BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Event Driven Architecture に関するすべてのコンテンツ

  • Apache Flink、Kafka、およびPinotを使用したUberでのリアルタイムの正確に1回のイベント処理

    UberEats に広告を導入した後、Uber はいくつかの困難に直面した。生成したイベントは、迅速、確実、正確に処理する必要があった。これらの要件は、広告イベントのストリームを正確に1回のセマンティクスでリアルタイムに処理する、Apache Flink、Kafka、および Pinot をベースにしたシステムによって満たされた。このアーキテクチャを説明する記事が最近 Uber Engineering ブログに公開された。

  • TriggerMeshのCloud Native Integration Platformがオープンソースとしてリリースされた

    先ごろ、クラウドネイティブ統合プラットフォームプロバイダの TriggerMesh は、Cloud Native Integration Platform がオープンソースになり、Apache Software License 2.0 で利用できるようになったと発表した。これにより、クラウドオペレーターと DevOps プラクティショナは、コードによる統合で自由にデプロイできるようにする。

  • NetflixがMQTTとAlpakka-Kafkaのイベントソーシングで信頼性が高くスケーラブルなプラットフォームを構築

    Netflixは先頃、MQTTベースのイベントソーシング実装を使用して信頼性の高いデバイス管理プラットフォームを構築する方法を詳しく説明したブログ投稿を公開した。Netflixは、ソリューションを拡張するために、Apache Kafka、Alpakka-Kafka、CockroachDBを利用している。

  • SlackのEメール分類

    Slackは先頃、Eメールアドレスが社内向けか社外向けかを判別可能なEメールアドレス分類エンジン(classification engine)の開発に関する詳細を公開した。Slackのエンジニアたちは、同社システム内におけるデータの、結果整合的でほぼリアルタイムな表現を利用したドリフト検出メカニズムを実装し、エラーを修正することによって、エンジン処理の正常性の維持を実現した。

  • MicrosoftがEvent Hubs Premiumのプレビューを発表

    Azure Event Hubsは、クラウドでの要求の厳しいビッグデータのストリーミングやイベント収集のニーズに対応すべく設計された、Microsoftのリアルタイムイベント収集マネージドサービスである。そのMicrosoftが毎年開催するBuildカンファレンスの期間中に、弾性と高いパフォーマンス、予測可能なレイテンシを必要とする、ハイエンドなイベントストリーミングシナリオに最適な新しいプロダクトSKUとして、Event Hubs Premiumの公開プレビューが発表された。

  • Amazon SNS、Amazon Kinesis Data Firehose経由でのメッセージのアーカイブと分析が可能に

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、Amazon SNSがAmazon Kinesis Data Firehoseサブスクリプションをサポートし、"カスタムコードを書く必要なく[...]データレイク(data lake)、データストア、およびアナリティクスサービス"へのメッセージ送信を可能にすると発表した。新たなイベント送信先が加わることで、サードパーティサービスプロバイダのインテグレーションも容易になる。

  • eBayは非同期API契約としてAsyncAPIを採用

    eBayは最近、外部の非同期API契約としてAsyncAPIを採用したことを発表した。2021年3月、eBayは、新しいビジネスイベント通知機能のための最初のAsyncAPIベースの契約を開始した。

  • Linux FoundationがAsyncAPIのホストを発表

    Linux Foundationは本日、Async API Initiativeをホストすると発表した。AsyncAPIの現在の成長をサポート可能な中立的プラットフォームの中で、個人や企業がAsyncAPIを進展させ、コラボレーションを育むためのフォーラムを提供する。

  • Hazelcast Jet 4.4がリリース - 4周年記念リリースについて、Scott McMahon氏に聞く

    Hazelcast Jetは先頃、バージョン4.0をリリースして、その4周年を自ら祝福した。通常のバグ修正やパフォーマンス向上に加えて、このバージョンでは、統合ファイルコネクタやSQLインターフェース初のベータ版など、新機能も提供されている。フィールドエンジニアリングを担当するテクニカルディレクタのScott McMahon氏に、今回の新リリースについて聞いた。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • GoogleがEventarcを一般向け提供としてリリース

    Eventarcは、Google Cloud Platform(GCP)で利用できるイベント機能である。この機能によって、顧客は60を超えるGoogle CloudソースからCloud Runにイベントを送信できる。最近のブログ投稿で、同社はEventarcの一般向け提供(GA)を発表した。

  • ConfluentがMicrosoftとの戦略的提携を発表

    Apache Kafkaを創設した企業であるConfluentは最近、Microsoftとの間の新しい戦略的提携を発表した。Confluent CloudとAzureプラットフォーム間のより統合されたエクスペリエンスを可能にするためである。

  • EventStoreDB 20.10がリリースされ、gRPCがサポートされ、セキュリティが改善

    EventStore LtdはEventStoreDB 20.10をリリースした。EventStoreDB 20.10は、Command Query Responsibility Separation(CQRS)およびEvent Sourcing(ES)パターンを利用したアプリケーションの構築を支援するプラットフォームのメジャーリリースである。

  • AsyncAPIとPostman Partner、非同期API用の新ツールを提供へ

    AsyncAPIとPostmanは、Postmanプラットフォーム上でAsyncAPI仕様をサポートする業務提携を発表した。それぞれの発表の中で両社は、今回の提携による非同期APIの開発促進に関して説明している。これを実現するのは、エンジニアの希望するプログラミング言語とフレームワークを使用した非同期APIの開発とメンテナンスを支援する、優れたツールの構築だ。

  • AWSがEventbridgeサービスにイベントリプレイとアーカイブ機能を導入

    Amazon EventBridgeはサーバレスイベントバスである。イベントソースからリアルタイムデータのストリームを配信し、そのデータをAWS Lambdaなどのターゲットにルーティングする。最近、AWSはイベントのリプレイおよびアーカイブ機能を追加した。これにより、開発者は過去のイベントをリプレイし、アプリケーションを新しい機能で拡張することができる。

BT