BT

InfoQ ホームページ EAI に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Ericssonにおけるテレコムソフトウェアの継続的デリバリー

    近年、テレコム業界は、DevOpsの原則とツールの導入により、サービスデリバリープロセスを変えている。ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summit 2017におけるEricssonの講演、ならびに、彼らの継続的デリバリーに関するペーパーは、彼らが直面した課題とその克服方法について説明している。

  • MicrosoftのWindows Azureアプリケーション統合サービスプレビュー

    2011年12月後半、Microsoftは、Windows Azure Service Bus EAI Labsとラベル付けされた一覧のサービスのプレリリースをアナウンスした。既存のWindows Azure Service Busへのこれらの拡張は、メッセージルーチンルール、プロトコルブリッジ、メッセージ転送サービス、接続性により、(クラウド)アプリケーションからオンプレミスの基幹業務システムへの接続を容易にする。

  • イノベーションの促進役としての EA

    Lockheed Martin 社のシニアフェローである Melvin Greer 氏は, Government Computer News (GCN) でのインタビューを始めとする多くの発言を通じて,エンタープライズアーキテクトたちに対して,イノベーションの実現者として EA を推進するように求めている。InfoQ では,エンタープライズアーキテクチャに対して氏が持つビジョンと,それが IT とビジネスの関係に与える影響を明らかにすべく,氏にインタビューを行った。

  • ZapThinkが考える次の10年でのエンタープライズITのトレンド

    先日、Zapthink 2020が、次の十年でエンタープライズITをかたちづくるトレンドや転換を説明するためのZapthinkの概念フレームワークとして発表された。Jason Bloomberg氏(Zapthink LLCのマネージングパートナー)は、Zapthink 2020の出自をInfoQに語ってくれた。

  • CBDI-SAEリファレンス フレームワークは、進化し続けている

    CBDIが2010年9月の Journal Reportで CBDI-SAEのリファレンス フレームワークの歴史と進化について述べている。 CBDI-SAEのリファレンス フレームワークは、この数年、イベント駆動アーキテクチャ(EDA)、リアルタイム ビジネス インテリジェンス(BI)そしてクラウド アーキテクチャ パターン、更に継続的改善ベースにしたプロセス原則を取り入れることによって、進化してきた。

  • トップダウン対ボトムアップなSOAの論争が再燃

    SOAコミュニティで長い間静かだった、SOAへのトップダウン対ボトムアップのアプローチについての議論が、最近再び始まった。それは、オープンソースのESB開発会社であるMuleSoftが管理コンソールのリリースを公表した際に、SOAの管理哲学にボトムアップなアプローチをサポートする、と言ってから始まった。

  • SOAは統合と同等?

    SearchSOAのJack Vaughn氏の報告によれば、先日行われたGartner AADI SummitでYefim Natis氏が「SOAは統合」と主張したそうだ。公正を期して言うなら、Natis氏はSOAと統合の同一視を意味したわけではない。

  • NokiaがSilverlightを検討

    NokiaはMicrosoft Silverlight 2.0をSymbian OSを実行するS60の携帯電話、Series 40デバイスおよびNokia Internetタブレットでも使用可能にすると発表した。Silverlightは、複数のプラットフォーム上で実行されるリッチでインタラクティブなアプリケーションを作成する機会をデベロッパに提供する。

  • 消費者とサービス提供者を直接やりとりさせてはいけない

    誰かがWebサービスを開発しているからといって、その人がSOAの原則に従っているとは限らない。同じことがRESTにも当てはまる。HTTPとHTMLを使っているからといって、RESTの仲間入りをしたとは限らず、RESTの仲間入りをしたからといってHTTPとHTMLを使っているとも限らない。しかしながら、Ron Schmelzer氏は「統合中心の技術者」に堂々と非難を向けている。

  • XMPPはクラウドサービスの将来像か?

    プッシュアーキテクチャ対プルアーキテクチャの議論が再び活発になってきている。この発端は、Jive SoftwareのCTOであるMatt Tucker氏が、次のように、XMPPのプッシュベースアプローチがクラウドサービスの将来像であると宣言したことだ。

  • Steve SloanがBizTalk Server2006 R2について語る

    InfoQはMicrosoftのSOAストラテジーに関連するリリースにおける見解を得るため、BizTalk ServerチームのシニアプロダクトマネジャーであるSteve Sloan氏と話をする機会を得た。

  • マッシュアップはEAI2.0になり得るのか?

    Enterprise Application Integration(EAI)は異なるアプリケーションを通してデータとプロセスを統合することを意味しておりまたそれはIT部門にとって設計上の支障となってきた。 通常、EAIは間違いが許されることなくしかも割高で複雑また高度な技術を要する作業であると見られてきた。EAIの基礎理論はインテグレーションがハブとスポーク、またはバスアーキテクチャを使用してバックエンド上で実行されるというものだ。しかし最近 Web 2.0マッシュアップを通したインテグレーションが可能なマッシュアップツールに関するベンダーの声明を多々耳にしている。

  • マイクロソフトがESBガイダンスのCTP3を発表

    マイクロソフトは新たなるESBガイダンス(CTP3)をリリースする。ESBガイダンスはBiz Talk Server 2006 R2上で作動しまたESP機能(ルーティング、変換、評価)を提供するのにWCFを利用する。

  • SAP NetWeaver Process Integration v7.1: 新たなアーキテクチャと進化したSOA機能

    SAPは現在SAP NetWeaver Process Integration プラットフォームの最新バージョンの発売に向けてラストスパートをかけているようだ。プロダクトマネージャーのSindhu GangadharanはSAP NWIP v7.1が来月発売されると述べている。このプラットフォームはSAPそして非SAPユーザー達のインテグレーションニーズを満たすために作られている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。