BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ランタイム に関するすべてのコンテンツ

  • Java 6のスレッド最適化は実際に動作しているのか?

    2つのパートからなるこの記事では、シングルスレッドベンチマークの助けを借りて、Java 6のスレッドのパフォーマンスに関する疑問に答える試みをしようと思います。

  • Rubyのデバッガを調査

    Rubyには、Rubyコミュニティの内外で広く知られている誤解が一つある。Rubyにはデバッガがないという誤解だ。しかし、Rubyにデバッガが無いということは誤解なのだ。実際のところ、Rubyにはデバッガ用のツールがある。

  • エンタープライズのためのリアルタイムJava

    Simon Ritter氏がガーベジコレクションによる最長応答時間を保証するReal-Time Java specification (RTSJ)のビジョンとキャパシティを解説します。

  • OpenTerracottaの紹介

    OpenTerracottaはエンタープライズクラス、かつオープンソースな、JVMレベルのクラスタリングソリューションで、マルチスレッドの単一のJVM上で動作するアプリケーションや、複数のJVM上で動作するアプリケーションをコードの変更無しでクラスタリングさせることが出来ます。 この記事ではOrion Letizi氏がOpenTerracottaのセッション複製、キャッシュの分散、その他詳細を解説します。

  • 進行中の相互運用

    あまり知られてはいませんが、非常によく使用されている2つのマネージド環境(JVMとCLR)は実際には、共有ライブラリセットにすぎません。それぞれが実行コードにメモリ管理やスレッド管理、コードコンパイル(JIT)などのサービスを提供しています。このため、同じオペレーティングシステムプロセス内でJVMとCLRの両方を用いることは大きな問題にはなりません。どのプロセスでも、ほぼすべての共有ライブラリをロードできるためです。

  • ボックス--パフォーマンス・ボトルネックを探し出す近道

    パフォーマンス上の問題が報告される時、防御手段に凝り固まったコメントがついてくることがとても多く、そして、そんなコメントのほとんどは、どこから作業を始めるべきかを理解する上で何の役にも立ちません。このジレンマに直面し、根本的な原因から推量し始めるチームも珍しくありません。ここで「ボックス」の登場です。ボックスはシステム全体を抽象化した小さな図式です。パフォーマンス・ボトルネックの実情を思い出させてくれます。厳密な調査と併用すれば、ボトルネック発見から当て推量を排除するのに役立つでしょう。

BT