BT

InfoQ ホームページ Lean Startup に関するすべてのコンテンツ

  • 持続可能なリーンスタートアップチームに必要な態度

    Ramli John氏は2013 Lean Startup Conferenceでminimum viable attitudes for lean startup teamsと題した講演を行った。氏によれば、チームが持続可能なリーンを行うためには、3つの態度が必要だ。すなわち、謙遜、飢餓感、幸福だ。

  • 実験と価値提供のバランスをとる

    リーンスタートアップの実験は顧客について学び、どのような機能に価値があるのかを判別する手助けをしてくれる。しかし、価値は製品を作り、実際に顧客に届けることで生まれるものだ。実験とデリバリのバランスを上手くとる必要がある。

  • アジャイルのレトロスペクティブに目標と仮説を加える

    アジャイルレトロスペクティブを正しく実施することによって,チームは自ら学び,向上することができる。さらに目的を設定し,仮説を使ってレトロスペクティブ活動が改善に結び付いているかを評価することにより,レトロスペクティブはより効果的なものになる。

  • ふりかえりはリーンスタートアップの学習をどのようにサポートするか

    リーンスタートアップの「構築-計測-学習」というフィードバックループは、起業家が顧客のニーズについて学ぶのに役に立つ。アジャイルの「ふりかえり」は、必要とされる変化について考え、学習し、そして合意するための方法だ。以下では、ア��ャイルのふりかえりがリーンスタートアップの学習と行動をどのようにサポートするのか、いくつかの事例を挙げる。

  • エンタープライズ領域にリーンスタートアップの手法を導入する

    どの製品を作るのか、既存製品にどんな機能を追加するのか決定するのは難しい。リーンスタートアップの手法は顧客のニーズを理解し、ニーズにあった製品とサービスの周囲に持続可能なビジネスを構築することを手助けする。企業がより革新的で競争的になるには、どのようにしてリーンスタートアップの手法を導入すればいいのか。

  • gov.uk Webサイトでのフィードバックテクニック利用

    Jake Benilov氏は9月27日にAgile Tour Brusselsで,gov.ukの構築で使用されたフィードバックテクニックをテーマに講演を行う。InfoQではフィードバックテクニックの利用について,そして氏のチームがユーザリサーチを行うため,動作可能な最小限のプロダクトを使ってチームがリーンスタートアップを適用した方法について,氏にインタビューした。

  • リーンスタートアップでデータと直観、楽しさを組み合わせる

    Eric Ries氏はリーンスタートアップの原則として、リーンスタートアップは“スタートアップを作り、管理するための科学的な方法”であると述べている。リーンスタートアップは経験によって検証された学習や正しい製品を作るためのデータなど“ハードなモノ”を使う。しかし、根性、感情、直観、情熱、インスピレーションのような“ソフトなモノ”はどうだろうか。新しい製品を作るとき、これらの要素はどのように働くのか。

  • ALMを再認識する

    Sam Guckenheimer氏は,試験期間や有効な知識の獲得に要する期間に基づいた指標を用いることで,ソフトウェアプロジェクトの継続的フィードバックを可能にする存在としてALMを再認識するように提唱している。

  • リーンスタートアップによる製品開発中の方向転換

    リーンスタートアップでは、様々なタイプの方向転換があり得る。リーンスタートアップは製品開発中にこのまま続行するか方向転換するかを決めるのに役に立つのだ。それぞれの方向転換に独自の目的があり使い方がある。いつどのように方向転換すればいいのだろうか。辞めた方がいいと判断しなければならないこともあるのだろうか。

  • なぜリーンスタートアップはすべてを変えるのか

    Steve Blank氏がリーンスタートアップをメインストリームのビジネスに適用することは、可能なだけでなく、新しいイノベーションベースの経済を生み出す、と主張している。

  • リーンスタートアップで失敗から学ぶ

    リーンスタートアップは望ましい製��を顧客に素早く提供し、顧客のニーズを理解する方法だ。リーンスタートアップは失敗を調べ、失敗から学ぶ。リーンスタートアップを実践することで素早く学びより優れたイノベーターになれるのだ。また、リーンスタートアップの手法を教育に利用しているトレーナーもいるので、生徒は学習を早めることができる。

  • アジャイルコーチングと組織変化についての動画講義

    2012年の最後の四半期にアジャイル導入についてのふたつの学習動画がPearson/Addison-Wesleyから発表された。

  • アジャイルを用いたビジネスプロセスの改善

    組織はビジネスプロセスの改善を望んでいる。そして今日,それは迅速に行う必要がある。ならばビジネスプロセスの改善に,アジャイルの手法やテクニックを使うことはできないだろうか?

  • 企業向けの最小限実用製品

    企業向けソフトウエア開発のスタートアップは最小限実用製品(MVP)を使って、源的的な努力とお金で顧客について学習する。組織はどのようにしてリーンスタートアップの原則を利用してステークホルダー向けに最小限実用製品を作ることができるだろうか。

  • Lean Startup Machineがトロントに帰ってくる

    Lean Startup Machineが6月8-10日にトロントに帰ってくる。私はトロントにおける前回のLSMの勝者 Hire Sharkのメンバー、Jason Little氏と話をする機会を得た。Jason氏はこのイベントのオーガナイザーおよびメンターのひとりとして戻ってくる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。