BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ S3 に関するすべてのコンテンツ

  • AWSがS3とEFS用の新しいインテリジェントティアのオプションを導入

    AWSは、直近のAWS Storage Day中に、S3およびAmazon Elastic File System(EFS)のストレージアプローチに対する機能と変更を発表した。これは、オプションのインテリジェントティアリングに関するものだ。更新と変更により、顧客はS3とEFSをより効率的かつ費用対効果の高い方法で活用できるようになる。

  • AmazonがS3 Object Lambdaを発表

    Amazonは先頃、S3 Object Lambdaを発表した。これは、カスタマイズされたコードを追加し、アプリケーションに返す前にS3のデータを処理する新しいサーバレス機能だ。S3 Object LambdaはS3 GETリクエストを処理し、AWS Lambda関数を使用してデータがオブジェクトストレージから取得されるときにデータを修正する。

  • BBCの分析プラットフォームの失敗に備えた設計

    先週のInfoQ Liveで、BBCのプリンシパルシステムエンジニアであるBlanca Garcia-Gil氏が、データプラットフォームの進化する分析のセッションを行った。このセッション中、Garcia-Gil氏は、チームが「既知の未知」と「未知の未知」という2種類の障害にどのように備えて設計したかに焦点を当てた。

  • AWS OutpostsがAmazon Elastic Block Storeのローカルスナップショットをサポート

    先頃、AWSは、OutpostsサービスがAmazon Elastic Block Store (ESB) のローカルスナップショットをサポートするようになったと発表した。OutpostsのAmazon EBS Local Snapshotsを使用すると、顧客はAmazon EBS ボリュームのスナップショットをOutpostsのAmazon S3にローカルに保存して、データの常駐とローカルデータ処理のニーズを満たすことができる。

  • Amazon S3が強力な読み取り後書き込みの一貫性を提供する

    より高い可用性とより良いパフォーマンスを保証するために、S3は何年もの間、結果整合性モデルに依存してきた。re:inventの最初の週に、AWSはS3が強力な読み取り後書き込みの一貫性をサポートするようになったと発表した。

  • AWSが新しいサービスを発表:Amazon S3 Storage Lens

    AWSは、Amazon S3 Storage Lensと呼ばれる新しいサービスを発表した。このサービスにより顧客は、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティの傾向を組織全体で可視化できる。このサービスにより、S3 Object Storageのインストールを通して何が起こるかを把握できる。

  • AWSが新しいS3 Intelligent-Tieringアーカイブアクセス層を発表

    S3 Intelligent-Tieringは、AWSがユーザのストレージコストを最適化するためにAmazon S3に追加したストレージクラスである。同社は最近、2つの新しいアーカイブアクセス層を追加すると発表した。それは非常に低コストでまれなアクセス用に最適化された非同期アクセス用に設計されたものである。それはアーカイブアクセス層とディープアーカイブアクセス層である。

  • Amazonが分析のためにサステナビリティデータセットを提供

    Amazon Web Services Open Data (AWSOD) とAmazon Sustainability (AS)は、AWS Simple Storage Service (S3)でサステナビリティデータセットを利用できるようにするために協力して、最適な検索のためにデータセットを前処理することで一様に処理する重い処理を取り除く。持続可能なデータセットは一般に衛星、地質学的研究、気象レーダー、農業研究などからのものである。

  • Amazon、自動的にコストを最適化するS3ストレージクラスIntelligent-Tieringを導入

    AmazonはIntelligent-Tieringという新しいS3ストレージクラス発表した。これは使用パターンに基づいて最も費用対効果の高いストレージ階層を自動的に選択することで、ストレージコストを最適化する。S3にあるデータへのアクセス頻度が低い顧客にとって、この新しいクラスはコストを削減するのに役立つ。

  • InstanaがAWS Lambdaを監視できるようにAIアプリケーションを拡張

    Instanaは、動的にコンテナ化されるマイクロサービスのアプリケーション向けの、人工知能ベースの監視ツールのクラウドネイティブプロバイダーである。同社は、サーバレスコンピューティングプラットフォームであるAWS Lambdaを含めサポートを拡張し、AWS Marketplaceを通じて利用できることを発表した。

  • Amazon S3がアップデートを実施 - 新ストレージクラスとS3 Selectの一般供用を開始

    Amazon S3は先頃、サービスのアップデートを行い、新しいストレージクラスであるS3 One Zone-Infrequent Access (Z-IA) Storage ClassとS3 Select機能の一般提供を開始した。S3 Selectはデータのサブセットを従来より短時間で取得可能にする機能であり、新しいストレージであるOne Zone IAクラスは、頻度の低いデータを取得するための廉価なオプションである。

  • 人為的ミスにより AWS S3 が US-EAST-1 で停止

    手違いによって本来より多くの S3 サーバが停止した。これには2つの重要なサブシステムも含まれていた。S3は不具合を起こし、S3 サービスやこれに依存する他のサービスにも影響は及んだ。復旧にはおよそ4時間が掛かった。

  • 疲労、スパム、およびバックアップの欠如でGitLab.comはダウンした

    GitLab.comをスパマーから守る試みが始まったのは、エンジニアの疲労が激しく、バックアップが欠如しているためにサイトが18時間近くダウンし、6時間分の生産データが失われたからです。

  • AWS s2n: 6,000行ほどのオープンソースTLS実装

    Amazon Web Servicesがs2nを発表した。これは “signal to noise” を縮めたもので、TLS/SSLプロトコルのオープンソース実装だ。「シンプルで、小さく、高速で、安全であることを優先して」作られている。

  • Microsoft Azure は Nasuni のストレージベンチマークテストでトップとなった!

    クラウドの NAS とストレージ会社である Nasuni がクラウドストレージのベンチマークテストの年報を発行した。Microsoft Azure Storage は性能、可用性、スケーラビリティのトップであり、同ベンチマークには Amazon S3 や Google Cloud Storage はもちろん他のサービスも含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。