BT
前の記事 rss
人のフォロワー

AWSがServerless Application Model (SAM)の実装をオープンソース化し、機能を拡張

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午後10時49分

Amazon Web Services(AWS)は最近、Serverless Application Model(SAM)の実装をオープンソース化した。そして、CloudWatch Logsサブスクリプションフィルタ用の新しいイベントソースを追加した。これまでのリリースでは、Amazon API Gatewayを介してREST APIを設定およびデプロイするためのオプションの総合的な拡張が特徴であった。オプションとして、CORSヘッダー、リージョンエンドポイント、バイナリメディアタイプがサポートされている。

人のフォロワー

イベントは分散システムの将来を変えるか - Jonas Bonér氏のQCon Londonでの講演より

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月22日 午後10時11分

イベントには注目すべき理由がたくさんある — 自律性を向上し、安定性を高め、迅速な移行を支援し、タイムトラベルを可能にする — QCon London 2018で行われたプレゼンテーションでJonas Bonér氏は、現行のシステムをイベントがどう変えるかを説明する中で、このように述べた。

人のフォロワー

QCon London: 非同期イベントアーキテクチャにおけるアクタ導入の可否

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月22日 午後10時0分

マイクロサービスシステムにおける同期型の要求-応答通信は、場合によっては非常に複雑なものになるが、幸いにもイベントベースのアーキテクチャがこれを回避する手段になる — QCon London 2018でのプレゼンテーションで、Yaroslav Tkachenko氏はこのように主張し、イベントアーキテクチャでの自身の経験から、このアーキテクチャでシステムを構築する上でアクタを利用する方法について説明した。

人のフォロワー

AWSがServerless Application Repositoryを一般公開

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月11日 午前2時59分

re:Invent 2017以降の短いプレビュー期間を経て、Amazon Web Services (AWS)は新たにServerless Application Repositoryの一般提供を開始した。“AWSパートナ、企業ユーザ、独立系開発者が開発したサーバレスアプリケーションを共有するための理想的な場所”を自称するAWS Lambdaコンソールを使用して、サーバレスアプリケーションとコンポーネントを探索し、設定し、展開することが可能になる。

人のフォロワー

AxonDB - イベントストアの新たな実装

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月9日 午前1時51分

Axon FrameworkのサポートベンダであるAxonIQから先日リリースされたAxonDBは、トランザクションとプッシュベースのインベントパブリッシュをサポートした、イベントソーシング専用の新しいデータストレージだ。一定のパフォーマンスを保証するため、データ読み込みに特化したアーキテクチャを採用している — AxonIQによれば、膨大な数のイベントを格納しても、パフォーマンスは安定しているという。

人のフォロワー

O'Reilly Software Architecture Conference NYで発表されたイベント駆動型マイクロサービス

作者: Mark Little フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月22日 午前2時31分

過去にイベント駆動型マイクロサービスアーキテクチャについて議論したが、最近のO'Reilly Software Architecture Conference NYはThe New StackのJoab Jackson氏が報告したトピックに重点が置かれていた。

人のフォロワー

イベントソースシステムにおける過去と未来のイベント

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月16日 午前3時37分

Thomas Pierrain氏がある資産管理会社と新たなプロジェクトを始めた時、重要な要件のひとつとして、現時点で見ると疑問のある判断を下した理由を理解するために、時間を遡ることを可能にする、というものがあった。アムステルダムで先日開催されたDDD Europe 2018でPierrain氏は、時間軸的な課題を持ってイベントソースシステムを構築した自らの経験について論じた。

人のフォロワー

CQRSとイベントソーシングでシステムを構築する

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月12日 午前2時57分

CQRSとイベントソースシステムに関する議論の末にMichiel Overeem氏が達した結論は、イベントソースシステムに従事する人々の多くはそのシステムを理解せず、問題へのアプローチ方法も分かっていない、というものだ。これが氏にとってこの種のシステムを構築する方法を探求的に研究するきっかけになったと、氏は、先日アムステルダムで開催されたDDD Europe 2018カンファレンスで説明した。

人のフォロワー

イベントは開発者の第一級ツールであるべきだ

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月1日 午後9時29分

ソフトウェアシステムはイベントをもっと多用すべきだ — Randy Shoup氏は先日のブログ記事で、システムにおいてイベントが第一級市民であるべき理由について明言した。我々はイベントの持つツールとしての価値をしばしば過小評価している、と氏は考える。その一例が、システムの疎結合化に有効であり、各部分を独立して考えることを可能にすることだ。

人のフォロワー

Microsoft が Azure Event Grid の一般提供をアナウンス

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 5 人のフォロワー , 翻訳者 勇 大地 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月19日 午後9時38分

Microsoft は昨年8月に Event Grid を紹介したが、ついに一般提供された。 Azure Event Grid は開発者が Azure で統一された方法でイベントを管理できるサービスだ。

人のフォロワー

イベントはいかに現代のシステムを変えたか - Jonas Boner氏の講演より

作者: Srini Penchikala フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月18日 午前2時51分

Jonas Boner氏がイベント駆動サービスについて講演し、イベント駆動アーキテクチャ(EDA)とイベントストリーム処理(ESP)テクノロジが、分散システムを基盤とする現代的なアプリケーション設計において果たす役割について説明した。講演は先日のReactive Summit 2017カンファレンスで行われた。

人のフォロワー

イベントソースのマイクロサービスを設計する

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年11月21日 午前2時31分

イベントソースのマイクロサービスはまだまだ十分に研究されていない、と Greg Young 氏は先日の Microservies Conference µCon London 2017 で主張したが、彼はすべてのマイクロサービスがイベントソースとすべきであるとは限らない、ということも強調した。代わりに、彼は個別のサービスごとに検討し、実際に適しているサービスにイベントソーシングパターンを適用することを推奨した。

人のフォロワー

イベントアーキテクチャとイベントストリーミング

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月26日 午前1時55分

モノリシック・システムから分散あるいはマイクロサービス・システムに移行すると、たいてい、1つのデータベースにある信頼できる唯一の情報源から、複数のデータベース、すなわち信頼できる複数の情報源へと移行することになる。イベントアーキテクチャを使って、全てのイベントをストリームとして永続化することで、信頼できる唯一の情報源へと戻ることができる。イベントとKafkaの使用に関する一連のブログ記事の中で、Ben Stopford氏はそう主張する。

人のフォロワー

Vaughn Vernon氏はマイクロサービス内で不確実性をモデリングするためにリアクティブDDDを使用する

作者: Thomas Betts フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月12日 午後9時0分

マイクロサービスとリアクティブシステムは順不同な到着順、重複、喪失などのメッセージに関する不確定性をもたらす。これに対する対応の仕方はビジネス上の決断であるとVaughn Vernon氏は述べ、ドメイン駆動設計の概念を用いて対処するのが最善であるとした。

人のフォロワー

イベントアーキテクチャを選択する

作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年10月4日 午後11時58分

分散システムの設計において、おそらくはマイクロサービスに基づいたイベントアーキテクチャを検討する場合、利用可能なモデルとテクノロジはいくつかある。アーキテクチャの実装方法を選択する時、そのおもな要因は非機能要件である - さまざまなイベントアーキテクチャのスタイルを説明した先日のブログ記事で、David Dawson氏はこのように主張している。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT