BT

InfoQ ホームページ React に関するすべてのコンテンツ

  • PreactチームがWMRをリリース、最新のWebアプリ開発を簡単に

    3KBのReact互換ソフトPreactの作者であるJason Miller氏は先頃、*最新Webアプリのためのコンパクトなオールインワン開発ツール* WMRをリリースした。2MBのファイルひとつに収められ、依存関係をまったく持たないWMRは、事前インストールの不要なnpmパッケージのインポートに加えて、開発や運用に関して開発者が慣例とする多くの機能(ホットモジュールローディング、JSX、CSSモジュール、TypeScriptなど)をサポートする。

  • TypeScript4.1にテンプレートリテラルタイプが追加された

    TypeScriptチームはTypeScript 4.1のリリースを発表した。リリースには、強力なテンプレートリテラルタイプ、マップされたタイプのキーの再マッピング、再帰的な条件付きタイプが含まれる。

  • single-spa によるマイクロフロントエンド

    マイクロフロントエンドは、マイクロサービスの概念をフロントエンドに拡張する。目標は、大規模なSPAを、さまざまなテクノロジーを使用し、別々のチームで開発および管理できる小さな独立したアプリケーションに分割することだ。 single-spaは、複数のフロントエンドアプリケーションの構成を単一のプロダクトに簡素化することにより、開発者がその目標を達成するのに役立つフレームワークだ。

  • AirbnbがVisxをリリース:Reactを使ったインタラクティブな視覚化のための低レベルでプリミティブなコンポーネントの集合

    Airbnb Engineeringは最近、visxの最初のメジャーイテレーションをリリースした。visxは、インタラクティブに視覚化を構成できる低レベルのReactコンポーネントの集合である。visxは、D3プリミティブ、Reactコンポーネントモデル、React DOM処理をベースに構築されている。visxは、表現力を犠牲にすることなく簡単に習得できるデータ視覚化フロントエンドソリューションを提供することに努めている。

  • Inertia.JSでAPI不要のモノリシックReact/Vue/Sevlteアプリケーションが記述可能に

    Inertia.jsは、従来のサーバサイドルーティングとコントローラを使ったシングルページアプリケーションの記述を可能にする。Inertiaがバックエンドとフロントエンドをしっかり結んでくれるので、APIを書く必要はない。開発者は、十分に実績を積んだサーバサイドフレームワーク(Laravel、Ruby on Rails、Dango、AspNetCoreなど)を使用することができる。クライアント上では、React、Svelte、Vueなどを使ったユーザインタフェースの実装が可能だ。

  • Next.JS 10は、自動画像最適化、国際化されたルーティング、およびWebバイタル分析をもたらす

    Next.js Reactフレームワークの作成者であるVercel氏は、先頃、最初の年次Next.js ConfでNext.js 10を発表した。Next.js 10は、自動画像最適化、国際化されたルーティング、継続的なWebバイタル分析を備えている。

  • Microsoftは、Build 2020でプレビューのApp Service Static Web Appsを導入

    今年のデジタルイベントのBuildで、Microsoftは、静的Webアプリ用に明白に調整された新しいホスティングオファーでAzure App Serviceを拡張したことを発表した。ホスティングサービスはAzure Static Web Appsと呼ばれ、現在プレビュー中だ

  • Facebook.comの再設計:持続可能なパフォーマンスのためのスタックと戦略

    Facebookがブログ記事で、facebook.com Webサイトの最新イテレーションとなるFB5で使用されているテクノロジと戦略を詳細に説明している。Facebookは同社のWebサイトを再構築して、テクノロジスタックをReact、GraphQL、Relay、独自開発のCSS-in-JSライブラリによって標準化した。再開発の目標はパフォーマンスの向上と、新機能の追加を容易にすることだ。

  • Redwood - Ruby on RailsのエクスペリエンスをJavaScriptで実現

    GitHub創設者のひとりであるTom Preston-Werner氏が、エッジに対応したフルスタックJavaScipt WebフレームワークのRedwoodJSを新たにリリースした。Redwoodは独特の思想を持っており、事前定義されたバックエンドとフロントエンドを統合する。"設定より規約(convention-over-configuration)"の原則に基づいて、Ruby on Railsライクな開発者エクスペリエンスの提供を目標としている。

  • 新しいFacebook.comの最適化戦略 - React ConfでのAshley Watkins氏の講演

    Ashley Watkins氏は、React Confで、FB5、新しいfacebook.comを強化するテクノロジーと戦略のいくつかについて話し合い、データ駆動の依存、段階的なコードとデータのダウンロードなどのトピックに取り組んだ。

  • Mobx リアクティブ状態管理ライブラリバージョン 6がリリースされた

    リアクティブ状態管理ライブラリMobXの作成者であるMichel Weststrate氏は、先頃MobX 6をリリースした。MobX 6は、Internet ExplorerとReact Nativeをサポートし、新しいJavaScriptデコレータの提案を反映するようにデコレータベースのAPIを更新する (現在はステージ2) 。MobXエコシステムの重要な部分も、最新バージョンのMobXをサポートするように更新されている。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • React 17では、将来のReactバージョンへの移行の問題を緩和

    Reactチームは、React 16の2年後にReact 17(最初のリリース候補版)を最近リリースした。React 17は、2つの同時バージョンが共存できるようにすることで、Reactの将来のメジャーバージョン間の移行が簡単になるよう努めている。React 17には、イベントシステムとスケジューリングに関連するいくつかの重大な変更が加えられている。

  • Apollo Data Graphプラットフォーム:エンタープライズ向けのGraphQLミドルウェアレイヤ

    最近のInfoQポッドキャストで、Apolloの創設者兼CTOであるMatt Debergalis氏が、GraphQLとApollo Data Graphプラットフォームに対するモチベーションについて議論した。議論した主要なトピックには、エンタープライズコンテキストでのデータモデリング、およびGraphQLを段階的に採用することがフロントエンドシステムとバックエンドシステムの進化を切り離すのにどのように役立つかが含まれていた。

  • Ink 3を備えたインタラクティブターミナルアプリ - 新しい組み込みフック、Suspense、React Dev Toolのサポート

    Inkは、インタラクティブなコマンドラインアプリ用のReactレンダラーだが、新しい組み込みフックを備えたInk 3をリリースし、ターミナルでのフォーカスとストリーム管理(stdinなど)を改善した。開発者はReact開発ツールを使えるようになった。Ink 3ではコンポーネントも更新され、それによって、CLIのスタイリング、組み込みのエラーハンドラーとログのインターセプトが改善され、そして、その他のパフォーマンスと安定性が向上した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。