BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ .NETフレームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • CoreWCFが最初のGAリリースに到達

    CoreWCFは、Windows Communication Framework(WCF)から.NET Coreへの移植である。このプロジェクトの目標は、既存のWCFプロジェクトを.NET Coreに移行できるようにすることであり、21か月の公開開発の後、CoreWCFは最初のGAリリースに到達した。

  • .NET 6 LINQの改良

    100件を数える.NET 6のAPI変更を取り上げたシリーズの続きとして、今回はLINQライブラリの拡張に注目する。

  • .NETニュース総まとめ - 2021年5月17日の週

    .NETニュースのまとめ:Giraffe 5.0、Azure SDK、および.NET Framework、Microsoft.Data.SqlClient、Uno Platform、AvaloniaUIの更新。

  • .NET 4.8の概観

    注目の大部分は.NET Coreにあるが、従来の.NET Frameworkに対する作業が続いている。.NET 4.8の「早期アクセス」プレビューでは、高DIP、アクセシビリティ、同時実行性など、Microsoftが最も関心を持つ分野が示されている。

  • Build 2018: .NET の概要とロードマップ

    Microsoft Build 2018 にて、.NET の Director Program Management である Scott Hunter 氏と .NET の Director Community である Scott Hanselman 氏は .NET の将来についてのセッションを行った。プレゼンテーションの要旨は、 .NET があらゆる種類のアプリケーション、すなわちデスクトップ、Web、クラウド、モバイル、ゲーム、IoT、AI、を構築するプラットフォームとなりうる、というものだった。既に手にしている言語スキルは無駄にはならず、新たな領域に活かすことができる。

  • .NET Core 3ハWindowsデスクトップアプリをサポートする

    Build Developer ConferenceにおいてMicrosoftは.NET Coreの次のリリースで、Windowsデスクトップアプリケーション開発をサポートすると発表した。開発者は.NET CoreアプリでUWP、WPF、Windows Formsをターゲットにできる.

  • 今後の.NET Framework 4.7.2のハイライト

    注目されているのは、ほとんどが.NETコアであるが、開発はオリジナルの.NET Framework上で継続する。マイクロソフトは最近、ASP.NET、ADO.NET、WCF、WPF、さらにはWindowsフォームのアップデートと共に、.NET Framework 4.7.2のプレビュー版をリリースした。

  • .NET Standard 2.0が最終版に

    Microsoftは.NET Standard 2.0の最終バージョンを発表した。これには32,000以上のAPIが含まれ、.NET Standard 1.6よりも140%、.NET Standard 1.0に比べて400%増えている。

  • WPFとWinFormsを改善した .NET Framework 4.7

    Windows 10 Creators Updateと共にデビューした .NET Framework 4.7には、Windows 10上で動作するWindows Formsアプリケーションの高DPIのサポート、WPFアプリケーションでのタッチとスタイラスのサポートが含まれている。

  • .NET Framework 4.7が一般公開される

    .NET Framework 4.7はWindows 10 Creators Editionのリリースとともに登場したが、これまで以前のWindowsでは利用できなかった。今回の.NET Framework 4.7一般公開により、Windows 7から10のユーザーにも、C#7とVB15のサポート、バグ修正、暗号化サポート拡大といった最新機能が提供される。

  • .NET Framework 4.6.2の提供するWPFとセキュリティ改善

    .NET Frameworkの最新リリースでは,WPFとセキュリティを中心に,いくつかの新機能��提供されている - その中には,待望のClickOnceによるデプロイの改善も含まれる。Microsoftが.NET Framework 4.6.2プレビューをリリースしたのは3月下旬のことだった。今回そのリリースの新機能を,開発者が自身のプロジェクトで利用できるようになったのだ。

  • Codename OneがJavaアプリのターゲットとしてUniversal Windows Platformのサポートを追加

    さまざまなプラットフォームでJavaを使用可能な ことから人気のアプリ開発環境であるCodename Oneが今回,Universal Windows Platformを新たなターゲットとして追加した。これによってJava開発者は,Windows 10がインストールされたデバイス – 携帯電話,タブレット,デスクトップのいずれも – をターゲットにすることが可能になる。ターゲットとすることのできるプラットフォームは,これで8つになった。

  • .NETの未来にはオープンソース化されたMonoも含まれる

    Buildの2日目、MicrosoftのScott Hunter氏とScott Hanselman氏は同社の統合.NETライブラリの計画を説明した。計画の一部としてMonoはMITオープンソースライブラリに変更された。

  • セキュリティとWPFを重視した.NET 4.6.2プレビュー版

    多くの注目が.NETコアに集まる中,本来の.NETフレームワークも開発が続けられている。先日プレビュー版がリリースされたバージョン4.6.2での主な注目点は,セキュリティとWinForms/WPF関連の機能にある。

  • オフライン修復が加わったことでQuietとパッシブモードにより.NET修復ツールはさらにエンタープライズに適合した

    Microsoftは先日、quiteとパッシブモードをサポートし、.NET Framework 4.5と4.5.1を加えた.NET Framework Repair Tool(修復ツール)をリリースした。このリリースでは、開発者が.NETインストールとログの取得を可能にするコマンドラインツールも提供されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。