BT

InfoQ ホームページ ESB に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがBizTalk Server 2016用のFeature Pack 1をリリース

    2017年4月26日、MicrosoftはBizTalk Server 2016 Feature Pack 1をリリースした。BizTalk Server用に始めて提供されるこのFeature Packでは、Deployment、Analytics、BizTalk Runtimeの各領域で新機能が提供されている。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • マイクロサービス,DevOps, PaaSが最新のJava EEアーキテクチャに与える影響

    InfoQはDevoxx BEカンファレンスでRed HatデベロッパアドボケートのMarkus Eisele氏に会い,大規模な企業組織内でのマイクロサービスアーキテクチャ採用についての考えを聞くことができた。会話の内容は主に,氏が先日,O'Reillyからリリースしたミニブック “Modern Java EE Design Patterns: Building Scalable Architecture for Sustainable Enterprise Development”に関するものだった。

  • Mulesoftの新しいAPIプラットフォーム

    Mulesoftはクラウドとオンプレミスのサービスを開発、配置、統合を行うAnypoint Platformを発表した。InfoQはMule Summitツアーの間、MulesoftのCTOであるRoss Mason氏この新しいプラットフォームについて話を聞いた。氏はオープンソースのMuleプロジェクトの創始者だ。

  • ESBツーリングを強化したWSO2 Developer Studio 3.0と3.1

    WSO2 Developer Studio 3.0と3.1はESBとレジストリリソースエディタツールが改善され、性能が良くなった。また、Eclipse Juno SR2をベースにしており、JAX-RS RESTコード生成をサポートする。

  • SOA Gateway:ESBに代わるライトウェイトでローコストなゲートウェイ

    Jaime Ryan氏は、ComputerWorldの記事の中で、ESBの代わりにライトウェイトでローコスト、使いやすく現代的なSOA Gatewayを推奨している。SOA Gatewayは、典型的なESBの機能的要求を実現するだけでなく、非機能的能力も追加されている。InfoQは、この理論の背後にある詳細な分析を明らかにするためにJaime Ryan氏に話を聞いた。

  • APIが苦痛になることもある

    Subbu Allamaraju氏は自身のブログへの投稿で、現在のAPI利用の問題について提起し、クライアント要求に対してAPIを調整する責任のある追加の層を導入することを提案している。

  • MuleSoftが次世代の統合Platform-as-a-Serviceをアナウンス

    数週間前、MuleSoftは、Mule iONと言われる新しい Integration Platform-as-a-Service (iPaaS)が入手できる、とアナウンスした。このiPaaSには、すぐ使用できるコネクタが一緒で、SaaSソリューション、クラウドサービス、ソーシャルメディア プラットフォームと統合できる。Mule iONは、また企業がこれらのAPIや統合シナリオにアクセスするためのセキュアなゲートウェイも提供している。

  • Mule ESB 3.1がリリース

    今週、MuleSoftは、エンタプライズ サービスバス、Mule ESBのバージョン3.1をリリースした。Mule 3.0は、9月にリリースされ、唯一の大目標が「全てを簡単にして、Mule 3をもっと多くの人に使ってもらう」ことだった。 Mule 3.1は、Mule Cloud Connect、Mule FlowとBPMに焦点を当てて、更に単純化した

  • OSGiはJavaミドルウェアにとっての正しい基盤なのだろうか?

    MuleSourceの創業者Ross Mason氏はOSGiに対して不満を漏らした:"OSGiはミドルウェアベンダにとっては偉大な仕様ですが、エンドユーザにとってはひどい仕様です。" 彼はOSGiを開発者から完全に不可視にすることがあまりに難しいため、まだ開発者が使う準備が整っていない、と論じている。

  • トップダウン対ボトムアップなSOAの論争が再燃

    SOAコミュニティで長い間静かだった、SOAへのトップダウン対ボトムアップのアプローチについての議論が、最近再び始まった。それは、オープンソースのESB開発会社であるMuleSoftが管理コンソールのリリースを公表した際に、SOAの管理哲学にボトムアップなアプローチをサポートする、と言ってから始まった。

  • SOA 実装への実践的アドバイス

    Ganesh Prasad 氏は新たなブログポストで,SOA 実装に関するもっとも複雑な問題の解説に取り組み,それを解決するための提案を行っている。

  • MuleSoftがTomcatベースのTcat Serverおよび統合フレームワークiBeansをリリース

    MuleSoft(旧MuleSource)によるApache TomcatベースのアプリケーションサーバTcat Serverが今日(2009年10月8日)リリースされた。InfoQはMuleSoftのMahau Ma氏、Greg Schott氏、Ross Manson氏と話す機会を得て、Tcat ServerおよびiBeansと呼ばれる新しい統合フレームワークのことを聞いた。

  • NServiceBus Version 1.9のリリース

    以前Udi Dahan氏(NServiceBusの作成者)とのインタビューでInfoQが取り上げたNServiceBusは、バージョン1.9がリリースされた。

  • Federated Service Bus 基盤のモデル

    Jack Van Hoof氏は、Federated Service Bus基盤がどのようにモデルとなるのか規範的ガイダンスを提示した。それにより、関係企業が求める彼らのレベルのさまざまな部門で受け入れられた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。