BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 暗号化 に関するすべてのコンテンツ

  • IBMの将来的な暗号化テクノロジの柱

    先日のウェビナでIBMは、機密暗号化、量子安全暗号化、完全準同型暗号化など、同社が開発を手掛ける暗号化技術に関する最新情報を取りまとめて報告した。

  • Google Cloudが唱えるクラウドトラスト・パラドックス

    Google Cloudは先頃、クラウドプロバイダを信頼する方法についての3編からなる技術記事シリーズを公開し、顧客の信頼やセキュリティキー管理といった概念や、暗号キーをクラウドから離す必要の生じるシナリオについて解説した。

  • Lets Encryptの5年間

    5年前、非営利団体は、TLS証明書の自動プロビジョニングを通じて、デフォルトでWebサイトの安全性を高めることを目的として、公開認証局を設立した。 5年後、Lets Encryptは独自のトップレベルルートCAを組み立てている。これは来年デフォルトで提供される。しかし、一部の古いAndroidバージョンでは使用できない。

  • プライバシーを保��するコンタクト追跡ソリューションを可能にする Secure Multiparty Computatio

    現在のCOVID-19パンデミックは、さまざまな暗号化アプローチに基づいて、コンタクト追跡アプリを実装するためのいくつかの取り組みを促進している。InfoQは、暗号とセキュリティのHashiCorpプリンシパルプロダクトマネージャであるAndy Manoske氏と話をし、Secure Multiparty Computationと、さまざまなソースからの個人データのプライバシー保護分析を可能にする方法について学んだ。

  • IBM Fully Homomorphic Encryption ToolkitがLinuxでも利用可能に

    macOS、iOS、Android版の提供から数週間を経て、IBM Fully Homomorphic Encryption Toolkitが、UbuntuやFedora、CentOSなどのx86プラットフォーム、さらにはIBM自身のZアーキテクチャ用Ubuntuといった、さまざまなLinuxディストリビューションにもインストールできるようになった。

  • IBM Fully Homomorphic Encryption ToolkitがMacOSとiOSで利用可能に

    IBMのFully Homomorphic Encryption (FHE) Toolkitの目的は、開発者がFHEを自らのソリューションに導入できるようにすることだ。暗号化されたデータを直接操作可能にするFHEには、高度に規制された産業におけるデータセキュリティとプライバシを劇的に変える影響力がある、とIBMは言う。

  • Java 8にバックポートされたTLSの改善

    Application Layer Protocol NegotiationがJava 8で利用可能になったことで、ソフトウェア所有者はJavaの新しいバージョンがなくてもHTTP/2経由で通信できるようになった。

  • Adiantumによりローエンドのスマートフォンでディスク暗号化が可能に

    Adiantumは、ローエンドのスマートフォン、スマートウォッチ、およびその他のAndroid Pieデバイス用の新しい暗号化アルゴリズムである。それらおデバイスのストレージ暗号化にAdvanced Encryption Standard(AES)標準を使用すると処理時間がかかりすぎる。

  • 構成情報管理SaaSプラットフォームのConfigがプライベートベータを開始

    Configは、構成ファイル管理を目的とする、新しいSaaSサービスだ。Bien David氏が2017年に創立した同社は、システムやアプリ、モジュール、環境、サーバインスタンスが使用するコンフィギュレーションの保管とアクセスの簡略化を目標とする。InfoQはConfigを運営するチームに、同サービスが解決する3つの問題について詳しい説明を聞くことにした。

  • W3CがDRMを勧告として採択

    メンバによる採決の結果、World Wide Web Consortiumは、EME(Encrypted Media Extensions)を正式な勧告として採用し、クローズドソースのDRM(Digital Rights Management)を公式仕様とした。この結果、EFFはW3Cから撤退した。

  • Stack OverflowがデフォルトでHTTPSに

    StackOverflowのアーキテクチャリードであるNick Craver氏はブログでStackOverflowがHTTPSへ移行したことを発表した。多くのドメインのサポート、URLの移行、ユーザーが作成したコンテンツ、厳しい性能要件を満たすことなど、移行には技術的な課題があった。

  • Googleがクラウドベースの暗号鍵マネジメントサービスを公開

    Googleは、Google Cloud Platform(GCP)の新たなサービスとして、秘密鍵暗号方式の鍵の作成、使用、ローテーション、破棄を可能にするサービスを発表した。新しいCloud Key Management Service(KMS)はGoogleのCloud Identity Access ManagementおよびCloud Audit Loggingと統合されているが、KMSを利用して管理されているキーは独立して利用することが出来る。

  • HTTPSを推し進めるGoogle

    GoogleはセキュアでないサイトのChromeの機能を非推奨にしつつ、新しい機能をHTTPSだけサポートして、HTTPSをあまねく普及させたいようだ。

  • Lawyer.comがHTTP/2に対応

    顧客と弁護士をマッチするサイトであるLawyer.comはHTTP/2を導入したと発表した。InfoQはLawyer.comのCEOであり共同創業者であるGerald Gorman氏にインタビューし、技術について、マイクロサービスや軽量コンテナ、独自の検索エンジン、ソーシャルメディアについて話を聞いた。

  • 最新iOSアプリのセキュリティ事情

    Trail of BitsのCEOでセキュリティ専門家のDan Guido氏がQCon New York 2016で,iOSアプリのセキュリティ確保の方法を解説した。iOSのセキュリティ機構を正しく使用すること,脱獄されたデバイス上でアプリが実行される可能性を忘れないこと,などがその内容だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。