BT

InfoQ ホームページ React-Native に関するすべてのコンテンツ

  • Recoil - Reactの新しい状態管理ライブラリ

    RecoilはFacebookによる新しい実験的な状態管理であり、より大きなアプリケーションで既存のContext APIを使用するときに直面する問題の多くに対処する。

  • Khan AcademyのReact Nativeへの移行のメリットとデメリット

    iOSおよびAndroidアプリのネイティブからReact Nativeへの2年間にわたる移行の後、Khan AcademyのエンジニアであるBryan Clark氏は、この決定のメリットとデメリットについて意見を述べた。

  • Shopify、モバイルアプリ開発をReact Nativeで進める

    React Nativeを1年使ってみて、Shopifyは今後のモバイルアプリ開発にReact Nativeを採用することにした。彼らの報告によると、開発パフォーマンスは約2倍になり、プラットフォーム間で95%以上のコードを共有できたという。

  • iOSとAndroidのアプリ開発にReact Nativeを採用したWalmart

    過去2年間、Walmartのエンジニアたちは、自分たちのモバイル開発ツールにReact Nativeを取り込む作業を着実に進めてきた。純粋にReact Nativeなアプリに代えて彼らが選んだのは、ネイティブとReactのよい部分を活用したハイブリッドアプリだ。

  • Android React Ntiveアプリの起動時間とメモリ使用量の大幅な削減が可能なFacebook Hermes

    先頃Facebookがオープンソースとして公開したJavaScriptエンジンのHermesの目標は、Androidデバイス上でのReact Native Appsのパフォーマンス向上にある。特に重視されているのが、起動パフォーマンス、ダウンロードサイズ、メモリ消費量だ。Facebookの主張は、Microsoft Officeと、Slackに代わるオープンソースの代替品であるMattermostを使った最初のベンチマークで裏付けられている。

  • マイクロソフト、パフォーマンス重視のWindows用React Nativeを発表

    マイクロソフトは最近Microsoft Build 2019で、パフォーマンス指向で再実装したReact Native for WindowsをMITライセンスで発表した。新しいReact Native for Windowsにより、React Native開発者はReactを使用してネイティブWindowsアプリケーションを構築できる。Windows 10 SDKのサポートにより、開発者はPC、タブレット、ラップレット(ラップトップPCとタブレットのハイブリッド)、Xbox、Mixed RealityデバイスなどのさまざまなWindowsデバイスをターゲットにすることができる。

  • React Native開発チームが開発者の苦情調査を実施

    React Nativeチームは先頃,React Native開発者を対象に,"あなたがReact Nativeで気に入らない部分は何ですか?"という,ひとつの質問の調査を行った。最初の不満として圧倒的に多かったの���,デバッグを含む開発者エクスペリエンスだった。コミュニティへの対応やドキュメントなども,不満な部分として際立っていた。

  • React NativeモバイルアプリのWordPressを目指すShoutem

    Shoutemは先頃、新たにReact Nativeベースのアプリケーションビルダをローンチした。開発者を対象とした、モバイルアプリ用のWorsPressのようなものだ。マーケティングVPのRobert Sekulić氏に話を聞いた。

  • React Fiber: Reactの新エンジンを詳査する

    Facebookは現在、人気のJavaScriptフレームワークであるReactを支援する、まったく新しいアーキテクチャに取り組んでいる。React Fiberと呼ばれるこの新デザインでは、ブラウザや他のレンダリングターゲットによる認識の応答性を改善するために、変更を検出するタイミングと方法が改められる。バージョン16でローンチされる予定のReact Fiberは、大部分のReactアプリに対して完全互換性を持つものになるはずだ。

  • Angular 2とReact Nativeの組み合わせ

    Angular 2のアーキテクチャは、React Nativeを含む様々なレンダラーを使ったレンダリングを可能にする。

  • Microsoft、React NativeのUWP対応をサポート、VS Codeにツールを追加

    React Nativeの次のターゲットプラットフォームはUWP(Universal Windows Platform)になると、MicrosoftとFacebookが発表した。また、開発者がWindowsでReact Nativeアプリを構築するのを助けるため、MicrosoftはVisual Studio CodeのためのReact Nativeエクステンションもリリースした。

  • Facebook、React.jsを15にバージョンアップ

    React.jsの安定性に対する信頼性を高めようと、Facebookはそのバージョン番号を0.14から15.0に上げた。

  • FlutterでDartによるモバイルアプリのクロス開発を目指すGoogle

    Flutterは,Dartの単一コードベースによるiOSとAndroidのクラスプラットフォーム開発を実現するためにGoogleが開発した,オープンソースの新フレームワークだ。両方のプラットフォームで,ハイパフォーマンスと60fsでジッタフリーなエクスペリエンスを提供することを目的とする。

  • Microsoft CodePush の目的は Cordova と React Native アプリケーションの即時更新を可能にすることだ

    CodePush により、Cordova と React Native 開発者は、モバイルアプリケーションの更新を iOS や Android に直接更新可能となることを Microsoft が述べている。CodePush はクラウドサービスと SDK を伴っており、JavaScript, HTML, CSS, 画像に対して最新の状態に更新することが可能だ。コンパイル済みのコードは即時反映ができない。

  • TypeScriptがReactをサポート

    MicrosoftがTypeScript 1.6のベータをリリースした。これにはReactのサポートが含まれている。 プログラムマネージャのJonathan Turner氏は、TypeScriptチームはDojo、Aurelia、Angularなどのチームと協力してきたが、Reactは「重要なライブラリ」だがTypeScript開発者にとって難しいところがあったと説明した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。