BT

InfoQ ホームページ モデリング に関するすべてのコンテンツ

  • レガシソフトウェアをメンテナンスするためのモデルベースのアプローチ

    Phillips HealthcareのソフトウェアアーキテクトであるHans van Wezep氏がBits&Chips Software Engineering Conferenceで,モデルを使用したマイグレーションについて講演した。InfoQでは氏にインタビューして,レガシソフトウェアをメンテナンスする上での問題点,手作業によるリファクタリングでのエラーの問題,コードベースのリファクタおよびマイグレーションにおけるモデルの利用,レガシソフトウェアをメンテナンスする上でのモデル利用のメリットなどについて話を聞いた。

  • 形式的手法を用いた正当性立証可能なソフトウェアの開発

    ソフトウェアプログラム内の中核的なコミュニケーションと状態管理が論理的に100%正しいことを証明する手段として,コンピュータチェックモデルを利用する方法がある。同じようなモデルは,100%正確なソースコードの作成にも応用できる。このような形式的手法を利用することにより,市場提供のためのコストと時間を削減し,より信頼性の高いソフトウェア製品の提供が可能になる。

  • 必要十分な事前設計を行うには

    今回この記事で紹介するのは,プロジェクト開始に必要なシステム構造情報を提供し,アーキテクトのビジョンにチームを統一して,想定されるリスクを評価するためには,十分な事前設計を行うべきだ,とするアドバイスだ。

  • GenMyModel: リアルタイムコラボレーションの可能なオンラインUML設計ツール

    この記事では,GenMyModelのアーキテクチャ,使用するテクノロジ,将来についてのインタビューを紹介する。

  • Sparx SystemsがEnterprise Architect 9.2をリリース

    オーストラリアのUMLツールベンダであるSparx SystemsはEnterprise Architectバージョン9.2を発表した。新しいバージョンには強化されたシュミレーション機能やオンドロジーの記述などがサポートされている。

  • デザイン、プランニング、アーキテクチャツールに対するJolt Award 2011

    1990年からDr. DobbのJolt Product Excellence Awardsは、5部門でのソフトウエア産業の代表に毎年授与される。10月26日Jolt審議会は、“デザイン、プランニング、アーキテクチャツール”でカテゴリの2011年のアワードをアナウンスした具体的には、Paradigm for UML、Restructure 101、Requirements Center 2010がJoltの殿堂に追加された。

  • Service-Oriented Enterprise (SOE)へのモデル駆動アプローチ

    今では本流のEAの一部であるBusiness-ITの連携は、ITが企業におけるビジネスエンティティの中核であるような世界では、増々不要なオーバーヘッドと見られるようになってきている。Anirban Ray氏は、ITはビジネスの不可欠な部分とすることを中心的な前提とするSOE作成するのに、モデル駆動アプローチを提案している。結局これはビジネス中心のサービス提供に繋がる。

  • 動画で学ぶソフトウエアアーキテクチャ

    ソフトウエアアーキテクチャを最新に保つのはとても難しい。アーキテクチャの情報は普通、厚い本かウェブサイトで得られる。しかし、YouTubeやVimeoのような動画サイトで勉強するのも面白い方法だ。

  • Mary Shaw と Dave Garlanの両氏がソフトウェア アーキテクチャの先駆的な研究で受賞した

    Association for Computing Machinery (ACM)のSpecial Interest Group on Software Engineering (SIGSOFT) は、 Mary Shaw と Dave Garlanの両氏にOutstanding Research Award 2011を授与した。二人のコンピューティング科学者は、 Pittsburghにある Carnegie Mellon Universityの Software Engineering Instituteでソフトウェア アーキテクチャに関する研究のパイオニアである。

  • Spec Explorer 2010 バージョン 3.5 - 更新検出機能の改良とバッチ処理を追加

    Spec Explorer 2010 バージョン 3.5 は再利用可能なテストコードの生成,ソフトウェアの振る舞いに関するグラフィックモデルの作成,解析,再生などを行う Visual Studio 用 エクステンションだ。いくつかのバグフィックスとドキュメント改善に加えて,今回のリリースではモデル更新検出,複数マシン処理,コードエディタなどが拡張されている。

  • Evolve:コンポーネントを使って、依存注入を改善

    Evolveは、Javaコンポーネントを生成、接続、実行する軽量ツールである。開発者は、Evolveを使ってグラフィカルにJavaBeansを記述でき、またオプションでsetterとgetterのJavaコードを生成できる。Andrew McVeigh 氏にツールについて聞いた。

  • レバレッジ・ポイント:システムで介入すべき場所

    ソフトウェア アーキテクトにとって重要な判断の中には、期待する変化をもたらすために、システムのどこに、どのように変化を取り入れるか、ということがある。レバレッジ・ポイント は、ミクロな変化がマクロな結果をもたらす場所である。レバレッジ・ポイントの12のカテゴリが変化への懸念と共に特定されている。

  • Architexa、UMLをすばやく簡単にすることを目指す

    ArchitexaはEclipseベースの新しいUMLモデリングツールだ。開発者はUMLダイアグラムによってコードにある関係をすばやく見抜き、見つけたことを他人と共有できるようになる。

  • SOAの文法 - サービスは動詞か名詞か?

    Jason Bloomberg氏は、彼の新しい投稿において、サービスの2つのタイプ - エンティティとタスク - を紹介し、それぞれのサービスのタイプがSOAシステムを構築する際に担う役割について説明している。

  • Adobe Flexでのモデル駆動開発

    Adobeが発表したAdobe LiveCycle Data Services 3(LCDS)はFlexを中心とするエコシステムのさらなる前進となった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。