BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ GarbageCollection に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft、JVM GCログを活用するGCToolkitをオープンソースとして公開

    GCToolkitをオープンソースにすることによってMicrosoftが目指すのはは、JVMのGCログに保存されたリッチな情報の活用だ。GCログファイルを解釈、解析し、ヒューマンフレンドリな形で可視化するためのツールである。

  • Javaニュース総まとめ: Generational GZC、Kotlin 1.5.30、Jakarta EE 10 Release Plan、SpringOne Conference

    今週2021年8月23日のJava総まとめは、比較的静かだ。注目のニュースは、JEP 413が対象に提案ステータスに昇格、Jakarta EE 10 リリースプラン、世代別ZGC機能、Kotlin 1.5.30、MicroProfile Rest Client 3.0-RC1、Hibernate ORM 5.3.22.Final、およびSpringOneカンファレンスだ。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年3月15日週

    2021年3月15日週のJavaエコシステムの小さなストーリーの総まとめ。Java 16リリース、ドラフトから候補ステータスに進むJEP、およびHibernate、Red Hat、Springからのニュースなどを特集。

  • JDK 11 の Shenandoah - Red Hat チ���ムとのインタビュー

    Shenandoah は、Javaアプリケーションを変更することなく迅速に動作させられる低レイテンシのガベージコレクタだ。InfoQ は、Red Hat の Shenandoah チームの Roman Kennke 氏と Aleksey Shipilev 氏にいくつかの質問を投げかけた。それは、このガベージコレクタがどのようにして作成されたのか、またアップストリームの JDK 11 コードベースへの追加にどのような努力がなされたのかだ。

  • Heapothesys - Amazon Corretto によるオープンソース GC レイテンシベンチマーク

    Amazon Corretto チームは、Heapothesys を 導入した 。これは、アプリケーション開発者向けに設計された JVM のガベージコレクション(GC)ワークロードのコレクションであり、GC の代替アルゴリズムや構成の選択を比較し、GC のパフォーマンスやレイテンシのリグレッションを検出するためのものだ。結果として得られる JVM の停止 を使用して、開発者は、アプリケーション内の GC 境界を詳しく調べるために独自の参照点を作成できる。

  • Microsoftが.NETの手動メモリ管理機構をSnowflakeとして公開

    Microsoft Research、ケンブリッジ大学、プリンストン大学の研究者たちが.NETをフォークし、ランタイムで手動メモリ管理をサポートするAPIを追加して、そのアプローチとパフォーマンス改善に関する詳細を"Project Snowflake: Non-blocking Safe Manual Memory Management in .NET"として公開した。

  • Javaパフォーマンス最後のフロンティア:ガベージコレクタの削除

    新しいJEPドラフトではno-opガベージコレクタが作成された:このガベージコレクタは、JVMの実装者と研究者を支援することを目的にしており���広範囲ではないが、ガベージをほとんど生成しない非常にパフォーマンスの高いアプリケーションには広く興味をもつのではないだろうか。JEPが進めば新しいGCが既存のものと一緒に使えるようになり、明示的にアクティブ化しなければ効果がない。

  • jClarityがCensum 3.0をリリース

    jClarifyが開発するJavaガベージコレクション解析ツールCensumがバージョン3.0に到達した。新バージョンにはSafepointログの解析機能,G1ガベージコレクタの動作を表す新グラフ,アプリケーションによるOSアクティビティの過剰使用を分析するための情報などの新機能が含まれている。

  • C#でシステムプログラミング

    システムプログラミングの定義はあいまいだが、ビット、バイト、インストラクション、CPUサイクルレベルで考える必要があるものだと言えるだろう。システムプログラミングには、性能と信頼性が暗に要求される。QCon New Yorkにおいて、Microsoftでエンジニアリングディレクターを務めるJoe Duffy氏がC#のシステムプログラミング戦略について紹介した。彼はまた落とし穴と移行方法についても語った。

  • フィンテックでアクターモデルのプログラミング言語Ponyを使う

    QCon Londonの基調講演でAdrian Colyer氏がプログラミング言語Ponyについて"とても面白い"言及した。QConでは、幸運にもこの言語の設計者であるSylvan Clebsch氏による公演が行われた。Clebsch氏によれば、Ponyはフィンテックのシステムに自然にフィットする。

  • Go 1.6がガベージコレクションを高速化

    Go 1.5が世に出てからそれほど経たないにも関わらず,Goチームはすでに,停止時間を削減した,新しい並列型ガベージコレクタへの改良作業に着手している。Goの適用範囲を,新たなアプリケーション分野に拡張するためだ - Googleの技術者であるAustin Clements,Rick Hudson両氏はこのように述べている。

  • インクリメンタルGCとシンボルGCを備えたRuby 2.2.0がリリース

    12月25日にリリースされたRuby 2.2.0は,ルビーストたちへのクリスマスプレゼントだ。そのハイライトの中には,ガベージコレクション(GC)の改良がいくつか含まれる。新しいインクリメンタルGCアルゴリズムがあり,シンボルがガベージコレクションの対象になった。コアクラスと標準ライブラリにも,いくつかのマイナーな改良が加えられている。

  • ART - Androidの新ランタイム

    Brian Carlstrom, Anwar Ghuloum, Ian Rogersの3氏(いずれもGoogle)がGoogle I/O 2014で,ART(the Android RunTime)の詳細に関するプレゼンテーションを行った。ARTは現行のDalvikに代わる,次期Android リリースのデフォルトプラットフォームだ。(次期Androidリリースのプレビュー版がAndroid Lという名称で,開発者向けに公開されている。一般向けには,今年秋のどこかの時点で提供される予定である。)

  • Netty 4がTwitterのGCオーバーヘッドを1/5に削減

    Netty Projectは7月,Netty 4の最初のバージョンをリリースした。おもにガベージコレクションのオーバーヘッドを削減することによって,大幅なパフォーマンスの向上を実現している。TwitterはNetty 4を組み込むことで5倍のパフォーマンス向上を実現したが,いくつか問題もあった。

  • Rubinius 2.0、Ruby 2.1を実装

    2年以上を経て、Rubiniusチームがバージョン2.0をリリースした。これはマルチスレッドサポートを改善し、次のRuby 2.1を実装している。

BT