BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ S3 に関するすべてのコンテンツ

  • AWS Backup for AmazonS3が一般提供へ

    Amazonは最近、AWS Backup for Amazon S3の一般提供を発表した。これは、S3にデータを保存するアプリケーション向けのデータ保護を一元化するためのマネージドオプションである。この新機能では、S3でのアプリケーションデータのバックアップと復元が自動化される。その際、インスタンスやデータベースなど他のサービスのバックアップと組み合わせることができる。

  • Amazon S3が整合性チェックのための新しいチェックサムアルゴリズムをサポート

    Amazon S3は最近、アップロードリクエストとダウンロードリクエストのデータ整合性チェックのための4つのチェックサムアルゴリズムのサポートを開始した。Amazonは、AWS SDKとS3 APIの機能強化により、S3リクエストの整合性チェックが最大90%高速化されると述べている。

  • Amazonが既存オブジェクトを複製するためのS3バッチレプリケーションを導入

    Amazonは最近、S3向けバッチレプリケーションを導入した。既存のオブジェクトを複製してバケットを同期するオプションである。この新機能は、ディザスタリカバリのセットアップ、遅延の削減、既存データの所有権の譲渡などのユースケースを想定して設計されている。

  • HashiCorp Terraform AWSプロバイダーでAmazon S3バケットリソースに対する大きな変更

    HashiCorpは、Terraform AWSプロバイダーのバージョン4.0のリリースを発表した。Amazon S3バケットリソースに非常に大きな変更が加えられている。このリリースでは、デフォルトリソースのライフサイクルの完全な制御ができ、プロバイダー構成が変更され、複数のデータソースの処理が改善されている。

  • 誤ったIAMポリシーによるS3データへのAWSアクセスに関する疑問

    AWSサポートが使うポリシーの予期しない変更により、顧客のS3データへのアクセスに関する懸念が生じた。当クラウドプロバイダは変更を元に戻した。アクセス許可は使用されなかったし、できなかったと述べ、セキュリティ速報を公開した。セキュリティ専門家は、将来の同じような問題を検出して防止するための手順を提案している。

  • Amazon S3が長期間利用されるデータに対する新しいストレージクラスを追加し、アクセス管理をシンプルに

    直近のre:Inventで、AmazonはS3 Glacier Instant Retrievalストレージクラスを発表した。これは、めったにアクセスされないが、ミリ秒単位での取得が要求されるデータ用の新しいストレージクラスだ。新たなバケット所有者強制オプションを使うと、顧客はバケットとオブジェクトに関連付けられたACLを無効にできる。

  • CloudflareがR2ストレージとレグレス無償でAWSに挑む

    Cloudflareは先頃、エグレス(egress、下り通信)料金に関わりなく、大量のデータを格納可能なS3互換サービスのR2ストレージを発表した。既存のAWSデプロイメントの移行あるいは統合を促進するための手段として、Amazon S3からCloudflare R2へのオブジェクトの自動マイグレーションが提供される。

  • AWSがS3とEFS用の新しいインテリジェントティアのオプションを導入

    AWSは、直近のAWS Storage Day中に、S3およびAmazon Elastic File System(EFS)のストレージアプローチに対する機能と変更を発表した。これは、オプションのインテリジェントティアリングに関するものだ。更新と変更により、顧客はS3とEFSをより効率的かつ費用対効果の高い方法で活用できるようになる。

  • AmazonがS3 Object Lambdaを発表

    Amazonは先頃、S3 Object Lambdaを発表した。これは、カスタマイズされたコードを追加し、アプリケーションに返す前にS3のデータを処理する新しいサーバレス機能だ。S3 Object LambdaはS3 GETリクエストを処理し、AWS Lambda関数を使用してデータがオブジェクトストレージから取得されるときにデータを修正する。

  • BBCの分析プラットフォームの失敗に備えた設計

    先週のInfoQ Liveで、BBCのプリンシパルシステムエンジニアであるBlanca Garcia-Gil氏が、データプラットフォームの進化する分析のセッションを行った。このセッション中、Garcia-Gil氏は、チームが「既知の未知」と「未知の未知」という2種類の障害にどのように備えて設計したかに焦点を当てた。

  • AWS OutpostsがAmazon Elastic Block Storeのローカルスナップショットをサポート

    先頃、AWSは、OutpostsサービスがAmazon Elastic Block Store (ESB) のローカルスナップショットをサポートするようになったと発表した。OutpostsのAmazon EBS Local Snapshotsを使用すると、顧客はAmazon EBS ボリュームのスナップショットをOutpostsのAmazon S3にローカルに保存して、データの常駐とローカルデータ処理のニーズを満たすことができる。

  • Amazon S3が強力な読み取り後書き込みの一貫性を提供する

    より高い可用性とより良いパフォーマンスを保証するために、S3は何年もの間、結果整合性モデルに依存してきた。re:inventの最初の週に、AWSはS3が強力な読み取り後書き込みの一貫性をサポートするようになったと発表した。

  • AWSが新しいサービスを発表:Amazon S3 Storage Lens

    AWSは、Amazon S3 Storage Lensと呼ばれる新しいサービスを発表した。このサービスにより顧客は、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティの傾向を組織全体で可視化できる。このサービスにより、S3 Object Storageのインストールを通して何が起こるかを把握できる。

  • AWSが新しいS3 Intelligent-Tieringアーカイブアクセス層を発表

    S3 Intelligent-Tieringは、AWSがユーザのストレージコストを最適化するためにAmazon S3に追加したストレージクラスである。同社は最近、2つの新しいアーカイブアクセス層を追加すると発表した。それは非常に低コストでまれなアクセス用に最適化された非同期アクセス用に設計されたものである。それはアーカイブアクセス層とディープアーカイブアクセス層である。

  • Amazonが分析のためにサステナビリティデータセットを提供

    Amazon Web Services Open Data (AWSOD) とAmazon Sustainability (AS)は、AWS Simple Storage Service (S3)でサステナビリティデータセットを利用できるようにするために協力して、最適な検索のためにデータセットを前処理することで一様に処理する重い処理を取り除く。持続可能なデータセットは一般に衛星、地質学的研究、気象レーダー、農業研究などからのものである。

BT