BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Microsoft に関するすべてのコンテンツ

  • Records in C# 9

    この記事では、C# 9で導入された新しい参照型、レコードについて、 Tugce Özdeger氏が話します。レコードは、データをカプセル化するためのビルトイン機能を提供します。この記事は、レコードを使う潜在的な利点と、開発者がアプリケーションでどのようにレコードを使えるのかをコードの例、および、classとstructの比較と共に示します。

  • .NET 6によるHTTP Client SDKの作成と利用

    この記事では、.NET 6でHTTP Client SDKを開発するまでのプロセスを説明します。現実のシナリオに合わせたさまざまなアプローチを紹介した上で、.NET 6を使って独自のSDKを開発する方法について、ステップバイステップで解説しています。

  • Microservices — 字義と精神

    「分離サービス」のパターンになるマイクロサービスは、パターンを理解 (「スモール」と「分離」) し、開発者が目的と一致する特定の設計上の決定を行うことで、最大限に活用することができました。記事では、適切な実装と不十分な実装について説明します。「スモールサービス」と「分離サービス」または「字義 (Letter)」と「精神 (Spirit)」です。

  • C#のsealedメソッドをオーバーライドする

    今回の記事では、C#のsealedメソッドの動作を変更する方法を紹介しています。オペレーティングシステムのメカニズムと、.NETプラットフォームによるコード生成とコンパイル処理の方法を理解すれば、これが可能になります。筆者はこれらのテクニックを、WinAPIラッパの変更など現実的なシナリオで使用する方法を使って概説しています。

  • Excelの数式言語がチューリング完全に

    Excel開発チームがLAMBDAを発表しました。ユーザが数式関数を定義し、名前を付けられる新機能です。LAMBDA関数ではパラメータの取得、他のLAMBDA関数の呼び出し、自身の再帰的呼び出しが可能です。 LAMBDAを加えることで、Excelの数式言語はチューリング完全になります - 命令型言語(VBAやJavaScript)に頼ることなく、ユーザ定義関数を使って、任意の計算を行うことができます。

  • Microsoftのローコード戦略、ターゲットはUIPathなどのRPA企業

    Microsoftはローコードに多額の投資をして、さまざまなプロダクションをまとめ上げました。他社を引き離すこれらのコレクションに加えて、先日さらにPowerFXが発表されています。その視野にあるのは、UIPath、Automation Anywhere、Blue Prismといった、大企業相手に大きな取引を行うRPA(Robotic Process Automation)企業です。

  • C#のソースジェネレータを開発する

    今回の記事では、C#のソースジェネレータを取り上げます。その過程で、自分自身で開発する上で必要となるであろう、いくつかの重要なテクノロジや、開発過程で出会うかも知れない落とし穴についてご紹介したいと思います。

  • ケーススタディ: 金融ファームでの10年間のマイクロサービス

    マイクロサービスはホットな新しいアーキテクチャパターンですが、「ホット」と「新しい」の問題は、アーキテクチャパターンの実際のコストが明らかになるまでに何年もかかることです。幸い、パターンは新しいものではなく、名前だけです。したがって、これを10年以上行っている企業から学ぶことができます。

  • Windows(および他のプラットフォーム)開発の未来

    Microsoftは、Windows UIとProject Reunionで、Windows開発者エコシステムの分裂に対処しようとしています。この記事では、Windows開発者のさまざまなグループがProject Reunionをどのように採用できるのかを検証するとともに、Uno Platformと組み合わせることで、WindowsアプリケーションをiOS、macOS、Android、Web、さらにはLinuxへと拡張可能になる点も見ていきます。

  • Uno プラットフォームとXamarin.Forms - UIフレームワークの選び方

    この記事ではMicrosoft MVPのMatt Lacey氏が、Uno PlatformとXamarin.Formsの相違点、共通点、関連性について、2つのプラットフォームの将来性はどのようなものか、どうやって選択すればよいのか、といったことを交えて説明します。

  • ソフトウェアアーキテクチャと設計のInfoQトレンドレポート - 2021年4月

    InfoQエディターチームが2021年に進化するソフトウェアアーキテクチャと設計のトピックをどのように見ているかの概要とともに、アーキテクトが今日何のために設計しているかに焦点を当てています。

  • Kubernetesでの分散システムの進化

    3月のQConで、RedHatのプロダクトマネージャであるBilgin Ibryam氏が、Kubernetesを使用した分散システムの進化について講演しました。あなたはそれに対する答えを持っているかもしれません、そしてIbryam氏もそれを持っています。記事の終わりに、あなたは彼の答えがどのようになるかを知るでしょう。

BT