BT

InfoQ ホームページ IBM Rational に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • アジャイルでユースケースを利用する - ユースケース2.0,スライシング,ラミネーティング

    アジャイルソフトウェア開発を使って製品をインクリメンタルに開発し提供する場合,要件項目はプロダクトバックログに収集,整理される。ここで使用される要件定義テクニックはユースケースだ。アジャイルの製品要件管理でユースケースを利用するテクニックには,ユースケース2.0やスライシング,ラミネーティングなどがある。

  • Grady Booch氏、英国コンピュータ協会より2012 Lovelace Medalを受賞

    英国コンピューター協会は「ソフトウェアアーキテクチャ、ソフトウェア工学、協調環境における革新的業績」によりGrady Booch氏にLovelace Medal 2012を授与した。

  • IBM、Green Hatをかぶる

    IBMは1月4日、クラウド・SOAインテグレーションサービス企業 Green Hat を買収することを発表した。クラウドやSOAベースのアプリケーションを開発する上で、テスティングは大きな課題の1つだ。Green Hatを買収することで、IBMは大規模ソフトウェアシステムなどに向けて、さらに生産性の高いテスティング方法を提供することを期待している。Green HatはIBM Rational Solutionに統合されるようだ。

  • あれから10年、いまアジャイルが熱い。アジャイルサムライ他流試合レポート

    2011年9月18日、アジャイルに熱いサムライ達が東京に集結した。「アジャイルサムライ 他流試合」というイベントに参加するためである。「アジャイルサムライ」はJonathan Rasmusson氏によって執筆されたアジャイルの解説書である。発売以降、日本の技術者の心を掴み続け、各地で読書会が開かれている。そして、その読書会の参加者達が一同に集まるイベントがこの「他流試合」だった。

  • 統一プロセスの諸相

    ラショナル統一プロセス(RUP)は1990年代にソフトウエア開発の最良のプラクティスを実践するためのフレームワークとして開発された。反復開発、平易さ、価値への着目、継続的なフィードバックなどの特徴はソフトウエア開発を成功させるための重要な要素だと考えられている。異なるプロジェクトの領域に統一プロセスを適用する方法を確立した人がいる。この記事ではその方法を調査する。

  • IBMの新たなクラウド戦略とサービス

    IBMは企業におけるクラウドコンピューティング活用のための3つの方法を発表した。標準的なIBMクラウド,(企業またはIBMが管理する)ファイアウォール内で稼動するプライベートクラウドサービス,そしてサービス要求の"オーバーフロー"をセキュアなパブリッククラウドにシームレスに接続する CloudBurstである

  • SOAガバナンスの再検討

    SOAは導入が増えているにもかかわらず、多数のSOAプロジェクトがいまだ失敗している。あまりにも深刻な状況に陥ることが多いので、最近では「SOAかDOAか」(SOAか失敗か)という受けを狙ったような題名の記事があった。DOAは「Dead on Arrival」、つまり「最初から機能しない」を意味する。この状態を改善する方法の1つが、適切なSOAガバナンスである。

  • Article: インタビュー:MDDとSOAの関わりについてIBMアーキテクトBertrand Portierに聞く

    IBMから最新の製品発表が行われた後に、InfoQでは、一般的なサービス構造のためのモデル駆動開発について説明しているレッドブックに関してBertrand Portier氏と話をしました。

  • MomentumSI、新たなSOAフレームワークをリリース

    先日、MomentumSIがHarmony™ SOA Frameworkをリリースした。ベースフレームワークは無償で提供される。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。