BT

InfoQ ホームページ プログラミング に関するすべてのコンテンツ

  • データメッシュの原則と論理アーキテクチャの定義

    データメッシュの概念は、大規模なデータ管理における共通的な問題に対処するための新たな手法を提供する。Zhamak Dehghani氏はデータメッシュの4つの原則を、対応する論理アーキテクチャと組織化構造によってさらに明確化した。

  • GoogleがFuchsiaに対する一般からのコントリビューションを受け入れ開始

    Fuchsiaをオープンソース化してから4年後、Googleはプロジェクトが一般からのコントリビューションを受け入れることを発表した。Fuchsiaは、IoTとモバイルを対象とした新しい機能ベースのオペレーティングシステムである。

  • Hyperforceを使用して主要なパブリッククラウドにSalesforceをデプロイ

    最近のプレスリリースで、SalesforceはHyperforceを発表した。これは、顧客が主要なパブリッククラウドプラットフォームであるAzure、AWS、Google、AlibabaにSalesforceをデプロイできるようにする新機能である。Hyperforceを使用して、同社はSalesforceアーキテクチャを再設計し、グローバルな顧客ベースに対して、よりスケーラブルなプラットフォームを提供する。

  • mvnd: Mavenを速くするDaemon、Peter Palaga氏とGuillaume Nodet氏との対談

    ほぼ20歳のMavenは、依然としてJavaの世界ビルドツールであり、最大の市場シェア (60%以上) を誇っている。敏捷性とリリースサイクルの短縮という今日のニーズに適応するため、Maven Daemonは、TakariまたはGradleによって普及した手法を使用して、必要な速度を実現する。

  • Microsoft、新たなデータガバナンスサービスAzure Purviewを公開プレビューでローンチ

    Microsoftは先頃、同社クラウドプラットフォーム上の公開プレビューとして、Azure Purviewという名称の新たなデータガバナンスソリューションを発表した。この新サービスは、コンプライアンスリスクを最小化しながらデータの検出とカタログ化を自動化すると同時に、すべてのデータを所在場所に関係なくマッピングすることにより、データ資産のエンドツーエンドのビューを提供する。

  • .NET 5の重大な変更 - ASP.NET Core

    .NET 5の重大な変更(Breaking Changes)シリーズのパート3では、ASP.NET Coreを取り上げる。

  • NativeScriptがOpenJS Foundationのメンバーになった

    NativeScriptは最近、インキュベーションプロジェクトとしてOpenJS Foundationに加わった。NativeScriptは、開発者がJavaScriptとTypeScriptを使用してネイティブモバイルAPIを活用するアプリケーション��作成できるようにするフレームワークである。これは、ガバナンスとコミュニティへの働きかけの点においてOpenJS Foundationのサポートの恩恵を受けることでき、その長期的な生存の可能性を高めることになる。

  • AirbnbがVisxをリリース:Reactを使ったインタラクティブな視覚化のための低レベルでプリミティブなコンポーネントの集合

    Airbnb Engineeringは最近、visxの最初のメジャーイテレーションをリリースした。visxは、インタラクティブに視覚化を構成できる低レベルのReactコンポーネントの集合である。visxは、D3プリミティブ、Reactコンポーネントモデル、React DOM処理をベースに構築されている。visxは、表現力を犠牲にすることなく簡単に習得できるデータ視覚化フロントエンドソリューションを提供することに努めている。

  • Haskell Web Framework IHPは、型安全と簡易なWeb開発を目指す

    digitally inducedで作成されたIntegrated Haskell Platformは、Haskellの型安全性をサーバ側のレンダリングにもたらし、迅速な開発を実現する、独創的なフレームワークを目指している。InfoQは、digitally inducedのCEO Marc Scholten氏と話した。

  • CXXが実現するRustとC++の安全な相互運用

    CXXは安全な低レベルバインディング経由でC++コードとRustコードの相互呼び出しを可能にするソフトウェアだ。安全ではないC言語形式のシグネチャ上に外部関数インターフェースを構築する必要はない。InfoQは今回、作者のDavid Tolnay氏と話す機会を持つことができた。

  • Inertia.JSでAPI不要のモノリシックReact/Vue/Sevlteアプリケーションが記述可能に

    Inertia.jsは、従来のサーバサイドルーティングとコントローラを使ったシングルページアプリケーションの記述を可能にする。Inertiaがバックエンドとフロントエンドをしっかり結んでくれるので、APIを書く必要はない。開発者は、十分に実績を積んだサーバサイドフレームワーク(Laravel、Ruby on Rails、Dango、AspNetCoreなど)を使用することができる。クライアント上では、React、Svelte、Vueなどを使ったユーザインタフェースの実装が可能だ。

  • Lets Encryptの5年間

    5年前、非営利団体は、TLS証明書の自動プロビジョニングを通じて、デフォルトでWebサイトの安全性を高めることを目的として、公開認証局を設立した。 5年後、Lets Encryptは独自のトップレベルルートCAを組み立てている。これは来年デフォルトで提供される。しかし、一部の古いAndroidバージョンでは使用できない。

  • .NET 5の重大な変更点を歴史的テクノロジの面から見る

    我々の.NET記事のパート2では、.NET Coreに飛び移ることのできなかった、.NETの歴史的テクノロジを振り返ってみたい。これらテクノロジに関して興味深いのは、APIがそのままコピーされており、将来的な.NET Coreでの実装が示唆されていることだ。

  • .NET 5で導入されたBase Class Libraryの重大な変更

    間もなくリリースされる.NET 5では、互換性に関わる重大な変更(breaking change)が多数導入されている。多くは特殊なケースに関わるものや、従来の動作が不適切であったものだが、開発者を驚かせるようなものもいくつかある。一連のニュースの初回として、今回の記事ではBase Class Libraryに注目する。

  • .NET 5でのASP.NET Coreの改善点

    今月初めの.NET Conf 2020で、Microsoftは.NET 5プラットフォームをリリースした。このバージョンには広範な新機能と改善点が含まれると同時に、ASP.NET Coreフレームワークにも大きく関わっている。リリースの主眼はパフォーマンスの改善にあるが、Blazor、SingalR、MVC、OpenAPIサポートなどに関する機能やAzure AD認証の統合もそれに次ぐものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。