BT

InfoQ ホームページ セキュリティ に関するすべてのコンテンツ

  • GitHubがDependabot自動セキュリティPRおよびその他のセキュリティ関連機能を追加

    GitHubは、セキュリティ修正を含むアップデートが必要な依存関係のためのPRを作成する機能、より良い脆弱性評価のためのWhiteSourceデータとの統合、依存関係インサイトなど、開発者がコードを保護するための新機能を発表した。

  • Oracle Weblogic Serverにリモートで悪用される可能性のある大きな脆弱性

    セキュリティ研究者がOracle Weblogic Server(WLS)に新たにリモートから悪用可能な脆弱性を発見した。CVE-2019-2725はユーザ認証なしでリモートから悪用される可能性があり、全体のCVSSスコアは10のうち9.3であり、重大な脆弱性となる。Oracleはこの問題の影響を受けるサーバのバージョンが10.3.6.0と12.1.3.0であることを記したセキュリティ警告を発表した。

  • Ghidra - Java 11上で動作するNSAのリバースエンジニアリングツール

    Ghidraは、アプリケーションセキュリティエンジニアによるアプリケーションフロー解析を支援することを目的として、、Javaで記述されたリバースエンジニアリングツールだ。多数のシステムアーキテクチャにおいて、逆コンパイルと分析の作業を自動化する。

  • 分散型チームで高品質なプロダクトを開発する

    Intermediaでは、製品とサービスの品質を保証するために、すべての分散型チームが共通のテスト環境と運用準備(pre-production)環境を使用している。同社プロダクトマネージャのLilla Gorbachik氏は、European Women in Techでの講演で、完成度の高いテストプロセスを持つこと、リスクに取り組むこと、そして高品質プロダクトの側面から日々の意思決定を行うことが、高品質のプロダクトを開発する上で重要だ、と述べている。

  • セキュリティをもっとインテリジェントに,MicrosoftがAzure Sentinelをリリース

    先日のブログ記事でMicrosoftは,インテリジェントなセキュリティ製品にこれまで以上の投資を行う同社の方針を,Azure Sentinelというセキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)プロダクトの形で発表した。SIEMはセキュリティの専門家が,サーバやファイアウォール、ルータ、スイッチなど,さまざまなシステムを対象として,ログからセキュリティイベントを集約することのできるデータストアとして使用するものだ。

  • クロスサイトスクリプティング脆弱性を防止するTrusted Types API

    Google Chromeチームは,DOMクロスサイトスクリプティング(XSS)セキュリティ脆弱性の防止を支援するための,試験的なTrusted Types APIを発表した。同社のVulnerability Reward Programによると,DOM XSSは,XSSセキュリティの中で最も一般的なものだ。

  • アジャイルにおける設計とセキュリティ - QCon London Q&Aより

    セキュリティ分野の専門家による設計書のレビューを行えば,脆弱性スキャンやセキュリティオートメーションでは検出不可能な,潜在的なセキュリティ問題を見つけることができる。このようなレビューでは,アクセストークンの発行や管理,外部サービスへのデータ転送,信頼できないコードの実行といった重要な部分に集中することが必要だ — AppLandの共同創業者でエンタープライズソフトウェアエンジニアのKevin Gilpin氏は,QCon London 2019年でこのように述べた。

  • MicrosoftがAzure Firewallの新機能を発表:脅威インテリジェンスおよびサービスタグフィルター

    最近、MicrosoftはAzure Firewallの2つの新機能を発表した。これは、クラウドネイティブのfirewall-as-a-serviceサービスで、DevOpsアプローチを使用してすべてのトラフィックフローを一元管理することができる。ファイアウォールサービスは、アプリケーション(*.github.comなど)とネットワークレベルのフィルタリングルールの両方をサポートしている。

  • SAPがJava SCAツールのソースを公開

    SAPは,Java/Pythonアプリケーションにある既知の脆弱性を,ソフトウェア構成分析を通じて検出するツールをオープンソースとして公開した。

  • ZipSlip,NodeJSのセキュリティ,BBSハッキングについて

    今年初め,人気の高いBowerパッケージマネージャのアーカイブ抽出機能に脆弱性が発見され,ユーザのディスクに攻撃者が任意のファイルを書き込めること��明らかになった。後に明らかになったように,この攻撃で使用されているベクタアタックは,BBS初期の時代から知られているものだ。InfoQはTal氏と話す機会を得て,ソフトウェアのセキュリティ,特にNode.jsのセキュリティについて学ぶことができた。

  • AWS IAM(Identity and Access Management)でタグと属性ベースのアクセス制御が可能に

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、IAMリソース管理の容易化を目的として、IAMのユーザとロールのタグを利用可能にした。さらにこのリリースでは、属性ベースのアクセス制御(ABAC)機能と、AWSリソースとIAMプリンシパルを動的にマッチさせて"大規模運用での権限管理を簡略化"する機能も含まれている。

  • GitHubのPRを自動生成して脆弱性を修正するDependabot

    Dependabotは,GitHub Security Advisory APIを活用することで,依存関係のトラッキングを支援し,プログラムのセキュリティを監視し,潜在的な脆弱性を解決するためのPRを自動生成することによって可能な限り簡単かつ確実な除去を実現する。

  • 人工知能をそれ自身から守るには

    人工知能を用いたアプリケーションは、悪意のあるサンプルによって騙されたり、モデルの判断に混乱をきたすことがある。事実とは思われない入力がモデルに提供される前にフィルタするためには、入力のサニタイズが有効だ、とKatharine Jarmul氏は2018年のGoto Berlinで説いた。我々はモデルや、モデルに提供するトレーニングデータに関するセキュリティ侵害の可能性を考え始めるべき時に来ている、と氏は言う。

  • Adiantumによりローエンドのスマートフォンでディスク暗号化が可能に

    Adiantumは、ローエンドのスマートフォン、スマートウォッチ、およびその他のAndroid Pieデバイス用の新しい暗号化アルゴリズムである。それらおデバイスのストレージ暗号化にAdvanced Encryption Standard(AES)標準を使用すると処理時間がかかりすぎる。

  • Hyperledger Ursaを使ってブロックチェーンのセキュリティを簡単にする

    先日のブログ記事で,Hyperledgerプロジェクトは、最新プロジェクトのHyperledger UrsaがTechnical Steering Committee (TSC)の承認を得たことを発表した。Ursaのおもな目的は、暗号化ライブラリを簡素化して集約することにより、分散台帳テクノロジプロジェクトで使用するための信頼性と利便性を実現することにある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。