BT

InfoQ ホームページ SaaS に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与開始を発表

    MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)のためのSaaS(Software-as-a-Service)だ。Azure IoT Centralによって、Microsoftは、IpTデバイスの設計、開発、構成、管理へのlow-codeアプローチを想定するとともに、セキュリティやスケーラビリティ、プロセスやアプリケーションとの統合をアウトオブボックスで提供する。

  • SaaSがGDPRに準拠するには、オンプレミスが望ましいのか?

    EUのGDPRに関して、オンプレミスソリューションへの移行がその要件を満たす最善策だとする人々と、コンプライアンスの実現とホスティングモデルとは別であると主張する人々の間に議論が起きている。

  • AppDynamicsが欧州向けに新たなSaaSサービスをローンチ

    アプリケーションインテリジェンスベンダのAppDynamicsは、Amazon Web Services(AWS)のEU(フランクフルト)リージョン上に展開する、新たな欧州向けSaaS(Software-as-a-Service)サービスをローンチした。

  • 構成情報管理SaaSプラットフォームのConfigがプライベートベータを開始

    Configは、構成ファイル管理を目的とする、新しいSaaSサービスだ。Bien David氏が2017年に創立した同社は、システムやアプリ、モジュール、環境、サーバインスタンスが使用するコンフィギュレーションの保管とアクセスの簡略化を目標とする。InfoQはConfigを運営するチームに、同サービスが解決する3つの問題について詳しい説明を聞くことにした。

  • Microsoft FlowがGA(General Availability)に到達

    Microsoftは先日,Microsoft FlowのGA(General Availability)を発表した。多くの人気あるオンラインおよびオンプレミスサービスと接続したワークフロー機能を提供する,クラウドベースのオートメーションプラットフォームだ。プレビュー版以来,61,000以上の組織の117,000人を越えるユーザが,このサービスを利用して自身のビジネスプロセスを自動化している。

  • Amazon Lexを用いた会話型およびテキスト型インターフェイスの構築

    先日のAWS re:InventカンファレンスでAmazonはAmazon Lexという深層学習技術のプレビューを紹介した。 Amazon Lexは、ポータブルBluetoothおよびWi-Fi対応のAmazon Echoスピーカで使用されているAlexaと同じ深層学習技術を搭載している。

  • Microsoft PowerAppsがGA(General Availability)に到達

    6ヶ月のプレビュー期間を経て,Microsoftのクロスプラットフォームなビジネスアプリケーションの構築サービスであるPowerAppsがGA(General Availability)に到達した。6つのリージョンと42の言語を対象として,実運用可能なバージョンが99.9%のSLAで提供される。

  • Salesforce.comが開発者エクスペリエンスを大幅に変更

    華々しく開催されたDreamforce Conferenceで,クラウド業界のリーダであるSalesforce.comは,同社のプラットフォームにアプリケーションをデプロイするための新しいモデルとしてSalesforce DXを公開した。製品担当副社長であるWade Wegner氏にその詳細を聞いた。

  • Dropboxが一部APIを非推奨化,ユーザコラボレーション優先へ

    DropboxのDatastore APIとSync APIのサポートが先週で打ち切られた。開発者は困惑と同時に,現在まだプレビュー版のCore APIに頼らざるを得なくなる。当面は先日発表されたコラボレーション製品が,それまでの開発者中心からユーザによるコラボレーション目的へと,同社が優先順位を変更するという証拠になるだろう。

  • SalesforceがIoT市場に参入

    先日のSalesforceのDreamforceカンファレンスにおいて、同社は リアルタイムのデータ収集やクラウドベースのサービススイートで実施可能なタスクに取り込むことができるIoTプラットフォームを発表した。

  • インタラクティブなプロトタイプを用いた要求事項の定義と管理

    近年の開発における要件定義と要件管理,アジャイルチームでの要件の扱いと開発業務で直面する問題点,顧客要求の伝達という面でのインタラクティブな図やプロトタイプの利用,インタラクティブなプロトタイピングのリーンスタートアップへの応用,要件定義および要件管理の将来に関するインタビュー。

  • ベータ版になったBipIO

    BipIOは軽量なオープンソースのIPaaSで、さまざまなクラウドサービスをマイクロアプリやパーソナルワークフローとして通信できる。プライベートベータとしてサービスを提供し、BipIOはサービスを公開した。InfoQはBipIOの創業者であり、テクニカルリードを務めるMichael Pearson氏にNodeJSとたくさんの公開APIを使ってこのプラットフォームを開発した経験を聞いた。

  • HerokuとSalesforce.comのデータリポジトリをリンクする新たなコネクタを発表

    Heroku(2010年にSalesforce.comが買収)が2つのクラウドプラットフォームの最初のビルトイン統合サービスを発表した。このHeroku PostgresとSalesforce (Oracle) データベースの双方向データ同期は、Herokuにホストされたモバイル顧客向けアプリケーションをSalesforceで動作するビジネスシステムとつなげる手段として位置づけられている。

  • GoogleのBigQueryが勢いづく

    Googleが提供するSaaS型のデータストアであるBigQueryが勢いづいているようだ。BigQueryを使うとクラウド上の大規模な列指向のデータ構造にSQLライクな言語で問い合わせが実行できる。 Google AnalyticsやGoogle Apps Scriptとの連携も可能だ。

  • Salesforce.comが新しい.NET向けのツールキットをリリース

    Salesforce.comは.NET開発者がオープンソースのツールキットを使って簡単にウェブサービスを利用できるようにしようとしている。これらのツールキットはForce.comのREST APIとChatter APIをターゲットにしており、Salesforce Platform AdvocateのWade Wegner氏が手がけている。氏がInfoQにこれらのコンポーネントの目的に話してくれた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。