BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ GarbageCollection に関するすべてのコンテンツ

  • Azul,無停止ガベージコレクタをLinuxネイティブ化

    Azul Systems は今日,Zing 5.0 を発表した。ハイパーバイザに関するこれまでの動作条件を取り除くことにより,無修正の 64bit Linux 上で pauseless JVM が初めて動作する。

  • あなたのアプリケーションのパフォーマンスをどうやってチューニングしますか?

    StackExchangeは、ASP.NETとSQL Serverで構築されている。 先日、Sam Saffron氏とMarc Gravell氏はブログで、彼らが経験した.NET GC GEN-2オブジェクトの最終的なトレースに関する問題の識別とパフォーマンスの解決に関する投稿を行った。彼らの経験には、アプリケーション開発において、パフォーマンスチューニングを行うすべての人が参考になる多くのことが存在している。

  • Large Object Heap と.NET GC の改善

    メモリーを大量に使うアプリケーションを書いている.NET開発者は、 Large Object Heapアロケーションで何度も問題を経験しているだろう。全体的なメモリーは全く充分あるように見えるのに、メモリー不足例外になってしまう。.NET Framework 4.5は、より良いLOH管理とより少ないフラグメンテーションにより、この領域で改善することを約束している。

  • Ruby 1.9.3 Preview 1がリリース。Lazy Sweep GCにより、GCの停止時間が改善。

    Ruby 1.9.3 Preview 1 がリリースされ、標準ライブラリにlazy sweep GCのような新フィーチャが追加された。InfoQは Narihiro Nakamura 氏にlazy sweep GCについて聞き、Ruby 1.9.xの採用状況を調べた。

  • RubiniusがEngineYardのAppCloudに登場、1.9とGIL除去に関する作業は継続中

    EngineYardはRubiniusをAppCloud PaaSサービスに提供し始めた。InfoQはEvan Phoenix氏にRubiniusの状態、新しいパフォーマンスツール、GIL除去の状況について聞いた。

  • SGen - Mono の世代別ガベージコレクタ

    Mono には知られたくない秘密がある。最近に至るまで,可搬性はあるがまったく不正確な Boehm-Demers-Weiser 保守的ガベージコレクタを使用していたことだ。しかし2年に及ぶ努力の結果,これまでよりもはるかに正確で CLR に特化した,新しい世代別ガベージコレクタへの移行が果たされつつある。

  • Ari Zilka氏がEhcache BigMemoryについて語る

    Ehcache BigMemoryは、アプリケーションにより近い場所で大規模なデータを格納するプロセス内、オフ・ヒープのキャッシュである。Terracottaは、Enterprise Ehcache製品でBigMemoryモジュールが一般提供可能となったと先週に発表した。InfoQは、Ari Zilka氏に会い、BigMemory機能および、その利用用途について話を聞いた。

  • Rubinius 1.1 - そしてGILの将来

    Rubinius 1.1がリリースされた。JITと性能が改善され、デバッグ機能とプロファイリング機能が強化された。また、GILのアルゴリズムも見直された。しかし、GILは間もなく過去のものになるだろう。RubiniusプロジェクトのHydraと名付けられたブランチでは、GILのないRubiniusが育てられている。JRuby、IronRuby、MacRubyのようなGILのないVMの仲間入りするのも時間の問題だ。InfoQはこのHydraブランチについてEvan Phoenix氏に話を聞いた。

  • ヒープサイズを増やしてもガベージコレクションの停止時間を短いままに: Cliff Click博士とのQ&A

    ヒープサイズとガベージコレクションの停止時間にある強い相関関係が、Javaアプリケーションのスケーラビリティを制限する大きな要因のひとつになっている。そして、こうした状況を改善しようと、研究開発にかなりの労力が費やされている。Azulのソリューションについて、現在、Azul SystemsのチーフJVMアーキテクトであり、以前、HotSpot Server Compilerのアーキテクト兼リード開発者であったCliff Click博士に話をうかがった。

  • Sunがパフォーマンスを大きく改善し、Windows 7サポートを追加したJava 6 update 18をリリース

    SunはJava 6の今年最初のアップデートを行い、300を超えるバグフィックス、Windows 7 サポート、そして、かなりの数のパフォーマンスの改善を提供した。これらの中には、OSとしてSolarisかLinuxを使っているNUMAアーキテクチャマシンにおいて、既定のParallel Scavengerガベージコレクタを使った場合に30%-40%のパフォーマンスの改善を改善をもたらすものも含んでいる。

  • .NETのメモリリークに対処する

    ソフトウエアアーキテクトでありコンサルタントでもあるFabrice Marguerie氏は.NET アプリケーションでのリソースやメモリリークを検出する方法についてMSDNに記事を書いた。この記事には .NETでのプログラミング中にメモリやリソースのリークがどのように発生するのか、そしてどうすれば防げるのかが書いている。

  • MacRuby 0.5ベータが登場。JIT、AOT、GCDサポート、GILの削除を実現

    MacRuby 0.5の最初のベータがリリースされた。これは新しいVM、JIT、AOTを備え、GILの削除を実現している。InfoQはMacRubyコアチームにインタビューして、MacRubyの状況とMacRubyを使ってiPhoneアプリが書けるかなどについて聞いてみた。

  • Rubyのスレッディングとガベージコレクションの今後 - 笹田耕一氏インタビュー

    Ruby 1.9.2に何が入るのか、グローバルインタープリタロック(もしくはグローバルVMロック)の状況、1.9.xに世代別GCが入るのには何が必要なのか、などについて、InfoQはRuby 1.9.xのVM開発者である笹田耕一氏に質問した。

  • Ruby VM 総括,Ruby 1.9.2 Preview 1,そして Ruby バージョンサイト

    Ruby 1.9.2 Preview 1 が公開された。Method#parameters などのAPI改良や 旧世代オブジェクトに関する GC 最適化などが図られている。また,Ruby の実装の早さに遅れないためとして,David A. Black 氏が ruby-version.net を公開した。このサイトでは,MRI の数多くのバージョンと JRuby,Rubinius,REE 実装などが利用可能だ。

  • G1ガベージコレクタのライセンス論議に対するSunの対応

    InfoQでは数日前にJavaの最新アップデートに含まれるG1についての記事を掲載した。その時点のリリースノートでは、Sunとサポート契約を結んだところだけが製品においてG1を利用できると指定されていた。しかしコミュニティで議論や反応が起こり、Sunはリリースノートを更新して問題の条項を削除した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。