BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Logging に関するすべてのコンテンツ

  • Amazon EC2にスポットインスタンス終了の2分前警告が追加される

    Amazon EC2は先頃,スポットインスタンス返還の2分前警告通知を追加した。“正式にはスポットインスタンス終了通知(Spot Instance Termination Notice)と呼ばれる”機能である。状態の保存,ログファイルのアップロード,あるいは,ロードバランサやクラスタマネージャなど,他のコンポーネントからの登録解除を行う時間的猶予を提供することで,“スポットインスタンスのスケールと低価格を,より多くの種類のアプリケーションで利用できるようにする”ことが目標だ。

  • Amazon CloudWatchがログ監視とストレージを追加

    Amazon CloudWatchは最近、アプリケーション、OS、カスタムログのためのログファイルの監視とストレージを追加した。また、Windows Server向けに幅広いログのサポートを拡張した。

  • Apache Log4j 2.0 - アップグレードする価値はあるか?

    Apache Software Foundationは先日,Log4j 2.0の提供開始を発表した。前バージョンのLog4.j 1.xに対して大幅にパフォーマンスが向上する。開発に数年を費やした今回のリリースは,Log4j 1.xやjava.util.loggingといった既存のロギングソリューションの影響を受けて,スクラッチから書き直されたものだ。

  • AWSのCloudTrailが監査対象APIコールを拡張

    AWS CloudTrailのサポートするAWSのサービス数の拡大は著しく,広範なAWSサービスのポートフォリオのほとんどをカバーするに至っている。現在では,コンピューティングとネットワーキングサービスの大部分,デプロイと管理サービスのすべてを含むことで,ユーザのインフラストラクチャ変更のほぼすべてに対して,包括的なエンド・ツー・エンドの監査機能を提供する。

  • ThoughtworksのTechnology Radarから見る最新技術トレンド

    Thoughtworks社が最近公開したTechnology Radarの最新記事は、『Infrastructure as Code』(コードによるインフラ管理)を可能にする技術、『境界のない企業』、実績あるプラクティスのあらゆる場面への適用、そして軽量なアナリティクスを目玉としている。

  • NetflixがLog4Jを大規模向けのロギング生成に最適化

    Blitz4kは、Netflixがlog4jを内部的に最適化したバージョンであり、Githubにリリースされた。Blitz4j は、大量の並列で、高トラフィックな環境でも効率的にログを生成できるが、他のもっと古いロギング技術よりも、より少ないリソースしか消費しない。その使用により、Netflix内のロギングコストが少なくと75%下げられた。

  • GWT 2.1 RC1が当初、2.2で計画していたフィーチャを提供

    GWT 2.1 RC1 は、新しいテーブルやツリー ウィジェットのようなロードマップに示されているフィーチャの他に、ロギングのような当初GWT 2.2 で計画されていたようなフィーチャも含んでいる。他の重要なフィーチャに、MVPフレームワークがある。

  • ModuleFusion 1.0.2のリリース:エンタープライズOSGiディストリビューション

    エンタープライズアプリケーション向けに設計されたOSGiサービススタックであるModuleFusion 1.0.2が近ごろリリースされた。

  • 発展しつつあるJavaのロギング

    Ceki GulcuはJavaのロギングの世界で良く知られている。彼は、JREの中のロギングに含まれていないにもかかわらず、非常に人気のある独自のJavaのロギングフレームワークである、Log4Jを創設した。InfoQはLOGBackという彼の新たなプロジェクトに関して尋ねた。「この1.0バージョンがもうすぐリリースされる。そして使用者達からは前向きなレビューを既にいくつかもらっている。これはLOGBackに注目するべき時なのかもしれない。」

BT