BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

rss
人のフォロワー

心理学の手法で見積もりを改善する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2016年10月16日 午後9時14分

バイアス、プライミング、サリアンスは見積もりの能力に影響を与える3つの代表的な心理要因だ。見積もりをしているときに心理的に何が起こっているのかを知ることは、これらの要因に対処して見積もりを改善するのに繋がる、と心理学の研究者であるJoseph Pelrine氏は言う。

人のフォロワー

複雑度を測定してソフトウェア品質を改善する

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2014年11月20日 午後6時43分

ソフトウェア複雑度はソフトウェアの品質とコストの直接的な指標だ。コードの複雑度が高ければ、そのコードの品質は低くなり、それを管理するコストは高くなる。複雑度の測定は、開発とテストのための見積もりや、品質向上と問題防止のためにリファクタリングが必要なところの判断に使うことができる。

人のフォロワー

リリースプランニングのためのアジャイルな見積もり

作者: Ben Linders フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2014年5月6日 午後4時20分

優先度付けや製品のリリース計画のためにアジャイルチームやプロダクトオーナーは見積もりを行う。見積もり、さまざまなレベルでさまざなな方法で行われる。

人のフォロワー

経験豊かなチームのためのより良い見積もり法はあるか

作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2010年11月1日 午後10時49分

ソフトウエアの見積もり結果はチームの割当や予算を考えるためにステークホルダにとって重要だ。アジャイルの世界で広く行われている手法はプランニングポーカー見積り法だ。この方法は合意に基づく手法だ。この方法は時間がかかりすぎるだろうか。経験豊かな実践者が採用できる他の方法はあるだろうか。

人のフォロワー

ユーザストーリー完了後の再見積は精度向上に有効か?

作者: Dan Puckett フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2010年9月28日 午後7時29分

Scrum Development メールリストの最近のスレッドで,Paul Battison 氏がひとつの質問を投げかけている。スプリントの終了後に完了したストーリーの再見積を行って,チームの速度 (Velocity) 評価に実際の成果を反映させることは適当だろうか,と問うものだ。

人のフォロワー

見積もりは無駄なプラクティスか?

作者: Mike Bria フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 沼田 暁子 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年8月21日 午前8時59分

ソフトウェアの「見積もり」に関する昔からある問題について、アジャイルコミュニティでは最近興味深い議論が起こっている。J.B.Rainsberger 氏、Arlo Belshee氏、Josh Kerievsky氏、David Anderson氏などは、「そもそも見積もりは本当に必要なのだろうか?」と疑問を抱いている。

BT