BT

InfoQ ホームページ SQL Server 2005 に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • tSQLtを使ってSQL Serverユニットテスト

    tSQLtは SQL Serverにおける、ユニットテスト用の無料のオープンソースフレームワークである。 tSQLtテストケースを書くことによって、開発者は稼動しているデータに基づいた嘘のテーブルやビューを作成でき、テストで期待値と実際の結果を比較できる。テストは SQL Server Management Studioで直接作ることができる。

  • MVP Erland氏がSQL Serverのパフォーマンス概念について検討

    記事「アプリケーションで遅く、SSMSで速い?」で SQL Server MVPのErland Sommarskog氏が クエリ プランに影響する様々なこと、 Dynamic SQLのコンパイル、最終的にSQL Serverデータベースのパフォーマンスに影響する他の要因について研究している。彼の研究は、様々な概念、パラメータ スニッフィングようなシナリオ、クエリ プラン キャッシング、ブロッキング、保存された設定、リンクしたサーバーの課題などに及んでいる。

  • SSMAを活用してMySQL/AccessからSQL Server/Azureへマイグレーション

    MicrosoftはSQL Server Migration Assistant (SSMA) for MySQL 1.0をリリースした。あわせてSSMA for Oracle v4.2、SSMA for Sybase v4.2、SSMA for Access v4.2も公開した。これらのツールを使えば、MySQL/Oracle/Sybase/AccessといったデータベースからSQL Serverへ、幾つかはSQL Azureへもマイグレーションできる。

  • SQLデータベースをSQL Azureに移行するSQLAzureMW

    CodePlexのSQL Azure Migration Wizard(SQLAzureMW)は、SQL Server 2005、2008データベースのSQL Azureへの移行を可能にしてくれる。

  • SQL Enlight T-SQLアナライザー

    Ubitsoftは、SQL Enlightの新バージョンをリリースした。そのツールは、T-SQL開発を促進するように設計されている。

  • AmazonのEC2、ベータ版から商用サービスへ

    もはやAmazonのEC2サービスはベータとしての提供はないが、Service Level Agreement (SLA)を提供するAmazonへと、商用サービスへ切り替えられている。Windowsは、ベータとして提供されている。

  • Microsoft SQL Server 2005 Driver for PHPのリリース

    MicrosoftはSQL Server 2005 Driver for PHPのバージョン1.0をリリースした。その目的は、PHPおよびSQL Server 2005間での相互運用性をさらに高めることである。

  • NOLOCKをLINQ to SQLおよびLINQ to Entitiesで実装

    近ごろScott Hanselman氏は、 LINQ to SQLおよびLINQ to Entitiesを使用する際のヒントを取り上げた、非常に役立つ記事をブログ上に掲載した。問題は、SQLデベロッパが慣れているように、LINQクエリで生成されたSQLを獲得し、NOLOCKヒントを使用する方法である。

  • SQL Server Data Services:Amazon S3に対するMicrosoftの答え

    MIX08でMicrosoftはSQL Server Data Services (SSDS)を発表した。MicrosoftにとってWeb上でのストレージサービスであるSSDSは、Amazon S3の競合品である。

  • データベースの仮想化に価値はあるか?

    最近、仮想マシンのイメージ中にサーバアプリケーションを配備するのが流行っている。必要に応じて仮想サーバをあるマシンから別のマシンにすばやく移行できるため、IT 部門にとっては非常に便利である。しかし、この手法は SQL Server のような重量級のシステムにも適用できるのだろうか?Conor Cunningham 氏はこれに否定的な見解を述べている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。