BT

InfoQ ホームページ JPA に関するすべてのコンテンツ

  • Apache OpenWebBeansがJava EEベースのマイクロサービスのためにMeecrowave Serverバージョン 1.0をリリース

    Apache OpenWebBeansは先頃、Meecrowaveプロジェクトのバージョン1.0.0をリリースした。MeecrowaveはサーブレットやCDI、JSON-P、JSON-B、JAX-RSなどを活用する既存のApacheプロジェクトの上に構築されたマイクロサービスサーバで、マイクロサービス以外にスタンドアロンのアプリケーションにも使用することができる。

  • データベースクエリをシンプルにするJinq

    データベースクエリ用のDSLを提供するライブラリのJinqがJavaとScalaに対応した。.NETのLINQにインスパイアされたこのライブラリは,型安全性のサポートを通じてクエリ記述を容易にすることを目的としたものだ。作者のMing-Yee lu氏の説明によると,Jinqの開発は2006年に開始され,当初はQueryllという名称だった。ただし,その潜在能力をすべて現実のものにしたのは,Java 8でのラムダ式の採用だ。

  • JBossがHibernate 4.0をリリース

    JBossはHibernateのバージョン4をリリースした。Hibernate 4は、マルチテナントサポート、Hibernate拡張のための標準的な仕組みの導入、OSGIサポートに向けたりファクタリングやコードの整理などが盛り込まれている。

  • Flex/Java EE アプリケーションのための新エンタープライズフレームワーク

    Granite Data Services は先週,バックエンドに JavaEE を使用する Flex リッチインターネットアプリケーションを構築するための,独自のエンタープライズプラットフォームを発表した。Granite DS はオープンソースのフレームワークだ。InfoQ では Granite DS の共同設立者である CEO の Frank Wolff 氏に,リッチインターネットアプリケーション (RIA) に対する同氏の展望について聞いた。

  • NoSQLデータストアのためのHibernate Object Mapping

    Hibernate ValidatorやHibernate Searchなどの開発者であるEmmanuel Bernard氏は、Hibernate OGMの誕生を発表した。新しいフレームワークの目的はNoSQLデータストアにJPAを利用した共通のインターフェースを提供することである。InfoはBernard氏にフレームワークの詳細に関して話しを聞いた。

  • OracleのJava EE 7計画にプラットフォームへのクラウドとHTML5サポートを追加

    Oracleは、先週Java EE 7用の包括的なJSRを提出した。仕様書は、初期レビューによる投票段階はパスした。JSRが重点を置いているのは、新規のweb技術、クラウド コンピューティング、JMS APIへのオーバーホールを含んだ、継続的な使用性の改善である。他には、JPAが注目されることになるだろう。Oracleは、長期間休眠状態のある JCACHE JSRを甦させる計画について話している。

  • Eclipse Virgoリリース

    Eclipse Geminiウェブコンポーネントと共に、Eclipse Virgoの最初の正式リリース版がリリースされた。Eclipseという名で最初のリリースであるにも関わらず、これらは評判の良いSpring DM Serverをそのまま進化させている。この記事では、このリリースに関して重要な点を紹介する。

  • WebSphere 7 Feature PackがOSGiベースのアプリケーション デプロイとSCAとの統合をサポート

    WebSphere Application Server V7の OSGi Applications と Java Persistence API 2.0用のFeature Pack (フィーチャーパック)は、OSGi Blueprint Container仕様書とJPA 2.0に準拠する標準ベースの実装を提供している。また、アプリケーションをバージョン管理されたOSGiバンドルとして、デプロイしそして管理するフィーチャーもオプションで提供している。IBMは、最近、 ApacheプロジェクトのAries と OpenJPAをベースにしたフィーチャーパックのGAリリースをアナウンスした。

  • OSGi DevCon London

    初の OSGi DevCon London が先週,Hammersmith Novotel で JAX London と共に開催された。次期 OSGi Enterprise Expert Group による機能公開,クラウドにおける OSGi の利用とテスト,OSGi システムでの JPA によるオブジェクトアクセス,ソフトウェアの指数級数的拡大に伴なう複雑性の解決策としてのモジュール化,などが主なテーマだ。

  • Spring 3.0:Java 5が必要、新しい表現言語とRESTサポートを追加

    Spring Frameworkの新しいバージョン、バージョン3.0が2009年12月16日リリースされた。InfoQではSpring FrameworkプロジェクトのテクニカルリードJuergen Hoeller氏と話し、このリリースについてさらに詳しく教わるとともに、それによってSpring製品ラインにもたらされる変化について聞いた。

  • Java Persistence 2.0 最終ドラフト提案

    Java Persistence API バージョン 2.0 は、最終ドラフト提案の段階になった。クライテリアクエリの型安全なAPI、メタモデルに対応するAPI、Bean Validationのサポートが追加される。

  • JPA 2.0型安全クライテリアAPIに関する2つの提言

    Java Persistence APIは2年前にJava EE 5の一部として登場し、オブジェクト関係マッピング向けのPOJO永続性モデルを提供している。これはJSR-220の一部としてEJB 3.0 ソフトウェアExpert Groupが開発した。

  • DataNucleus Access Platform 1.0(final) がリリース

    Java 永続化プラットフォーム JPOX の後継であるDataNucleus が DataNucleus Access Platform 1.0.0 をリリースした。DataNucleus は JDO/JPA をつかった Java アプリケーションのために、さまざまなデータストアへのアクセスを提供してくれる。

  • エンタープライズJPA、Fetch Groups、Spring 2.5についてPratik Patel氏が講演

    Apache OpenJPAフレームワークが提供しているFetchGroupsのようなJPA拡張機能によって、エンタープライズJavaの開発者たちはJavaオブジェクトのグラフにマップされたデータの検索を、より柔軟に行うことができる。Pratik Patel氏は、JPAのAPIとSpring 2.5フレームワークを使用して現実世界のJavaアプリケーションを開発するための、JPAの設計技術について論じている。

  • Hibernate 3.3:JARは再設計され、モジュール式に。キャッシングシステムもリファクタリング

    Javaベースのオブジェクト関係(O/R)マッピングフレームワーク「Hibernate」のバージョン3.3が先日リリースされた。InfoQは、今回のリリースの詳細とHibernateに追加される新機能について、プロジェクトリーダーのSteve Ebersole氏に聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。