BT

InfoQ ホームページ JUnit に関するすべてのコンテンツ

  • Visual Studio CodeがJUnitのサポートを発表

    マイクロソフトのVisual Studio Code(VS Codeとしてよく知られている)サポートチームはJUnitテストケースの実行とデバッグができる拡張機能のリリースを発表した。この拡張機能はレッドハットが出しているJava言語サポートの拡張機能とJavaデバッガと連携し、エディタでJava言語を書く開発者にとって必要な開発用機能をすべて提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.3リリース

    JetBrainsが旗艦製品であるIntelliJ IDEAのバージョン2017.3をリリースした。Java、Java EE 8、Spring Boot、Kotlin、Dockerのサポート強化など新しい機能を追加している。バージョン2017.2のリリースから3ヵ月後の最新リリースだ。このリリースまで、JetBrainsはこの最新バージョンのパブリックプレビューを提供し、フィードバックとバグレポートを求めた。

  • JUnit 5リリース

    JUnit 5がリリースされた。この10年で最初のメジャーリリースになる。また、EPL v2.0ライセンスでリリースされる最初のプロジェクトの一つで、ツール作者とエンドユーザーを助けるために、モダンなモジュラーアーキテクチャを備えている。

  • よくテストし、開発を成功させよう:偉大なJava単体テストフレームワークの議論

    Redditの最近の投稿で伝統的なテストフレームワークであるJUnitと売り出し中のSpockについて議論が行われた。中心となるテーマは、"JUnitの何が悪いのか?"である。

  • JUnit 5のアルファ版がリリース,ユニットテストをシンプルに

    JUnit Lambda Teamは先日JUnit 5のアルファリリースを発表した。人気の高いユニットテストフレームワークの新たなメジャーバージョンだ。新バージョンでの変更の中心は,JUnit 4に存在した共通的な問題点の解決だが,将来の修正を容易にするためのフレームワーク変更も重視されている。ビルドツールやIDEとの統合については,引き続き今後の課題である。

  • さまざまなテストツールを統合するXebiaLabs TestView

    XebiaLabs TestViewは,テストの実行とデータ解析,視覚化といった機能とユニットテストツールを統合した,テスト管理と分析を行うためのツールだ。

  • Restfuse 1.0.0 - REST/HTTPの統合テストを容易にするライブラリ

    EclipseSourceは、REST/HTTPサービスのテストを自動化するJUnit拡張の最初の安定バージョンをオープンソースでリリースした。同期と非同期の両方のコールがサポートされている。

  • TestNG6 が Guice と YAML を採用

    Cédric Beust 氏が TestNG 6.0 を発表した。Guice と YAML がサポートされ,Eclipse TestNG プラグインが改良されている。

  • JUnitMaxは、ソフトウェア開発のフィードバック サイクルを短くする

    Kent Beck氏がJUnitMaxを再リリースした。これは、継続的にテスト実行する Eclipseのプラグインで、プログラマのフィードバック ループを短くして、開発のリスクを下げ、開発スピードを上げることを狙っている。

  • JUnit 4.7 : テストごとのルール

    リリース候補となったJUnit 4.7は重要な新機能を含んでいる。それはルールである。要約すると、ルールとはJUnitのもうひとつの拡張メカニズムである。ルールによりテストごとにJUnitに機能を追加することが可能となる。JUnitの初期のバージョンで利用されていていたカスタムランナのほとんどはルールで置き換えることができる。新しい機能も追加された。

  • デバッガは忘れて、「Saff Squeeze」を使おう

    XPの提唱者の一人であり、TDDやJUnit自体の開発者であるKent Beck氏は、デバッガの代わりに単体テストを用いて、JUnitの新しい機能であるJUnitMaxの不具合の調査を行うことについて話をしている。

  • JUnitは死なず

    JUnitは数年間に渡って利用されているJavaのユニット・テスト用フレームワークである。JUnitは元々Kent Beck氏とErich Gamma氏によって開発され、現在はコミニュニティによって保守されており、先頃JUnit4.5がリリースされた。

  • Article: 反復的で自動化された、継続的なパフォーマンステスト

    アプリケーションのパフォーマンスを考えたとき、我々はアプリケーションが完成に近づくまでは、パフォーマンスのテストを滅多に行いません。我々が機能テストで行ってきた、反復、自動化、継続という教えをパフォーマンスについても同様に適用できるでしょうか?

  • Article: Spring Frameworkによるソフトウェアテスト

    Simon Ritter氏がガーベジコレクションによる最長応答時間を保証するReal-Time Java specification (RTSJ)のビジョンとキャパシティを解説します。

  • Article: XMLをユニットテストする

    XMLUnitはBSDライセンスの下で認可されたオープンソースプロジェクトです。XMLUnitは相関クラスの小さなライブラリを提供しますが、それは、前のセクションで概説された幾つかのXMLをテストする異なった方法のそれぞれを簡素化します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。