるAzure Cosmos DBの新しい消費ベースの価格設定モデルを発表した。

  • SplunkがSignalFx APMの新しいリリースをローンチ

    機械生成されたビッグデータを検索、監視、調査するためのプラットフォームであるSplunkは、アプリケーション監視ツールSignalFx Microservices APM™の新しいリリースをローンチした。新しいリリースでは、NoSample™トレース、オープンスタンダードベースの計測、およびSignalFxとOmnitionからの人工知能 (AI) 主導の指示されたトラブルシューティングを1つのソリューションに組み合わせている。

  • Alcideの新しいsKanコマンドラインツールがKubernetesデプロイメントファイルをスキャンする

    KubernetesセキュリティプラットフォームのAlcideは、開発者、DevOps、KubernetesアプリケーションビルダがAlcide Security PlatformにアクセスできるようにするコマンドラインツールであるsKanのリリースを発表した。sKanを使用すると、開発者はCIパイプライ��を含むアプリケーション開発ライフサイクルの一部としてKubernetes構成ファイルとデプロイファイルをスキャンできる。

  • InstanaがContext Guideを発表

    マイクロサービス向けのオートアプリケーションパフォーマンス管理 (APM) ソリューションのプロバイダであるInstanaは、Dynamic Graphと呼ばれる同社の基盤となるシステムモデルへのGUIベースのアクセスを提供するInstana Context Guideを発表した。Instanaのソリューションは、アプリケーションサービスコンポーネントとクラウドインフラストラクチャーを含むアプリケーションインフラストラクチャを検出する。

  • AWS が Amazon Managed Service for Grafana と Amazon Managed Service for Prometheus を発表

    re:Invent 2020の最新の発表の1つで、AWSはAmazon Managed Service for Grafanaのプレビューを紹介した。これは、自動バージョン更新とセキュリティパッチを使用して、コンピューティングとデータベースインフラストラクチャを自動的にスケーリングするマネージドGrafanaだ。AWSはさらに、Amazon Managed Service for Prometheusのプレビューも導入した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。