BT

InfoQ ホームページ 仕様 に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • CSPベースのモデル検査ツール「Process Analysis Toolkit」

    本記事ではCSPベースの「マルチドメイン・モデル検査ツール」である、PAT(Process Analysis Toolkit)について紹介する。モデル検査は、形式手法(Formal Method)という方法論を基礎とする技術であり、複雑さが増大しながらも安全性を求められる、現在のソフトウェア開発の状況に対する処方箋の1つとして注目されている手法である。

  • 書籍『抽象によるソフトウェア設計-Alloyではじめる形式手法-』の紹介

    Alloyは、MITにて開発された仕様記述言語であり、ツールによる自動解析を使い、インクリメンタルに形式仕様が書けることが特長である。筆者らはAlloy開発者による、Alloyを使った形式手法入門書を翻訳、今夏にオーム社より刊行した。本記事では、Alloyの簡単な概要と、翻訳書『抽象によるソフトウェア設計』(「Alloy本」)を紹介する。

  • 実践RESTful HTTP

    Gregor Roth氏から、RESTful HTTPの基礎に関してオーバービューを提供し、RESTful HTTPアプリケーションを設計する上で開発者が直面する典型的な問題に関して取り上げる。その中で、RESTアーキテクチャスタイルをいかに実践していくかを示す。Gregor氏は、URIの命名の共通して利用されるアプローチや、統一インターフェースをつかったリソースへのインタラクション、PUTとPOSTの使い分け、CRUD以外の操作のサポートなどについてとりあげている。

  • HTTPSコネクションの最初の数ミリ秒

    HTTPSコネクションを確立するとき、一体何が起こっているのだろう。この記事では安全なコネクションを準備するためにクライアントとサーバの間でどのようなデータの交換が行われているのか、バイトレベルまで詳細に分析する。

  • なぜDistributed OSGiが必要なのか?

    新たな記事で、Eric Newcomer氏が分散OSGiの現状について述べ、そもそもそれを標準化する理由を説明している。

  • 企業から見たSOAガバナンス

    Michael Poulin氏が OASIS SOA Reference ModelとReference Architectureの概念を使って、SOAガバナンスがEnterprise SOAの成功を確実にするために必要な理由を説明します。

  • シンプルな JAVA と .NET SOA の相互運用性

    この記事では、単純なテクノロジーと文書を中心としたアプローチを組み合わせることによって、独自のミドルウェアや複雑なWebサービススタックを利用せずに、価値の高いビジネスサービスを実現する方法について説明します。この発想は、RESTのアーキテクチャ様式や HTTP上でXMLを移動する機能から生まれたものです。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。