BT

InfoQ ホームページ SQL Server に関するすべてのコンテンツ

  • GoogleがSQL Serverの顧客をターゲットにエンタープライズデータベースのオプションをリリース

    Googleは最近のブログ投稿で、既存のGoogle Cloud Platform(GCP)データベースへの投資の強化を発表した。これにより、アルファ版のMicrosoft SQL Server用Cloud SQL、BigQueryからCloud SQLへのフェデレーションクエリ、GCP on Elastic Cloudが近いうちに日本で利用できるようになる。また、オーストラリアのシドニーでもリリースされる。

  • DBAと開発者を支援するAzure SQL Intelligences

    Microsoftは、Azure SQLサービスとSQL Serverのユーザがもっと簡単にデータベースを管理できるような方法を求めて、パフォーマンス管理インテリジェンス(Performance Management Intelligence)を開発した。同社はDBAとアプリ開発者の両方を対象に、これまでよりも簡単なデータベース管理方法を設計している。

  • MicrosoftはSQL Serverに使えるクロスプラットフォームツールをプレビューした

    Microsoftは、SQL Serverで使用するクロスプラットフォームツールであるSQL Operations Studioのパブリックプレビューをリリースした。この製品は、既存のVisual Studio Codeエディターをベースとして、SQL Tools APIサービスを使っている。

  • DevOpsアプローチをデータベースに適用する

    PASS Summit 2017の初日、RedgateエバンジェリストのSteve Jones氏が、DevOpsアプローチをデータベース管理に適用するためのヒントを公開した。氏の アプローチには、あらゆる規模のインストールに役立つヒントが含まれている。

  • SQL Server First Responder Kit入門

    SQL Serverデータベースが突然ダウンした。DBAは休暇中で,何をどうすればよいのかさっぱり分からない。こんな状況を脱出するためのものが,DBAあるいは臨時DBAの作業を支援し,SQL Serverインスタンスの修正とチューニングを行なうスクリプトを集めたオープンソースプロジェクトであるSQL Server First Responder Kitだ。

  • Googleがエンタープライズ対応を進め、WindowsとSQL Serverのワークロードをターゲットに

    Googleは最近、Google Cloud Platform(GCP)におけるMicrosoft Windows ServerとSQL Serverのサポートを強化すると発表した。強化のために、Googleは現在、Windows Server Core用とSQL Server Enterprise Edition用の設定済みのイメージを提供する。Googleでは、SQL Server AlwaysOn Availability Groupsを使用して、High-availabilityおよびDisaster Recovery計画もサポートする。

  • SQL Serverはクラウドの新しいハンティングワールド

    Google Cloud PlatformでMicrosoft SQL Serverを実行できるようになりました。主要クラウド事業者は、IaaSまたはPaaSモデルのいずれかを使用してSQL Serverをサポートしていますが、提供されるサービスは、それぞれ非常に異なる機能になります。 SQL Serverをクラウドに移行するための魅力的なオプションを提供することは、Google、Amazon、Microsoftの新たな焦点になりそうです。

  • AWSはDaaSに対しネイティブSQL Serverバックアップを追加した

    AWSは、Relational Database Service (RDS)のアップデートを発表した。 今回のアップデートにより、ユーザはネイティブのSQL Serverバックアップとリストアを利用可能になる。 AWSは、本機能によりMicrosoft Azureの市場を取り込もうとしている。 本機能を使えば、データベース移行とディザスタ・リカバリを単純化できる。

  • SQL Server 2016におけるクエリオプティマイザの改善

    過去2つのバージョンのSQL Serverは、新機能追加によりパフォーマンスを向上させることに注力していた。 これに対し、SQL Server2016は、既存の機能の性能向上を図っている。

  • SQL Server 2016 Developer エディションは無償

    SQL Server 2016 のリリースと同時に, マイクロソフトは SQL Server の Developer エディションを無償にすると発表した。

  • SQL ServerでNoSQLスタイルのメモリ最適化テーブルが使用可能に

    SQL Server 2016のメモリ最適化テーブルでは,NoSQLスタイルの設計で多用される大規模なドキュメントの操作が可能になるなど,多くの制限が廃止されている。

  • SQL Serverのサービスルールが変更された

    MicrosoftがSQL Serverのサポートポリシを大幅に変更した。これまでのポリシは,基本的には“問題があってもサービスパックまで待つ”というものだった。今後は開発者に対して,累積的なアップデートの積極的な適用を求めていく。

  • Microsoft SQL ServerはLinux上に降り立つ

    Microsoftのクラウドとエンタープライズグループの副社長であるScott Guthrie氏はSQL ServerをLinuxに提供すると発表し、オープンソースソフトウェアにおけるMicrosoftの新しいコースであることを確認した。SQL Serverは2017年中旬のどこかでLinuxに提供される予定であり、現在はプライベートプレビューが提供されている。

  • 8月のPatch TuesdayでInternet Explorerのセキュリティと機能が向上

    Microsoftは最新のPatch Tuesdayにおいて、合計37個のcommon vulnerabilities and exposures (CVE)をカバーする9個のセキュリティ情報を公開した

  • Opserver概要 - Stack Exchangeの監視ツール

    OpserverはStackOverflowで有名なStackExchangeの開発したオープンソースの監視ツールだ。監視対象である各システム状態の全体像をすばやく把握するためのものだが,ドリルダウンアプローチを使うことで,さらに深い調査を行うこともできる。InfoQでは詳細を知るために,開発者のひとりであるNick Crave氏にインタビューした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。