BT

InfoQ ホームページ Java SE に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Java 注目の機能: テキストブロック

    Java SE 13では、Javaで複数行の文字列リテラルを宣言して使用する際の苦痛を軽減することを目的として、プレビュー機能としてテキストブロックが導入されました。その後、2回目のプレビューで細かい変更が加えられ、Java SE 15ではJava言語の恒久的な機能となる予定です。この記事では、オラクルのJava言語アーキテクトであるBrian Goetz氏が、このトピックについて深く掘り下げます。

  • Java 14の新機能 - Record

    Java SE 14(2020年3月)では、プレビュー機能としてRecord(jep359)が導入されます。。Recordの目的は、"プレーンデータ"の集合を、より少ないセレモニーでモデル化できるようにすることです。今回の記事では、Java言語アーキテクトのBrian Goetz氏が、この機能を詳しく説明してくれます。

  • JavaOne 2013 総まとめ: Java 8の衝撃,Java・イズ・バック!

    JavaOne2013年が先日の9月22日から26日にかけて,サンフランシスコで開催されました。祭典は日曜日,Peter Utzschneider, Nandini Ramani and Cameron Purdy各氏によるストラテジキーノートで幕を開けています。

  • Javaの未来についてのNeal Gafter氏とのディスカッション

    Java SE 4と5の言語拡張の設計と実装を行った人物であり、現在はMicrosoftで.NETプラットフォームの言語に関する仕事をしている、MicrosoftのNeal Fafter氏は、OracleによるJava買収の影響に関する議論、Javaにセグメンテッドスタックやメタオブジェクトプロトコルを追加することについての主張、そしてJavaとC#は比較について話をしてくれた。

  • エージェントは生き残っているか?(後編)

    Javaで実装されたFIPA仕様準拠の代表的エージェント・プラットフォームであるJADEの特徴の簡単な解説と、最近のJADEの適用範囲の広がりについて紹介。

  • JavaFX 2.0 - Javaによるリッチクライアント基盤 (後編)

    前編に引き続き、JavaFX 2.0の代表的な機能を紹介いたします。 前編ではUIコントロールまでを紹介したので、後編でメディア以降の機能について説明していきます。

  • JavaFX 2.0 - Javaによるリッチクライアント基盤 (前編)

    リッチクライアントを構築するためのJavaFXは、2010年のJavaOneカンファレンスにおいてJavaのライブラリとして生まれ変わることが発表されました。そして西海岸時間の5月1日、新しいバージョンであるJavaFX 2.0のパブリックベータが公開され、だれもが新しいJavaFXを試すことができるようになりました。 そこで、2回に渡ってJavaFX 2.0を紹介していきます。

  • Java 6のスレッド最適化は実際に動作しているのか? - パートII

    パート2では、ベンチマークの結果を検証するために用いられるテクニックについてさらに深く見ていきたいと思います。最後に、「なぜプロセッサが異なるとロックのコストも大きく異なるのか」と言う真の疑問に答えます。

  • Java 6のスレッド最適化は実際に動作しているのか?

    2つのパートからなるこの記事では、シングルスレッドベンチマークの助けを借りて、Java 6のスレッドのパフォーマンスに関する疑問に答える試みをしようと思います。

  • アノテーション・ハンマー

    Java5のアノテーションはとても強力なメタデータ機構を提供してくれます。ですが、どういう場面でそれを使えばよいかを理解する必要があるのは他の機能と同じです。この記事では、アノテーションが重要である理由と、その利用および誤用の事例について議論をしていきます。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。