BT

InfoQ ホームページ FXCop に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Visual Studio 2010のカスタムコード分析

    マイクロソフトのコード分析ツールであるFxCopは、数年にわたって、カスタムコード分析ルールの作成をすることができると提案し続けているが経験は芳しくない。 VS2010バージョンでは、いくつかの改善とよりよい統合シナリオを提案しているが、いくつかの根本的な問題が残っている。

  • .NET 4.0がXAML 2009をもたらす(ただしWPFユーザーのためではないが)

    PDC 2009で、Michael Shim氏とRob Relyea氏の2人はXAMLの機能についてのMicrosoftのプランを発表した。長い間、彼らはいくつものXAMLとパーサーを統一しようと計画してきたが、これからはWorkflow Foundationのような非UI技術のためにXAML 2009を使えるだろう。一方、新しいパーサーはXAMLを分析、操作、生成したい全ての人に新しい機能をもたらす。

  • FxCop1.36のリリース

    MicrosoftはFxCopのバージョン1.36をリリースした。それは、静的コード分析および方針の施行ツールである。多くのバグを修正し、サポートを追加するものである。

  • FxCopルールがSystem.AddInのPipeline Builderに加わる

    Microsoftは拡張可能性フレームワークSystem.AddInを利用しているプロジェクトのために、FxCopルールを作成した。

  • マルチターゲット用のFxCopルール

    Visual Studio 2008のマルチターゲットが新たな問題に直面している。.NET3.5が中核アッセンブリに新たな機能をもたらすと、.NET2.0を狙う際には十分配慮しなければならない。そうしないとアプリケーションのコンパイルには成功するが欠如したメソッドのために失敗してしまうのだ。これに対応する方法の一つはFxCop用のKrzysztof Cwalinaのマルチターゲットルールを使用することである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。