BT

InfoQ ホームページ Markup Languages に関するすべてのコンテンツ

  • CSS Writing Modesが公式のWeb標準に

    World Wide Web Consortium (W3C) は先頃、CSS Writing Modes Level3が公式のWeb標準であることを発表した。新しいCSS標準を使用すると、開発者はテキストを水平または垂直にレイアウトするように構成したり、行を積み上げる方向を設定したりできる。CSS Writing Modesのおかげで、多数の言語のコンテンツをネイティブに表示できる。

  • AjvがOpenJS Foundationに参加

    サーバとクライアント両方のJavaScriptアプリケーションで利用可能なJSONスキーマバリデータのAvjが、OpenJS Foundationに参加することになった。先頃MozillaのOpen Source Support (MOSS)プログラムから助成金を受けたAjvは、これによってOpenJSのインフラストラクチャおよび組織による支援も受けて、コントリビュータ数の拡大、より迅速かつ広範な企業への採用というメリットを享受することが可能になる。

  • Bootstrap 5はjQueryの依存関係を削除します

    新しいBootstrap 5ではjQueryが取り除かれ、Internet Explorer(IE)をサポートしない。

  • マイクロソフトの新しいFASTフレームワークを備えたアクセス可能な適応性のあるデザインシステム

    Rob Eisenberg氏は先頃、FASTフレームワークを導入した。FASTを使用すると、開発者はスタイルとプロパティをカスタマイズして、独自のデザインシステムとWebコンポーネントライブラリを作成できる。FASTは、アクセス可能なコントラスト要件を満たし、カラーテーマをサポートし、さまざまな背景色にわたって知覚的に均一なUIを提供する適応性のあるカラーシステムを使用している。開発者からの入力はほとんどありません。

  • すべてのエバーグリーンブラウザでWeb Animations APIがサポートされた

    Safari 13.1のリリースに伴い、Web Animations APIはすべてのエバーグリーンブラウザに同梱されるようになった。

  • 新しいMDJSマークアップ言語によりJavaScriptをMarkdownに追加してインタラクティブなドキュメント作成が可能に

    Open Web Components(@OpenWc)の創設者であるThomas Allmer氏はMDJSをリリースした。MDJSは、Markdownの一種であり、開発者が自身のMarkdownドキュメントに実行可能なJavaScriptコードを含めることができる。MDJSは、通常のMarkdownコンテンツとして解釈することも、Webコンポーネントを含むインタラクティブなドキュメントを生成するために徐々に拡張することもできる。

  • なぜ私たちはCSSフレームワークを使わないのか - Scott Tolinksi氏、Reactive Conf

    最近のReactiveConfセッションで、Scott Tolinski氏は、CSS言語への最近の追加により、開発者は本格的なCSSフレームワークを使用する必要がない可能性があるという主題を擁護した。 Tolinski氏は、さらにIE11をサポートする必要のない開発者がCSS変数を活用して、フレームワークよりもオーバーヘッドの少ないカスタム設計システムを実装する方法を実証した。

  • FacebookのCSS-in-JSアプローチ - Frank Yan氏のReact Conf 2019での講演より

    Frank Yan氏がReact ConfでFB5、すなわち、新しいfacebook.comで使用されているテクノロジやストラテジについて講演し、FacebookのCSS-in-JSへのアプローチなどについて論じた。

  • CSS ContainmentがWeb標準に

    CSS Working Groupは先頃、新たなWeb標準としてCSS Containment Module Level 1を公開した。このCSSモジュールでは、サブツリーがいくつかの形式でページの他部分から独立している要素を示すために使用する、containプロパティについて述べている。この独立性は、ページのレンダリング時にサブツリーをスキップすることで、ユーザエージェントがWebページをより速くレンダリングするために使用される。

  • JSX代替のHTM 3.0がリリース、静的サブツリーのキャッシュとTypeScriptをサポート

    1KB未満でトランスパイラ不要なJSX代替であるHyperscript Tagged Markup(HTM)ライブラリが、3度目のメジャーバージョンをリリースした。テンプレートの静的セクションの自動検出とキャッシュにより、テンプレートのレンダリングが最適化されている。TypeScriptタイピングファイル(typing file)の追加とドキュメントアップデートも提供さ��る。

  • 高速なWebのためのAdaptive Loading

    Google Chromeチームは、ネットワーク速度、CPU、メモリ、その他ウェブプラットフォームシグナルに基づいて、コンポーネントの最適なバージョンをロード・レンダリングするためのAdaptive Loadingを発表した。

  • コンポーネントベースのアプリケーションのためのCSSアーキテクチャ

    CSSアーキテクチャは複雑なテーマであるため、開発者にも見過ごされがちである。しかしながら、CSSをコンポーネント単位でカプセル化することにより、多くの落とし穴を回避することが可能になる。この"回避策"は開発者の作業を容易にしてくれる一方で、再利用性と拡張性といったコストも伴う。

  • CSS-in-JSパフォーマンスコスト - 緩和戦略

    CSS-in-JSは、コンポーネントロジックをスタイリングにリンクする方法として、一部のコンテキストで人気になった。Aggelos Arvanitakis氏はCSS-in-JSのコストがもはや無視できない場合について開発者に注意を促し、緩和戦略を提供した。

  • Micorsoft Edge 79が Chromiumブラウザエンジンを採用

    MicrosoftはEdge 79のリリースで、同社独自のEdgeHTMLエンジンから、Chromeで使用されているオープンソースエンジンのChromiumに移行した。

  • Chrome 74が遅延ローディングをネイティブにサポート

    Googleは先頃、画像とiframeのネイティブな遅延ローディングのサポートを有効にする実験的フラグを新たに加えた、Google Chrome 74をリリースした。imgおよびiframe HTMLタグには、対応するリソースの遅延読み込み動作を設定するために、loading属性が新たに定義されている。表示されていないコンテンツのロードを遅延させることにより、データ使用量とメモリ使用量を削減すると同時に、コンテンツの最初の画面表示を高速化できる可能性がある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。