BT

InfoQ ホームページ IronRuby に関するすべてのコンテンツ

  • Mono のアップデート

    Miguel de Icaza 氏は先週,2010 年 7 月の GitHub への移動以降 Novel において,Mono チームが行った全作業をリストアップした長い記事を発表した。最近の作業は,大部分が F# や IronPython,IronRuby,UnityScript など,先日オープンソースとして公開された言語に関連している。

  • MicrosoftがIron言語をMiguel de Icaza氏とJimmy Schementiへ移譲

    Jason Zander氏は、MicrosoftがIronPythonとIronRubyをNovell/MonoのMiguel de Icaza氏と以前IronRuby開発の指導者であったJimmy Schementi氏に移譲する予定であると発表した。Jimmy Schementi氏は6月にMicrosoftを辞め、Lab49へ参加した。また、IronPythonは新たにふたりのコントリビュータを得る。それはIronPython in Actionの共著者であるMichael Foord氏とIronPython MVPであるJeff Hardy氏だ。

  • IronPythonとIronRubyのIDEサポート

    上位3つのうち2つの.NET IDEが現在、動的プログラミング言語をサポートしている。SharpDevelop 3.2は、継続してIronPythonとIronRubyのサポートを拡張している。マイクロソフトは、IronPython Tools for Visual Studioを率いてこれに参加した。SapphireSteelは、Ruby in Steelを継続して奨めている。

  • IronRuby 1.0 リリース

    IronRuby 1.0がリリースされた。このリリースはRuby 1.8.6と互換性があり、Rails 2.3.xを動かせる。次のIronRuby 1.xリリースはRuby 1.9をターゲットにするようだ。

  • Ruby in Steel 1.5がリリース、IronRubyはサポート外に

    SapphireSteel Softwareは、Visual StudioベースのRuby on Rails用IDE、Ruby in Steelのバージョン1.5をリリースした。多くの改良がなされている一方、IronRubyのサポートは取り止められた。

  • Ruby VM 総まとめ: 1.9.2のDTraceのサポート、Rubinius 1.0 RC2にインストーラの追加、IronRubyのIDE

    Rubinius 1.0RC2 にバイナリのインストーラが加えられた。また、Ruby 1.9.2はDTraceがサポートされる。IronRubyはバージョン1.0に近づき、SharpDevelopはIronRubyをサポートする。また、WEBRickのユーザは最新のRuby 1.8.x か 1.9.1にアップグレードすべきだ。最近脆弱性がみつかったからだ。

  • HTMLへのPython、Ruby、XAMLの埋め込みを可能にするGestalt

    JavaScriptは古い言語だ。最近の開発者のほとんどはRubyやPythonのような言語を使うことを好んでおり、ブラウザで行う処理のためだけにJavaScriptに戻ってくる。もちろんブラウザでVBScriptのようなJavaScript以外の言語をサポートすることが試みられてきたが、うまくいくことはなかった。Microsoftが今度はPythonやRubyを使って同じことを試みている。

  • IronRuby アップデート

    IronRuby の立ち上がりは非常に低調なものだった。その理由の大半は,Microsoft の社員が CRuby などの GPL コードを参照することさえ許されていないことにある。それでも彼らは長足の進歩を遂げて,今 1.0 リリースが間近になっている。

  • .Net アプリケーションに REPL コンソールを追加する

    Microsoft が IronPython と IronRuby をエンドユーザによるアプリケーションのカスタマイズ方法として推奨し始めている。その作業を容易にするために Jim Deville 氏は,エンドユーザがアプリケーションの拡張モードとして使用できるように特別にデザインした REPL コンソールを提供している。

  • 新しいインストーラが Windows 版 Ruby の実行速度を大きく向上する

    Luis Lavena 氏は Windows 用 Ruby インストーラのアップデート作業を行っている。このインストーラには最新のコンパイラで作られた Ruby バイナリが取り入れられていて,ベンチマークによれば Ruby 1.8.6 が以前の2倍以上の早さで動作する。我々は Luis Lavena 氏に,この新たな Ruby インストーラについて話を聞いた。

  • IronRuby総まとめ - IronRuby 0.9.0とベンチマーク

    IronRubyチームが1.0のリリースに向けて動いているので、IronRubyプロジェクト関連のコミュニティは最近忙しさを増しているようだ。 IronRubyチームはバージョン0.9.0をリリースし、Antonio Cangiano氏は我々を勇気付けてくれるようなIronRubyのベンチマークをいくつか発表した。

  • IronRuby – 1.0までの道のり

    IronRubyが最初にMicrosoftから発表されたのはMIXカンファレンス’07だった。それから2年たった今、バージョン1.0はどうなっているのかとディベロッパたちは怪訝に思っている。InfoQが2008年1月にJohn Lam My氏にインタビューした際、その年の第2半期のリリースを目指しているという話だったが、そうはならなかった。

  • MacRuby、GILをなくして平行スレッドを得る

    MacRubyはexperimentalブランチでRuby 1.9のGIL(グローバルインタプリタロック)を取り除き、JRubyやIronRubyの仲間入りをした。

  • Ruby VM 総まとめ:IronRuby 1.0、RubySpec、JRuby 1.3.1リリース間近

    Rubyの互換実装は活発に開発されている。 IronRubyの開発スピードは目を見張るものがあり、7月にはバージョン1.0がリリースされるだろう。さらには、JRuby1.3.1は重要なバグ修正が施され、MacRubyは継続的開発が続き、MagLevはパーサを独自実装してきている。

  • Rubyパフォーマンス:Shootoutの成果およびバイナリMRI対ソースコンパイル済みMRIに関する発見

    Antonio Cangiano氏は、再びすべてのRuby VM、MRI 1.8および1.9.1、REE、JRuby、Rubinius、IronRubyおよびMagLevを評価した。その結果は、すべてのVMのパフォーマンスで着実な改善が見られることを示している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。