BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Event Driven Architecture に関するすべてのコンテンツ

  • eBayは非同期API契約としてAsyncAPIを採用

    eBayは最近、外部の非同期API契約としてAsyncAPIを採用したことを発表した。2021年3月、eBayは、新しいビジネスイベント通知機能のための最初のAsyncAPIベースの契約を開始した。

  • Linux FoundationがAsyncAPIのホストを発表

    Linux Foundationは本日、Async API Initiativeをホストすると発表した。AsyncAPIの現在の成長をサポート可能な中立的プラットフォームの中で、個人や企業がAsyncAPIを進展させ、コラボレーションを育むためのフォーラムを提供する。

  • Hazelcast Jet 4.4がリリース - 4周年記念リリースについて、Scott McMahon氏に聞く

    Hazelcast Jetは先頃、バージョン4.0をリリースして、その4周年を自ら祝福した。通常のバグ修正やパフォーマンス向上に加えて、このバージョンでは、統合ファイルコネクタやSQLインターフェース初のベータ版など、新機能も提供されている。フィールドエンジニアリングを担当するテクニカルディレクタのScott McMahon氏に、今回の新リリースについて聞いた。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • GoogleがEventarcを一般向け提供としてリリース

    Eventarcは、Google Cloud Platform(GCP)で利用できるイベント機能である。この機能によって、顧客は60を超えるGoogle CloudソースからCloud Runにイベントを送信できる。最近のブログ投稿で、同社はEventarcの一般向け提供(GA)を発表した。

  • ConfluentがMicrosoftとの戦略的提携を発表

    Apache Kafkaを創設した企業であるConfluentは最近、Microsoftとの間の新しい戦略的提携を発表した。Confluent CloudとAzureプラットフォーム間のより統合されたエクスペリエンスを可能にするためである。

  • EventStoreDB 20.10がリリースされ、gRPCがサポートされ、セキュリティが改善

    EventStore LtdはEventStoreDB 20.10をリリースした。EventStoreDB 20.10は、Command Query Responsibility Separation(CQRS)およびEvent Sourcing(ES)パターンを利用したア��リケーションの構築を支援するプラットフォームのメジャーリリースである。

  • AsyncAPIとPostman Partner、非同期API用の新ツールを提供へ

    AsyncAPIとPostmanは、Postmanプラットフォーム上でAsyncAPI仕様をサポートする業務提携を発表した。それぞれの発表の中で両社は、今回の提携による非同期APIの開発促進に関して説明している。これを実現するのは、エンジニアの希望するプログラミング言語とフレームワークを使用した非同期APIの開発とメンテナンスを支援する、優れたツールの構築だ。

  • AWSがEventbridgeサービスにイベントリプレイとアーカイブ機能を導入

    Amazon EventBridgeはサーバレスイベントバスである。イベントソースからリアルタイムデータのストリームを配信し、そのデータをAWS Lambdaなどのターゲットにルーティングする。最近、AWSはイベントのリプレイおよびアーカイブ機能を追加した。これにより、開発者は過去のイベントをリプレイし、アプリケーションを新しい機能で拡張することができる。

  • GoogleがEventarcをプレビュー版で発表

    最近のブログ投稿で、GoogleはEventarcを発表した。これは、顧客が60を超えるGoogle CloudソースからCloud Runをトリガーできる新しいイベント機能である。Eventarcを使用すると、顧客はイベント駆動型アプリケーションを構築し、イベントの取り込み、配信、セキュリティ、承認、可観測性、およびエラー処理を扱うことができる。

  • Amazon Kinesis Data FirehoseでHTTPエンドポイントへのデリバリが可能に

    Amazon Kinesis Data Firehoseに先頃、ジェネリックなHTTPエンドポイントへのデータストリーミングのサポートが追加された。これにより、Amazon API Gatewayのサービス統合を通じて、新たなAWSサービスをデスティネーションとすることも可能になる。新機能の一部として、Datadog、MongoDB、New Relicなど、新たなサードパーティサービスプロバイダ用のインテグレーションも用意されている。

  • AWSがAmazon Timestreamの一般提供をリリース

    AWSは先頃、SQLを通して時系列データを公開するサーバレス専用データベースであるAmazon Timestreamの一般提供を発表した。Amazon Timestreamを使用すると、顧客は、最近のデータをメモリに保持し、ユーザ定義のポリシーに基づいてコストが最適化されたストレージ階層に履歴データを移動することで、時系列データのライフサイクルを管理する時間とコストを節約できる。

  • CamundaCon Live 2020: ハイライト

    今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、プロセスの自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、マイクロサービスのオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーとの統合に関する技術セッションが取り上げられた。

  • Confluent Cloud での Apache Kafka のための Infinite Storage と Retention

    Confluent, Inc. はこのほど、同社の標準および専用クラスタ向けの Infinite Storage オプションを発表した。この提供は、Kafka を最新のクラウド特性で実現することに焦点を当てた Project Metamorphosis イニシアチブの一環として行われる。組織は、すべてのイベントデータを一元化したプラットフォームで、無限のストレージと保持を備えたリアルタイムのアクションや履歴分析ができる。

  • Amazon EventBridge Schema RegistryがAWSで一般向けに提供開始される

    最近、Amazonは、Amazon EventBridgeサービスのSchema Registry機能の一般向け提供を発表した。Amazon EventBridge Schema Registryを使用すると、開発者はイベント構造(またはスキーマ)を共有の中央のロケーションに保存し、それらのスキーマをJava、Python、Typescriptのコードにマップできる。ゆえに、開発者はイベントをコード内のオブジェクトとして使用できる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。