BT

InfoQ ホームページ Hudson に関するすべてのコンテンツ

  • Eclipse財団がHudsonを初めてリリース

    Jenkinsの分岐以来、初めてEclipse Hudsonがリリースされた。このリリースで何が変わったのか。また、なぜリリースにこれだけ時間がかかったのか。InfoQはWinston Prakash氏に話を聞いた。

  • CloudBeesがJenkinsエンタープライズ版をリリース

    CloudBeesが有償サポートを提供するJenkins Enterpriseをリリースした。これにより、1年に延長される長期リリースと大規模にJenkinsをインストールしている会社にとって有益な、プロプライエタリなプラグインが追加される。

  • 豆蔵、Jenkinsを中心としたCI(継続的インテグレーション)に関する無料入門セミナーを開催

    豆ナイト(豆蔵が提供する技術者向け無料セミナー)では、豆蔵と CloudBees,Inc. の教育提携記念として 「CI(継続的インテグレーション)超入門 ~ Jenkinsのススメ」を10/13(木)に開催する。

  • Jenkinsによる継続的インテグレーションのススメ(1)

    Jenkinsはオープンソースの継続的インテグレーション(CI)サーバです。CIサーバは最近普及しつつあるソフトウェア開発習慣・方法論の一つで、狭義にはビルド・テストの実行や品質検査を常時継続的に実行していくというものです。これによって、幾つかの具体的なメリットが得られます。

  • OrcleがJDeveloperをOSGiベースに再構築し、JSF2のサポートやHudson統合を追加

    Oracleは今日、JDeveloper 11g Release 2をメタMVCフレームワークであるOracle ADF (Application Development Framework)のアップデートと一緒にリリースした。このリリースにはJSF 2.0 and Faceletのサポートを含み、Oracleは継続的統合サーバーであるHudsonをOracle TPC統合した。ADFのホットデプロイも改善した。同時にJDeveloperをOSGiバックボーン上に再構築した。

  • JenkinsはHudsonとの和解に興味なし

    最近のJenkins会議で、Hudsonプロジェクトとの和解が可能かどうか(HudsonのEclipse.orgに移る提案が出された後に)、そのためには何が必要か、という議論がなされた。話された要求は、EclipseあるいはApacheファンデーションのいずれに移るにも障害であり、よってHudsonとの和解も難しい。

  • Jenkins,Hudson,そして Eclipse

    Hudson を Eclipse 財団に移行する先日の提案に伴って,これが Jenkins と Hudson の再統合につながるのではないか,さらにはコードライセンスの EPL への変更があり得るのではないか,などの憶測が生まれている。Jenkins コミュニティとして Eclipse 財団への参加が望ましいかどうか,本日この後 Jenkins IRC チャネル上で議論が行われる予定だ。

  • Oracle,Hudson の Eclipse 財団への移行を提案

    Oracle は Hudson プロジェクトを,商標権とドメイン名を含めて Eclipse 財団に譲渡する提案書を作成した。既存の後援企業 (Oracle と Sonatype) に加えて,他の参加企業も Hudson の独立組織およびプロセスへの移行を支持しており,同プロジェクトへのコミッタ増員を計画中である。

  • Tasktop 2.0がTask Federation と クロス-リポジトリの Agile Plannerをサポート

    アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)コラボツール、Tasktop の最新バージョンは、Task Federation、クロス-リポジトリなアジャイル計画ツール、HPの Agile Acceleratorや SmartBear CodeCollaboratorのような他社のALMツールへのコネクターをサポートしている。 Tasktopチームは先週 Hudson CIツールとの統合を提供するバージョン2.0をリリースした。

  • Eclipse Mylyn 3.5でJenkinsが見える

    リリースされたばかりのEclipse Mylyn 3.5には、タスク中心なビューの改善とBugzillaへの接続の追加がある。しかし最も大きな新フィーチャはJenkins/Hudsonのビルド状態が見えるのとテストの失敗を捉えて、ローカルにそれを再現できることである。

  • HudsonがGitHubに(再び)移動

    Jenkins 1.397がリリースされたが、Sonatypeは、Hudsonの開発とアーキテクチャ変更をどんどん進めている。開発者の興味を一層呼ぶために、HudsonのコードベースをGitHubに戻すつもりである。

  • Jenkinsの最初のリリースとHudsonへのサポート

    Jenkinsの最初のバージョン1.396が、リリースされた。既存のHudsonインスタンスからの移行を助ける、アップグレード スクリプトもある。一方、Oracleは、商業的なHudsonへのサポートの継続を正式に発表し、SonatypeがHudsonを支持した。

  • Hudson、Jenkinsに改名

    HudsonをJenkinsに改名することについてコミュニティにおける投票が行われ、賛成214、反対14という結果になった。インフラはすでに用意されているが、まだ使われていない。開発者に新しい組織へ移行する時間を与えるため、移行スケジュールが事前に発表されることになっている。Oracle は引き続き、java.netインフラにおいてHadsonのサポートと開発を行うようだ。

  • Hudsonコミュニティ、Jenkinsへの改名を提案

    OracleはHudsonコミュニティに対して、どうやってHudsonの名前をコントロールしながらコミュニティに作業させるかについて回答した。HudsonコミュニティはOracleの法的威嚇から逃れるために、HudsonプロジェクトをJenkinsに改名する投票を行うことで、これに応じた。

  • Hudsonプロジェクト、Jenkinsへの改名を提案

    OracleがHudsonというプロジェクト名の商標を出願し、Hudsonの将来が危険にさらされるなか、Hudson開発者はプロジェクトをJenkinsに改名することを提案した。開発者らはこれは改名でありフォークではないと強調する。同じ開発者がその改名されたプロジェクトで働き続けるためだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。