BT

InfoQ ホームページ Subversion に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Collabnet,アジャイル ALM クラウドオプションを新たに提供

    Collabnet は Teamforge の新バージョン(5.4),Subversion Edge の一般リリース,そして新たな Teamforge ライセンス契約 (TeamForge SCM ライセンスオプション) のリリースを,今週の Agile 2010 カンファレンスで発表した。今回の新製品は,アジャイルソフトウェア開発メソッドの採用を模索しようとする組織に対する,より大きな柔軟性の提供を目的とするものだ。

  • CodePlexがTortoiseSVN向けのサポートを追加

    近ごろCodePlexはソースコードやリソースを同期させるために、TortoiseSVNのようなSVNクライアントをサポートし、そのコードリポジトリに接続することを発表した。過去において、SVNユーザは、CodePlexと同期化するたびにSvnBridgeを実行する必要があったが、現在では、SVNクライアント設定で正しいURLを使用することによって可能である。

  • Kenai:JRuby on Railsでビルドされるプロジェクトホスティング

    Project Kenaiは、Sunによる新たなプロジェクトホスティングプラットフォームである。ソースコード管理や問題追跡を含むオープンソースプロジェクト向けの包括的なサービスセットを提供する。特筆すべきは、JRuby on Railsでビルドされることである。

  • Visual Studio向けAnkhSVN 2.0 Source Code Control Package(SCC)

    AnkhSVNは、Visual StudioにおいてSubversion(SVN)バージョンで管理されるプロジ��クトでの動作を可能にするVisual Studioアドインとして始まった。リリース2.0は、コアエンジンの完全な再書き込みであり、Visual Studio 2005および2008向けの無償のSource Code Control Package(SCC)として提供される。

  • Subversion 1.5のリリース

    Subversionはマチュアなオープンソースバージョンコントロールシステムで、多くのオープンソースプロジェクトで使用されている。新機能が加わりバージョン1.5がリリースされた。

  • GitHub - RailsベースのGitリポジトリホスティングサービス

    Gitは分散バージョン管理システムである。元々GitはLinux TorvaldsがLinuxカーネルのソースコードを管理するために書かれたものだが、Linux以外のプロジェクトでも採用されている。Ruby界隈ではRubiniusやMerbでの利用が知られており、CapistranoやVlad the DeployerといったデプロイツールもGitに対応している。

  • HudsonとFindBugsを用いた継続的インテグレーションとコードインスペクション

    最近IBM developerWorksに掲載された記事において構築中のプロセスにある継続的インテグレーション(CI)とコードインスペクションタスクをオープンソースツールを使用して自動化する事を取り上げている。それはjava.netコミュニティによって開発されたCIサーバであるHudsonをSubversionコードリポジトリをポーリングし、ソースコードに変更が発見される度にAntビルドスクリプトを動作するためにどのようにインストールし設定するのかを解説している。

  • IronRubyプロジェクトが、RubyForgeに掲載

    マイクロソフトが初めて.NET向けのRuby実装をリリースしたのは2007年の7月で、リリースされたRuby実装のソースコードは全て入手可能だった。そして今IronRubyプロジェクトが、RubyForgeに掲載されている。RubyForgeは、バグデータベースやSubversionのソースリポジトリのような様々なサービスを提供している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。